872: 名無しさん@おーぷん 2014/07/03(木)23:52:05 ID:???
うちは猟師をしていて、家には猪を飼っている
ちなみに狩猟動物を飼育するのは熊なんかを除いて合法
旦那の当時お付き合いのあった友人のA(男性)さんはとても口が悪くて有名
そのAさん「おまえんちは猪いてくせえんだろう?」ってよくからかっていたらしい
仕事上と地元の消防団で会う機会が多かったのでよく飲み会でふざけて言われていたとか
ちなみに、Aさんは我が家に来た事はないし、自宅から飼育小屋は100メートルほどあるので
別に臭いはしません

日を別にして、たまたま旦那がA奥様にスーパーでばったり会い
「こんにちは~いつもお世話になっています~」
と挨拶したら、相手はすぐに顔がわからなかったらしく名前を名乗ると
「ああ!あの猪飼ってて臭いお宅の!!!」
ってしれっと真顔で言われたそうな
普段、温厚で人のことを悪く言わない・怒らない旦那が
珍しく怒っていたので理由を聞くとそういう話でした
AさんにではなくAさんのお父様に仕事でとてもお世話になっていたから
毎年、お歳暮に猪肉贈っていてそれをAさんも食べてるはずなんですがね
Aさん口の悪さで嫌われていたらしいけど
それ以上に奥さんのあの言葉はさすがに私も神経がわからん状態でした



続きを読む

314: 1 2014/07/08(火)14:41:00 ID:???
まとめてたら長くなっちゃった。ごめんなさい


義弟嫁は結婚前からトメさんに辛く当たってた。
私は長男嫁で義弟嫁と同じ年、義弟嫁の数年前に結婚してる。
旦那が義実家の家業を継ぐので敷地内別棟同居。
義弟も義実家の会社で働いているので
近所に住んでいる。兄弟仲は良好。
ウトメはごくごく一般的な良識ある人達だと思うし、
私はなにか嫌な事をされた覚えも無い。
義弟嫁がトメに怒っていたのは、

・結婚式が義実家主体だった
 (全額義実家持ちだった)
・近くに住むように仕向けられた
 (嫌なら自分の旦那にちゃんと言いなよ)
・孫梅攻撃
 (孫が楽しみ、とは言ってた)
・義弟嫁実家非難
 (年賀状もお中元お歳暮の返事も無いから
  病気なのかと聞いた)
・義弟嫁に働く事を強いる
 (義弟嫁は立派な資格持ちなので、
  トメが「勿体ないねー」と言った)
・義弟嫁子の教育に口を出す
 (これはあるかも。でも普通レベルかな。
  しつこくいってきたりはしない。)
・義実家の食事会で出された食器が汚れていた
 (これも時々ある。トメはメシウマだがズボラ。
  その場で言えば必ず謝って変えてくれる)
・義弟嫁子が猫アレルギーなのに猫が好きと言う
 (これは仕方が無いのでは。飼ってる訳じゃない)
・トメ甥が放蕩息子でよく愚痴を零していたが、
 趣味の分野で40過ぎて花開き認められた。
 するとトメは甥を褒めだした。掌返し最低。
 (これも普通かなと…。高齢無職者が
  お金のかかる趣味をもってれば、身内には
  懸念材料だし、成功したらそりゃ喜ぶでしょ)
・イデオロギーが違う、カープファンである
 (言いがかりだとしか思えない)
・お稽古三昧で遊び回って体調を崩す
 (本人の趣味だからこれも仕方ないと思う)


