350: 名無しさん@おーぷん 2014/09/27(土)16:33:47 ID:1iMenL6Th
つい最近あった修羅場
築40年のマンションに住むAさん一家(Aさん(40代女性)・父・母)
日曜日の朝、マンションに響く大音響、直後に玄関から飛び出したAさんが半泣きで渡り廊下から飛び降りようとした
大音響に驚いて様子を見に外へ出た両隣の住人が咄嗟に押さえたけど、あわやAさん含む2名が階下に落ちそうになった(落ちてたら死亡確実)
その後大泣きしながら事情を喚き散らすAさんに対し、父親は憤慨して室内にUターン、母親が必至にAさんを慰めていた

以下、Aさんが語った内容+マンションのスピーカーおばさんの補足による事件の真相

Aさんには幼馴染のBくんがいた。生まれた病院が同じということで小さいころから仲が良く、小中高と同じ学校に進学し、卒業後は結婚の約束までしていた。
高校卒業後、国家公務員となったBくんはAさんの家に挨拶に向かうが、Aさん父母が強硬に反対。理由はBくんが近所の市営住宅に住んで、母親と二人の母子家庭で、大学に行かず高校で就職した国家公務員だから。
当時はバブル全盛期で高校卒業後は大学に進学するのが一般的、高卒で就職するにしても民間で給与の良いところにするのが普通で、就職倍率1%を切っていて給与も安い公務員では娘を幸せにできないというのが父母の持論だった。
AさんBくんは何度となく親を説得するが、Aさんの父母が首を縦に振ることはなく、Aさんも両親と絶縁してまでBくんと一緒にはなれないとのことで、二人の仲はそこまでとなった。


続きを読む

306: 名無しさん@おーぷん 2014/09/23(火)18:27:46 ID:GRmyNIVhW
私の母は嫁いびりされてた。当時小学一年だった私でもわかるほどに。
食事捨てるのは当たり前、1日5回家中を掃除させる、祖母と父が寝るまで母は寝ることも許されない。
私は子供ながら、母を助けようと必死だった。掃除を手伝い、料理を捨てるのを阻止しようと訴えたりした。でも私が母を助けると、祖母は「子供を味方につけるつもり?」と余計にいびりがきつくなったので、もうどうしたらよいかわからなくなった。
ある日、母は発作を起こし倒れた。私は泣きながら119番したが、父に妨害された。でんわがあさっての方向にぶっとんでた。
父の「家事をサボるための演技だ!」というセリフは一生忘れない。しかしどう見ても演技ではない。電話を壊されたので、泣きながら近所に凸し、助けをもとめました。
母は死にました。すぐに救急車を呼んでれば助かったのに!父は母の異変に気がつかなかったと言い通してた。
近所の人だって壊れた電話やら泣き叫ぶ子供がいるのに不自然に思わず(たぶん父や祖母が誤魔化した)父の言葉を信じてこれ以上突っ込んでこなかった。
私はもう父と祖母が鬼にしか見えなかった。以前から母をいびり倒している姿を見てきているので、人間とすら思えなくなっていた。
もう小一にして相当歪んでたと思う。何年もかけて復讐してやった。


続きを読む

304: 名無しさん@おーぷん 2014/09/23(火)15:11:20 ID:LAJ7pOSHB
私が子供の頃、近所に『鬼婆』とよばれている老人がいた。町内では有名なお婆さんで、成人男性ですら怖がって近づかない。
同じくキチで有名なモンペも尻込みする程。このモンペ母娘が鎌を持った鬼婆に追いかけられて泣いて謝っているのを見たときは本当に驚いた。
割と広い平屋に様々な花を植えて一人暮らしだったと思う。少しでも庭に侵入すれば血祭りは当たり前。私の母は絶対に鬼婆には近づくなと再三に渡り言い聞かされた。
ある日、ふと鬼婆の家の前を通ったときに、庭に咲き誇るヒマワリに見とれてしまって、庭の入口からぼーっと眺めていた。
はっと我に返ると目の前に鬼婆が仁王立ちしてた。
さーっと血の気が引いて、大袈裟かもしれないが、死を覚悟。恐怖で体も口も動かず涙だけがこぼれ落ちる。
すると鬼婆は、無言でひまわりへ向かい何かを回収。少し汚れた巾着袋にそれを入れて私に投げ渡した。


