56: 名無しさん 2014/04/11(金)12:16:33 ID:EAU2AvBg7
メシマズは遺伝するからやばいよね
味覚って、子供の頃食べたもので決まるっていうから
大人になってから直すの大変なんだろうなぁ……

まれな例なんだろうけど、メシマズ母ちゃんにうんざりして
大学入学後、一人暮らしをきっかけに自炊を始めて
飲食店でバイトして料理覚えて、メシウマになった男性もいる。


続きを読む

367: 名無しさん 2014/04/11(金)17:35:15 ID:vNYUW7ZcL
現在進行形の修羅場。
朝珍しく早く目が覚めたので、洗濯機回して服を干したり、お風呂入ったりしてた。
が、のんびりお風呂入っていたら仕事に出ないといけない時間に!
あわてて服来て髪乾かして、家を飛び出し何とか電車に乗り込むが…左右で違う靴を履いてたorz
しかも左:革靴 右:黒のスニーカー
出勤して珍しく事務所に社長はじめ役員勢ぞろいの朝礼が始まり(この段階でまだ私気づいてません)
30分ほどのありがたくもない話が終わり、おのおのが仕事を始めだした段階で事務の女性の方が「○○さん…なんで今日左右で違う靴はいてるの…?」と
もう死にたくなった…
こんな格好でS線やモノレールに乗ってたなんて…帰りどうしようorz


続きを読む

361: 名無しさん 2014/04/11(金)12:43:09 ID:qjKHkChMF
私の最大の修羅場

当時私は短大を卒業して幼稚園に就職した。周辺の幼稚園や保育園に比べると少しだけ給料が高く、内定が決まったときは親も喜んだ。
同期は四人おり、(新卒を四人も採るのは珍しい)同じ一年目の仲間がいることで気楽にいけると思っていた。
その幼稚園の職員の年齢層は非常に不思議だった。私達一年目(20題代前半)、28歳の先輩を区切りに、その上は50代の職員ばかり。30代40代が一人もいなかった。
そのせいか、若い世代と年配の世代にくっきりとグループが別れてしまった。

年配組は毎日私達若い組の悪口を言っていた。聞こえてるし、子どもたちも察してるし最悪だった。
私は年少組の担任をしていたが、同じ年少組の主任が一番怖かった。慣れない一年目を指導する感じでは無く、怒鳴り散らしながら何から何まで指摘してきた。
また、定時は17時だったが日付をまたいでも帰れないのは当たり前、一年目は朝6時半出勤が暗黙の了解となっていた。
残業や朝早く出勤するのは幼稚園では当たり前と聞いていたので、なんとか我慢し、罵詈雑言も耐えて半年が過ぎた。


続きを読む

46: 名無しさん 2014/04/09(水)01:41:58 ID:1x54tCRRr
前に働いてた職場のおばさんがメシマズだったな…
食費節約でサンドイッチ作って会社に持って行ってたんだけど、ある日おばさんが真似して持ってきた。
べちゃべちゃになったツナサンド持ってきて「どうしたら貴方みたいに上手に作れるの?」と聞かれた。
ツナ缶の油を切らずにマヨネーズと和えてパンに挟んだらしい。
そりゃべちゃべちゃになるよ。

またある日、豚の角煮を作ったら失敗したと聞いた。
調味料に何を入れたか聞いたら「お肉柔らかくしたくて酢を瓶の1/3程入れた」と聞いて驚いた。
角煮に酢なんて入れるかー!
しかも1/3って…めちゃめちゃ酸っぱいじゃない。
先ずは基礎から覚える為に“調味料は正確に計って入れる”と言う棟を伝えたら「えー、でもテレビとかに出てる料理人は目分量でカッコ良くつくってるじゃない。私もあんな風に作りたいの。」と宣う。
アレンジするなら基礎をきちんと学んでからにしてくれー!
彼女が矯正されてる事を切に願うわ。


続きを読む

344: 名無しさん 2014/04/10(木)09:04:03 ID:Q8CKMoysA
子供の頃戦隊ヒーローとか大好きで
まだ5歳ぐらいだったけど、あれは架空の話を役者が演じてるってことや
ヒーローも中に入ってるひとはただの役者だってことなど何故か理解してて
そういうの分かってるオレかっこいいと思ってたw
ある日デパートの屋上でガッチャマンショーをやってた。
ガッチャマンは夕方何度も再放送やっててよく知ってたけど、
ガッチャマンってアニメなのにショーをやってるって時点で
ははーん、また役者が子供を騙しにきてるな~と思いながらも
その役者のサインが欲しくて、かーちゃんにねだって色紙を買ってもらい
ショーを見に行った。
ショーが終わると大鷲の健の所にいって色紙とマジックを差し出し
「サインしてくださーい!」と元気に頼んだ。
そうしたら大鷲の健が頭を撫でてくれて、サインしてくれた。
ところがその色紙にはカッコいい字体で「ガッチャマン」と書かれていた。
俺は爆泣きして色紙を大鷲の健に叩きつけた。
あの時の大鷲の健の中の人へ・・・ごめんなさい。


続きを読む

324: 名無しさん 2014/04/08(火)22:37:37 ID:Ly8TT2roJ
小学校に入った年だったと思うから多分7歳の時。
ところどころ記憶を補完しながら書く。