続きを読む

809: 名無しさん@おーぷん 2014/07/13(日)10:37:17 ID:Oe6SGeKUQ
8歳の時、学校から帰ったらいつもいるはずの母がいなかった。
買い物だと思ってその時は気にしてなかったけど5時になっても6時になっても帰ってこなくて
どっかで怪我したかお腹が痛くなってるのかと思って近所中を探したけどいなくて
玄関先でずっと待ってた。暗くなっても待ってた。
そのまま玄関先で寝てしまって目が覚めたら父がいた。
それから険しい顔になった父があちこち電話かけてバタバタした数日が過ぎたのだけは覚えている。
当時は訳も分からず父に言われるままに流されていたが、後に聞いた話によると
要するに母はほんの数十メートル先の家庭の旦那さんと駆け落ちしたらしい。
リビングの引き出しの中に置手紙があったらしく、そこに離婚届も同封されていたそうだ。
相手の家庭の奥さんとうちの父親、それに俺を含む子供たちは近所中の好奇の目で見られ双方引越しをした。
たぶん一学期の終わり頃の出来事で、夏休み中に引っ越し二学期から転校した。
大人の事情はよく分からなかったが、とにかく俺は母に捨てられた。
それだけが子供心にずっしりトラウマになりどんどん暗い子供になっていった。
幸い父はあまり泊りの出張などのない仕事だったので、それまでより早く帰ってくれるようになったが
少しでも遅くなると父にも捨てられるんじゃないかと思って玄関先でめそめそ泣いてるような子だった。
そして4年生になる直前に新しい母親ができた。
新しい母親は菊池桃子にそっくりの可愛い女性だった。
俺は新しい母親のことを「ももちゃん」と呼んだ。
いつもニコニコしてて俺のことをとても大事にしてくれた。
遠足の時には今で言うキャラ弁みたいなのを作ってくれて、世界がパーッと明るくなったような生活になった。
後で知ったが、ももちゃんは父の同僚だった。
一度結婚したが子供を産めなくて離婚したそうだ。
もともと子供が大好きで、だから父との再婚には子供がいることは何の障害にもならなかったらしい。
父が再婚した翌年の母の日に、思い切って「ももちゃん」を「お母さん」と呼んだら泣いて抱きしめてくれた。
その頃にはもう、俺を捨てた実母のことはすっかり忘れていた。
高校3年の時、父が通勤途中に心筋梗塞で急死。
母とは血が繋がらない親子だが、その後もそれまで通り普通に母子として過ごした。
父も結構な遺産を残してくれたので、お金の苦労はたぶんなかったと思うが
趣味が高じて講師になっていた母は、最初の一年ぐらいは落ち込んでいたものの
元のように忙しそうに楽しそうに毎日駆け回っていた。


続きを読む

742: 名無しさん@おーぷん 2014/07/11(金)13:18:48 ID:8jrKvCqok
つい先日私が40度近い熱を出した時に旦那が職場の同僚総勢15名を家に連れてきて大宴会やった時が修羅場。
嫁ちゃんは寝てていいからね☆って、15人も酔っ払いがいたら寝れるわけねーだろアホが。
醤油切れたんですけどー!やらおつまみっぽいもんありますー!?とかなんだかんだ呼ばれたら動かざるをえないだろーが。
女共は男性陣に対して家庭的なあたし☆のつもりか知らんが勝手にキッチンで料理始めるわジャガイモの皮なんかの生ゴミ系はシンクに放置だわ床にオリーブオイルぶちまけるわ。
女「いやーん☆お野菜上手に切れなーい☆」
男「ほら見てみなよ。これが乱切りだぜ。」ドヤァ
女「あはーん☆男くん上手~☆うふーん☆」とか他人の家でやってんじゃねーよ。
やりたきゃ自分ん家で死ぬまでやってろよ。

今は実家に家出中。
悪気はなかった、嫁ちゃんを動かすつもりはなかったって何度も謝りに来てるけど、そんなん謝罪じゃねーよ。
それはただの言い訳にすらなってない言い訳だわ。


続きを読む

639: 名無しさん@おーぷん 2014/07/06(日)14:30:16 ID:C0RuPnTfb
途中送信してしまった すまん

修羅場といえば、友人に勝手に私の携帯で彼氏にお別れメールを送られた。
友人は私のアパートに泊まりにきてたのだが、酒飲んで眠りこけているときにやられた。
別れメールが送られた直後、何度か彼氏から電話があったようだが、友人に隠され目が冷める事がなかった。