続きを読む

290: 名無しさん@おーぷん 2014/09/22(月)15:15:19 ID:7pm44RAMe
私は年子の実妹が大嫌い。
子供の頃から親の姉妹に対する差別が凄まじかった。
もう「お姉ちゃんなんだから譲ってあげなさい」のレベルがそんじょそこらの家庭とは違う。
記憶ある中で一番最初のやつは、幼稚園の運動会で一番をとって貰ったメダルを「お姉ちゃんなんだから」と没収され、妹に渡された。妹は妹でメダル貰ってるのに。
祖母が送ってくれた誕生日プレゼントを「お姉ちゃんなんだから」と妹行き。
席書コンクールで金賞を取り、市内の小さな冊子に乗ったら、「実は妹が代筆した。」と周りに広める。
友人と応募したアイドルのチケットを「失恋中の妹ちゃんに譲れ」と取られかけ、びりびりに破れた。

そんなんだから妹は調子に乗り、少しごねれば姉の物は私の物☆と思うようになった。親は親でどんなに心情を訴えても、世の中の妹や弟は優先されるべきという考えを曲げなかった。


続きを読む

284: 名無しさん@おーぷん 2014/09/21(日)12:27:53 ID:sxEQGNcxR
近所の川にワニが出没したという噂が流れたときがあった。結局はデマでワニなんかいなかったんだけど、義弟の鬼畜糞野郎成分がこの噂によって露呈した。

義母が子猫を三匹拾ってきた。
可愛くて可愛くて、旦那も義父もメロメロ。
旦那が義母を車に乗せて子猫を動物病院へ連れていった。
三匹とも飼うことになっていたので、残った義父と私は名前の事で大盛り上がり。
そこで文句をつけてきたのが、義弟。普段全く義実家に顔を出さないくせに、ぐちぐち文句をつけてきた。
義父母が、こちらが連絡しても無視するくせになんだ!お前に文句言われる筋合いはない!と怒鳴っている姿をよく見かけるようになった。
四人全員が、義弟を警戒し、今後家にあげないようにしようと決めた。


続きを読む

202: 名無しさん@おーぷん 2014/09/17(水)22:54:03 ID:8SMKVbzbB
よくマイホームを巡って友情が壊れるような投稿を読むけど
うちの場合は家族の関係が壊れちゃったわ。
5年ぐらい前に妹から「気に入ったマンションがあって購入したいんだけど
旦那が無理だと言って話を聞いてくれようともしない。とお姉ちゃんからも説得して」
と相談されたことがあった。
私は、そういうことは私が出しゃばることではないし、夫婦で話し合うべきことだと突っぱねた。
でもその後、妹がこぼした愚痴を聞いてると
結婚して10年目で夫婦共働き、子供なしにも関わらず貯金は200万しかないと言う。
だから旦那さんはマイホームなんて無理だと言ってるらしい。
正直ビックリした。
義弟は一応ちゃんとした会社で働いて年齢平均ぐらいの収入はあると聞いていた。
妹はパートとは言え、それでも子供がいなきゃ10年もすればもうちょっと貯金できるでしょ。
ふたりとも倹約家ではないのは薄々気付いてたけど、10年かかって200万しか貯められないのに
今後ローンの返済なんて難しいと思った。
しかも妹が気に入ったというそのマンション、3LDK4000万台の物件だと言う。
あまり余計なことは言わないでおいたけど「手の届く物件を探して、まずは頭金をしっかり貯めてから
もう一度旦那さんを説得したほうがいいと思うよ」とだけ言っておいた。
結局その時点ではそのマンションのことは諦めたようだった。
が、昨年うちが家を建て始めた時に妹が荒れちゃって。
実家で顔を合わした時には「私には上手に諦めさせておいて自分だけいい気なもんだ」って言われたわ。
全然そんなつもりはなかった。“上手に”ってなんだよ。
うちはうちで結婚当初からマイホームの計画を立ててきたわけだし。
その分妹の所のように結婚してから海外旅行なんてしたことなかったし、
家族でホテルのレストランなんて数えるほど。
旦那も私も正社員で働いてるけど、そうやって倹しく暮らしてきた結果だ。
何にも騙したりしたつもりはないのに「騙された騙された」って言ってて
母親がその場を治めようとして安易に「○○君(夫)の実家から援助でもあるんじゃないの」なんて
無責任なこと言っちゃったもんだから(実際にはそんなものはない)
余計にお姉ちゃんはズルいのなんのと言いだして
そんなに言われると私だって自分たちの努力の結果なのに何言ってんだって言い返したくもなる。
で、そこで母親から昔から言われてきた大嫌いな言葉、
「あんたはお姉ちゃんなんだから我慢しなさい」が飛び出したもんだから
これに私がキレて実家を飛び出して、以来帰っていない。
家が完成した時も、本来なら実家の両親も招待するのが普通なんだろうけど、
夫がずいぶん気にして招待した方がいいんじゃないかって言ってくれたけど
どうしてもそんな気にならなかった。