近所の仲良しの男の子や女の子5人ぐらいで近くの木材置き場で遊んでた。
昭和の時代、あまり危険だという意識もなく、子供たちの恰好の遊び場だったんだ。
みんな運動神経もそこそこ良くて、積み上げられた木材の上を
ぴょんぴょん飛び乗って移動していくような元気な子たちばかりだった。
私もみんなと一緒に木材の上と飛び回って遊んでいたら
ふいにスコーンと足元が抜けるような感覚があって身体が落ちて行った。
そして柔らかい湿った土の上にドスンと落ちた。
顔をしかめて起き上がったら360度回りが真っ暗で何も見えない。
ここの木材置き場に穴とか洞窟とかそんなのあったっけ、とか思いながら
その時はまだ脳天気に出口を手探りで探してた。
でもほんの少し経った時にハッと気が付いた。
なんの音も聞こえないんだ。
仲間以外にも遊んでるグループがいたし、夕方だったから
お母ちゃんが呼びに来る声なんかも聞こえてたのに。
何にも見えないし、何にも聞こえない。
急に怖くなって、心細くて、友達の名前を順番に大声で呼んだ。


続きを読む

45: 名無しさん 2014/04/10(木)18:49:55 ID:???
昔の話
当時、車で出勤していた。
会社の駐車場にとめるとき
社用車をこすってしまった
あちゃーって感じで上司にいいに行こうとしたところ
どこからか、知らないおじさんが出てきて
俺の車傷つけてタダで済むと思ってるのか、と怒鳴られた。
はぁあ?とポカーンとしてたら
ニヤニヤしながら、三万で許したるわと近づいてきた。
そのとき上司も駐車場に到着。
どうした?っておじさんと私の様子をみて話しかけてきた
私は、「この人、うちの会社にいましたか?」
と素で聞いてしまったのだが
「知らないよ、誰?」
と話したところでおじさん、逃亡。
上司とアレは詐欺だろ、という話になり駐車場の管理会社にとりあえず話をしておくことにした。
管理会社にも似たような話がここ2.3日前に似たことがあったそうだ。
その人は払ってしまったらしく
詐欺で被害届を出したとか。
連絡が遅くなりすいません、と謝罪された。
警察に伝えるので人相などを伝えた。

一週間ほどで捕まったと連絡が入ったそうだ。
前科持ちのアレな人だったらしく、パトロール中の警察に近隣駐車場でまたやろうとしていた時に職質→逮捕の流れ
捕まってよかったね、みたいな話になりつつ
社用車に傷つけたことはシッカリ怒られた。


続きを読む

43: 名無しさん 2014/04/09(水)16:56:39 ID:???
趣味サークルの仲間うちで幼稚でゲスな発言することでは定評のあるバカ男Aがいた。
ゲスな発言するなーと思ってはいたが、こちらには被害がないので普通に接していたけど
私の対応の何かが彼の神経に障ったらしく、私を攻撃のターゲットにするようになってきた。
何かの流れで他メンバーと一緒にサークル友達Bカップルの引越しを手伝うことになり、
双方が実家から独立して同棲始めるので、金も生活に必要なモノもなく
私が今はガス禁止のマンションで使えなくなって物置に仕舞ってあるガスファンヒーターをプレゼントする話をした。
「使い古しでごめんね。使ってないからサビも出てるんだけど」と、状態の説明したが2人はたいそう喜んでくれた。
そこへバカ男Aが私をディスりに飛び込んできた。
「使い古しのサビだらけのストーブ?そんなモン貰ったら反って迷惑じゃね?wwww」
「サビだらけなんでしょー?粗大ゴミ押し付けるつもりじゃね?w」とドヤ顔。
その日、体調悪く、義理で参加した引越しだが、我慢して我慢して、それまでに
体調の悪さをAにプゲラされて馬鹿にされてゲスな暴言を浴びてて、マトモに相手したり反論する体力も削られ
ライフゼロになってた私はもう、Aに素直に従うことにした。
「そうだね!使い古しのサビたストーブとか迷惑だったよ。ごめんね。この話はナシね!」
絶望する表情のカップルBに、さすがにマズい、ヤリすぎたと当惑顔のA。
ごめん、ほんと体調悪くて、もうややこしい会話の相手する気力ねーし思考も回らん。と、
その場を離れて一人帰宅しました。

※ヒーターのサビが出てたのは通風出口の外カバーで、配管とか内部とかはもちろん正常です。
 内部がサビてたら怖くて使えませんし、とっくにゴミに出してますよ。

そこまでバカにするならバカ男Aが新品のガスファンヒーター買ってカップルにプレゼントしてやればいいのにねぇ?


続きを読む

8: 名無しさん 2014/04/05(土)17:03:13 ID:jDoUEpIO0
結婚する前ですが、嫁とドライブ中に海岸線を走っていた時夕日が
すごく綺麗で、海が光り輝いてました。
嫁「すっごい綺麗だねー」
俺「だな~まぶしくらいだな~」
嫁「ホント綺麗なコングラーチネイション‥」
俺「(´・_・`)」
俺「おめでとう‥」
嫁「??!」
俺「おーめーでーとーWWWW」
グラデーションだよね、言いたかったの。


続きを読む

4: 名無しさん 2014/04/09(水)09:00:36 ID:1x54tCRRr
今は亡き父の話。
私の父はミスドに行くと必ずアップルパイを注文する人だった。
持ち帰りでアップルパイを5個とか毎回買って帰る程にアップルパイ好きだった。
昭和一桁生まれな父にとってアップルパイは珍しいものなのかな?位に考えていて、ある日父に言った。
「お父さんってミスドのアップルパイ好きやね。これそんなハマるほど美味しいの?」
父はコーヒーを一口含むと静かに語り出した。
「味がな…自分の母親が作ってくれたリンゴにシナモンかけたおやつに似てるんや…」
そしてどこか寂しそうな笑顔を見せる。
その時の父の目は普段見せる父の目ではなく、祖母の子供に戻ってたように思う。


続きを読む

このページのトップヘ