気づいたのは夜中の2時頃。
携帯はなぜかトイレの中にあり、あれ?こんなところに置きっぱなしだったのかwと呑気に構えていたら、別れメールに気づいた。私は発狂。
酔ってたからといってなんという事を!と慌てて彼氏は電話した。

彼氏は「別れたい理由は?」「冗談で送ったのか!」「酔ってた!?ふざけんなよ!」とどんどん悪い方向に。
結局、「信用できない」と別れを告げられてしまった。
起きてきた友人は、「私止めたのに・・・」としょぼくれた顔をしていました。

後日、友人にネタばらしされた。
友人は私が彼氏持ちなことが気に入らなかったんだって。
大学を卒業したのと同時に縁を切った。


続きを読む

463: 名無しさん@おーぷん 2014/07/09(水)17:21:00 ID:???
高校を卒業して都会の大学に進学が決まった時、両親が神妙な顔して、話があると言い出した。
話は、私が養子だということだった。
そんなこと全く知らず、驚いて何故か洗面台に走って顔を洗ってしまったのがスレタイ。

私の赤ん坊の頃の写真あるじゃんと訊くと、あれは全部姉のだという。
姉とは、2歳で持病で死んだという位牌でしか知らない私の姉だ。

姉ではなく本来の両親の子で、死んで数年して2歳の私を施設から貰ったと、
理由は、偶然訪れた近所の施設にいた私があまりに姉に似ていたからだという。
反対する親戚と縁を切り、遠くに引っ越して暮らし始めた、と。

「姉に似ていると思って引き取ったが、一緒に暮らしているうちに姉は姉、この子
はこの子で、二人とも自分たちの子なのだと思い始めた。
子供と親を繋ぐのは、血だけではなく、時間や愛情なのだと信じたくなった。
今まで嘘をついてごめんなさい」
と母親から憔悴した顔で話され、最後は3人で抱き合ってしまった。

実の父は生きているらしいのだが、全く会う気はしない。
私には親は3人も要らない。


続きを読む

451: 1/3 2014/07/06(日)00:16:28 ID:???
もう10年以上前の話、長文失礼します。

結婚する前に勤めていた職場で会ったAさん。
その支店の事務の女性は私とAさんだけだったので仲良くなった。
Aさんは10歳近く年上だったけど、仕事ができて美人という印象だった。

1年程経った頃、仲良くなった他部署勤務のB(女性)に
「Aさんって、昔Cさん(他支店勤務・既婚男性)と不倫してたんだよ」
と教えられた。
驚いたけど、仕事で支障が出るのも嫌だし何も知らないふりをしていた。

ある時Aさんと二人でご飯を食べていたら、AさんがCさんの話をしてきた。
Cさんが単身赴任で私たちの支店にいる時、Aさんと付き合い始めたこと。
Cさんは既婚だったのをずっと隠していたこと。
その後「Cさんの奥さんが出産したので、会社からお祝いをしよう」という話を聞いて初めて、
自分がずっと不倫をしていたのだと知ったそうだ。
Aさんはそれから体調を崩してしばらく仕事を休み、
復帰した時にはCさんは他支店へ異動済みだったそう。
…という話を泣きながら話すAさんを慰め、
少なからずAさんを悪く思ってた自分が恥ずかしかった。