続きを読む

152: 名無しさん@おーぷん 2014/09/15(月)16:46:16 ID:4YPLpMwlK
私と姉がまだ小学生の頃、ささいな理由でケンカをした。
ケンカが発展して、お互いヒートアップしちゃって、以下のやりとり。

姉「あんたなんかうちの本当の子供でもないくせに!」
私「そうだけど、それはお姉ちゃんもじゃん!」
姉「え?」
私「え?」

私の実親は、育ての父方の親戚夫婦。
私がまだ乳児の頃に、実母が亡くなり、実父は長期間家を空けるのが当たり前な仕事だったので
親戚一同で話し合って、私は現在の両親の養子になった。
今日からこの子が姉ちゃんの妹よって言われた日の事を、姉が覚えてたんだな。

で、実父は親戚だし(って言い方もおかしいけど)、二度と会わない間柄ではないので
私が小学生になった時に、育ての両親・実父・祖父母から事実を教わっていた。
びっくりはしたけど、私は鈍いのか、それとも子供だったからか
特別なショックはなく、ソウダッタノカーくらいの気分だったと思う。
その時に、姉も養子だって話を祖父母から聞いた。多分。
もうちょっと後だったかもしれない。そのへんは曖昧。

姉の親はどこの誰なのか全くわからない。育ての両親は知っているかもしれないけど。
育ての両親は子供が出来なくて、そういう施設から姉を引き取ったんだそうだ。
姉の場合は実の両親に会う事は出来ないので、養子だという事実は伏せてたみたい。
私も祖父母から口止めされたのかもしれないけど、そのへんもちょっと記憶が曖昧。

自分だけが実の娘だと思っていた姉はショックのあまり数時間家出。
私はとんでもない事を言ってしまったと反省したし、親にも謝ったけど特に叱られはしなかった。
その後も姉は何度かプチ家出を敢行したけど、DQN化するほどではなかった。
育ての両親は数年間ハラハラしたと思う。
私はどうせ帰って来るなら出て行かなくていいのにって思ってた。

今では姉も落ち着いたし、結婚して子供もいる。
私もそろそろ子供が生まれるんで、イトコ同士は仲良くさせたいなーと思っている。


続きを読む

752: 名無しさん@おーぷん 2014/09/26(金)01:09:26 ID:MssRnSuse
今から約十年前バツイチ子持ちの姉が交通事故で亡くなった。
子供は二人。当時十歳女と九歳男。
婦人系の病気して子供が出来ない体の私は姪と甥をそりゃーもう可愛がってた。
姪と甥の命が危なかったら私の命を代わりに捧げれるくらい可愛かったんだ。

姉が亡くなり、少し落ち着いた時、子供をどうするかって話し合いをした。

そん時すぐに私が引き取るって言ったよ。
だって姪と甥が○○ちゃんって抱きついて泣いてたんだもん。

悠々自適の一人暮らしから三人の生活。楽しかった。いきなりの母親業は戸惑いと、収入面でもきつかった時もあった。
やっぱり姪と甥はさ、情緒不安定で夜中に泣いたりストレスで禿げたり、突然泣き叫んだり。
五年くらい三人川の字で寝たよ。
学校のママ友って言うの?あれもワクテカ凄くてさ、うざったかった。
PTAもやった。町内会も全部参加した。
でも何とか頑張ったよ。

昨日甥が二十歳になった。
大学行ってて、一人暮らしで一緒に祝えなかったけど、ラインが来たよ。
俺の本当のお母さんは居ないけど、○○ちゃんが今の大事なお母さんと思ってる。
彼女が出来たよ。今度一緒にご飯に行こう!
まだ35歳なんだから、○○ちゃんも彼氏作りなよ!