続きを読む

437: 名無しさん@おーぷん 2014/07/02(水)19:45:40 ID:???
観劇はいつもはひとりで行くんだけど、どうしてもと頼まれて
ママ友とふたりで観劇に行った。(彼女は「ひとり○○」が出来ない人)
途中の休憩の時に彼女はおにぎりを持ってきてて、それを食べると言った。
私は元々食が細い上、劇場で食事をしないタチなので
「私はコーヒーでも飲むから気にしないで食事して」と言った。
すると「もしかしたら私子は持ってきてないんじゃないかと思って
私子の分も握ってきたから食べて」と、ホイルに包んだおにぎりを1つ渡してきた。
「ううん、持ってきてないんじゃなくて、私は観劇の時には食べない習慣だから。
ほんとに気にしなくていいから」って断ったんだけど、
せっかく握ってきたんだから食べて食べてと言われ、仕方なく受け取った。
んが、ホイルを開けたら100%腐ってる臭いがする。
傷んだごはんのあの独特の臭いが。
で、更にびっくりしたのが、彼女がお食事中のおにぎりからも同じ臭いがしてるんだけど
パクパク食べてるんだ、これが。
隣同士の席の距離で臭いが届くって、相当なもんだと思うけど。
「ごめん、これ・・・もしかして傷んでない?」って聞いたら
「そう?」ってクンクン嗅いで「・・・わかんない。大丈夫じゃない?」って。うそん。
やっぱり食べたら眠くなるから遠慮するって断ったんだけど
後半は観劇どころじゃなかった。
帰り道に聞いたら昨日のお昼から握って用意してたらしい。この季節に?うそん・・・うそーーーん!
彼女的にはこんなことは普通なんだそうだ。
丈夫な胃が羨ましい。


続きを読む

304: 名無しさん@おーぷん 2014/07/08(火)07:49:50 ID:???
痴漢に襲われた時。

高校生の時、夏だったので日が暮れてから犬の散歩に行った。
うちの犬、散歩は大好きだけど、遠出はしない。家のまわりぐるぐるしたり家が見える範囲くらいまで。
その日はうちの犬にしては長距離ルート。家は高台にあって、下に川(用水路)が流れてて遊歩道がある。
その遊歩道を家が見える範囲まで行って帰ってくる。
途中、犬が用を足したのでお尻をウエットシートで拭いて、ビニールでブツを拾った。室内犬なのでカリントウサイズ。
しゃがんでたら、いつも鳴かない犬がワンと一声。何事かと顔をあげた瞬間、後ろから羽交い絞めにされて口を手で覆われた。
わけもわからずビックリして抵抗していたら犬が猛烈に吠えて、男が「いてっ」と叫び、そのあとは男の悲鳴。
私はただただ、茫然。
犬が戦ってました。痴漢と…。


続きを読む

198: 名無しさん@おーぷん 2014/07/07(月)15:15:08 ID:???
話しブタギリ

数年前病気で入院してたときの話し。
その病院、狭い立体駐車場なんだけど駐車場の向かいにベンチが有ってよく座ってた。
病院なんて基本シジババが多いから駐車に手間取っていっつも渋滞してたんだ。
私は「この渋滞が起きなくなる頃には私の命はもう...」なんて
冗談考えてたりしたんだけど、ある時輪をかけて運転が下手なジーさんが
車庫入れしてて大渋滞を引き起こしてた。
もう見てらんないくらい下手だった。
なんど切り返しても無理。
終いには柱にぶつけそうになってた。
私はあーあって見てたら助手席のバーちゃんが私を見るなり近づいてきて
ば「あのー申し訳ないんですが代わりに車庫入れしてもらえないですか?」
って言ってきた
私「え!?い、いや無理です!」
ば「そんなこと仰らずに助けてください」
私「そうしたいのは山々ですが何分免許がないので...」
ば「そんな嘘でしょ?普通持ってるわよ!」
私「17歳ですから無理です」
ば「...」
私「...」
ば「紛らわしい顔しないでちょうだい!」
って言ってプンスカ車に戻っていった。
結局車庫入れ諦めてどっか行ったけど良いのか?それで。


続きを読む

178: 名無しさん@おーぷん 2014/07/05(土)23:39:37 ID:???
私は両親が老後用に買ったマンションで一人暮らししてる。
両親は今海外に駐在していて、来年でリタイアするので
それまでの管理人代わり。

と、いうことを知っている筈の友人が
遊びに来た時に部屋を気に入ったらしく
ルームシェアしたいと言い出した。
いや一年足らずで親が帰ってくるから…と言ったら

ええー良いじゃんロンドン!
もっと住んでて貰ったら良いのに!
あと10年くらいw 私が嫁にいくまでw
絶対日本より良いってー
なんなら私が説得しようか?
ここでおしゃれなルームシェアしたいよー
ワンルームとかユニットバスとか嫌だけど
ここなら良いな、実家より良いくらい
しかもただでしょ!光熱費とかだけでしょ!

ってウキウキ言われた。
私は賛同するに決まってると思ってるらしい。
丁重にお帰り頂き、根回しの上で距離を置いた。
本人は私が賛同しない事にびっくりしていた。
なんで?と不満且つ不思議そうに聞いてきたよ。

親が住む家だから。

と言ったら「やがて相続するでしょ、そしたら」
と言うので「例え私の持ち家だったとしても
家賃も払わない人と暮らしたくないよ」と答えた。
するとさ、奴は何て言ったと思う?

私ちゃん、旦那さんにもそういうの?
家賃を払えって!子供にも?
そんな奥さんおかしいよ!誰もお嫁にしたくないよ

だって。
お前は誰なんだよ。家族じゃねぇー


続きを読む

630: 名無しさん@おーぷん 2014/07/06(日)12:17:10 ID:mijTFe894
意味不明な理由で婚約破棄されたのが修羅場。
籍を入れる前、結婚式の件で揉めた。
彼が結婚式はいいものにしようね!と言ってきたので、うん!と答えた。
すると彼は怒りだし、「そこは金銭的に無理の無いようにね、だろ!」と言われた。
私はポカーンとなって「は?」とキツめに言ってしまった。
彼的には結婚式を提案されたら即決で肯定の返事をするなということらしい。

「結婚式はいいものにする」の解釈が彼と私で違ったんだよね。
彼→高額なもの
私→良い思い出になるもの

それを説明しても口ではなんとでも言えると聞き入れてもらえず婚約破棄された。
慰謝料は少し貰ったけど心はズキズキ傷んだ。


続きを読む

509: 名無しさん@おーぷん 2014/07/02(水)15:12:44 ID:HKxkwf1br
郊外駅の東側の駅の傍に家がある、
昔は農家だったが自家用野菜と米だけを作って、父も俺も勤め人になっている。
駅を挟んで反対の西側に市道に抜ける大きな道があり、駅から出るバスも出ている。
実家から駅に出るのに、敷地内に2メートル幅の用水路があり、
40年前に実家から駅側に車が出られるように橋を付けた。
実家のある東側は、田畑しかなかったので、実家から駅に出られるようにした。
大きな道がある西側に店や家も出来て人通りも多かった。
実家のある東側の実家の畑に隣接して工場が出来た。
工場で働く人は俺の実家を通れないので、西側の市道を大きく迂回して東側の工場に行く様に
自社バスで通勤していた。
自社バスに乗り遅れた人や乗り切れなかった人が実家を通り抜けるようになった。
数人の事なので、何も言わなかった。

朝の渋滞時間は自社バスよりも俺の実家を通り抜けた方が早い事もあり、
バスを乗る人より通行人が増えて行った。
ただ通り抜けるならいいけれど、たばこを火を着けたままを捨てたり
菓子パンやペットボトルを捨てたり、掃除するが大変になった。
ゴミを捨てたのを見て注意すると逆切れして、胸ぐら掴んで威嚇してきたり
暴言を吐かれたりしていた
その都度、会社に苦情を申し入れてたが、謝罪はするが改善されなかった。
工場も増設して大きくなり、通行人も増えて、ゴミが増えて畑が傷んだり、
ついに作物を盗まれるようになったので、フェンスに鍵を付けて通行できなくした。

朝に総務課長と何時もの担当者が実家にやってきて
今まで通り通行させてほしい、突然通行できなくて業務に支障が出ている
損害賠償もありうると言ってきた。
祖父は何度も苦情を入れても改善されなかったから、無理だと突っぱねた。

その日の夜に、工場長と会社役員が実家に来た。
詫び金を出されたが受け取らなかった

会社役員の話は
実家からの苦情が担当者で止まっていて、会社として知らなかった事
総務部長が経費節減のため、自社バスを廃止したことで
通勤に支障が出ている
会社で清掃をするので、敷地内の通行を認めてほしい

祖父は
ゴミを捨ててる時に注意すると胸ぐらをつかまれる
作物にも被害も出ていて、苦情を言っても今まで改善もされずに無視されたこと
通行できなかったら、損害賠償だと脅迫されて
工場の人間とは関わりたくない
社内連絡がまずかったのはこちらの責任ではないし
知らなかったでは済まされない
と譲らなかった。

あれから2年経って、総務部長と担当者は工場からいなくなったとは聞いた
工場は自社バスを運行しているが、
バスに乗り遅れたら20分かけて歩いているのを見ると可哀想なので
会社が対応してくれたら通行してもいいかなと家族で話している。


続きを読む

249: 名無しさん@おーぷん 2014/06/24(火)17:16:50 ID:???
小学校の運動会での話。
種目で父兄と一緒に走るってのがあったんだけどこの時は父が仕事でおらず、代わりにじいちゃんが走る事になった。
83歳という歳のわりにはかなりパワフルな人だった。
わしゃやるで!私子!じいちゃんに遅れるなよ!とやる気充分。
スタートラインで1人だけクラウチングスタートの体制を取る日の丸の描かれたハチマキ巻いたじいちゃん。
スタートを告げるピストルがパンッ!と鳴り、勢いよくじいちゃんは飛び出した。
その瞬間ブチッて音がした。うごおおおおんんん!!と叫んでじいちゃんは転けた。
なんとも形容しがたい叫び声をあげながら文字通り転げ回るじいちゃんが怖かった。
先生達や母が救護室に連れて行った。
そのまま救急車で病院行ったっぽい。
私も連れて行かれそうだったけど、ちょうど弁当時間になったから拒否した。
じいちゃんはアキレス腱が切れてたらしい。


続きを読む

202: 名無しさん@おーぷん 2014/06/15(日)01:08:11 ID:???
ちょう長い
大学(かなりのFラン)の時だからもう5年くらい前の修羅場
うろ覚えなところもあるので変なところあったら失礼
当時ランニングというかジョギングをしませんかみたいな趣旨のサークルに所属してた
ガチでスポーツするんじゃなくて地域のハーフマラソン完走できたらいいねとか、運動不足はよくないよねみたいなゆるい感じ
二年目になってそこに新しく入ってきたのがA(クソDQN)とBさん(すんごい温厚な人)
Aは高校卒業して現役で入ってきた奴で「お前らは運動神経が悪い」「ショボイ」「俺は空手やってた」「俺はキレたらなにするかわかんねー」ってバカな自慢大好き。女を見たら絡みに行くし意味もなく拳上げて殴るふりとかするような、そういうやつ
Bさんは30前で少し前まで仕事してたけど腰を痛めて退職して、そこで貯めた貯金を使って大学に入学してきた人。仕事何してたかは恥ずかしがって教えてくれてなかった。当時ハタチそこそこの自分からしたらやっぱ社会人というか、一緒に飲みに行っても何も言わずに大目にお金出してくれたり、聞き上手ですんごい大人に見えた。包容力のあるオトンみたいな感じ。大分腰は良くなってたらしいけど長時間立ってるのは辛いらしくて、あんまりサークルには頻繁に来てなかった
そういう理由があってBさんはAがサークルの女の子に絡んだり、男連中を小突いたりしてたのを知らなかった


続きを読む

このページのトップヘ