俺とねぇちゃんを愚痴一つ言わずに育ててくれてありがとう。
大好き!
だってさwおばちゃん嬉しくて酒飲みすぎたよw
そして甥に彼氏作りなよ!って言われたのが今の修羅場w
二人の子持ち女を好いてくれる人今から探すなんて出来ないぜw
酔っ払いすぎて文章めちゃくちゃな上長くてスマン。


続きを読む

737: 名無しさん@おーぷん 2014/09/24(水)14:26:08 ID:8ZHwdhZy3
まだ大して生きてないんだけども、異父姉が突然来たのが修羅場だった。
母は既に亡くなってて、いままでその姉には親族と母の葬式の時ぐらいしか会ったことなかったし正直もう会うことはないなぁと思ってた。
当時母よりも父(姉にとっての)を選んだ時点で私の中では姉ではないのだけど。(だって数回しかあったことないし話だって挨拶ぐらい)
その姉が突然家に来た。姉とは飛行機の距離で離れてるからびっくりした。
とりあえず事情を聞いたら離婚をしたんだけども実家には戻れないから家にきたらしい。
母から前の家は所謂旧家というか地主?だったというのは軽く聞いてはいたけど、だからって既に母もいない、しかもろくに話もしたことのない家にきた姉の神経がわからない。
流石に追い出せないって言う父に私は大反対したけどダメで、ひと月だけ一緒に暮らした。
その期間が本当に修羅場だった。いきなり他人が家に居てくつろげないし、育った環境だって違ったから些細なことだけど色々気になった。
なによりも許せなかったのが料理に口出しされたこと。一々口出しされて本当にその度にキレてた。
社会人で実家暮らしだったから親に多少お金入れてたけどそれが姉の生活費に消えるかと思うとなんで他人が!って思っしまって。
それを思ってしまう自分がひどい人なのかと考えたり、いやでもそもそもこの人来なければ平和に暮らせたのにってなった。
ひと月後、いきなり明日から実家のある方に行きますっていってろくに挨拶やお礼とか言わずに帰っていった姉にもう二度と来ないでと言えたことは良かったと思うけど。


続きを読む

700: 名無しさん@おーぷん 2014/09/22(月)08:51:21 ID:LN8i0lFJs
家の整理してたら私が昔まとめた兄貴迷言語録が出てきたのでこっそりぶちまけたい。
私の兄貴は今でこそ某製薬会社で薬の研究なんてするようなガチガチの理系人間になってるけど、中学の頃はそれはそれは深刻な厨二病患者だった。
以下兄貴迷言語録より抜粋。
・「ベルゼブブに呪いをかけられた右目が疼くぜ...クソッ...!」
(ティッシュに謎のマークを書いて作ったお手製眼帯を愛用。学校でももちろん。先生に怒られる。)
・「おい...ここで話しかけんじゃねーよミカエル...チッ」
・「今宵、門が開く...。ククク...。早く来い...。我がしもべ、十二柱共...。」
・「エ、エレメンタルがぁぁぁ!俺の、から、だを貫いてぇぇ!いくぅぅぅぁぁぁ!!!」
・「光と闇の大いなるパワー...。これはその力を更に増幅させるため、我がゴッドから授かった神具だ。」
(メガネ。)

こんなんを友達の前でも大真面目にやってたからあだ名は「ゴッド・オブ・メガネ」「暗黒天使」「目ん玉疼く造」「あだ名の数がギネス級」などなど。
兄貴の子供が厨二病患者にならない事を願ってお焚き上げでもしてくるかな。


続きを読む

676: 名無しさん@おーぷん 2014/09/21(日)06:14:12 ID:oXObXp7Kt
旦那が単身赴任中に女を作られて同棲までされ、こっそり帰郷もして旦那の親に再婚相手として紹介されてた事がある
旦那親も女が私より学があって、貧しい生まれ育ちの私と違って家も裕福な浮気相手との再婚に賛成してた
私は生まれたばかりの子供と幼児二人の計三人の子供を抱えてたのに
何だかんだと生活費も一円も送金してくれなくなって、乳飲み子抱え途方にくれて母に子供たちを預け働いたけど、家賃払って何とか生きるだけのお金しか稼げなかった
毎日バス代を抑えるため往復20キロ以上かかる宅と実家、パート先への道を歩いてた
お金が作れなくて、音信不通になった旦那の赴任先にようやく行けたのは連絡が無くなってから3ヶ月近くたってから


続きを読む

610: 名無しさん@おーぷん 2014/09/14(日)00:44:00 ID:uRXIT13TP
田舎から大都市に出てきて、就職したばかりの20歳の頃。
私が好きだった人が事故に遭って病院に運ばれたとき
好きな人のお母さん(気に入られ、可愛がられていた)と病院に行ったら
好きな人の婚約者が治療室の前で待っていたという修羅場。

彼のお母さんから婚約者がいることは聞かされていなかった。
いつも「あの子は昔から女っ気がなくて…。私さんみたいなお嬢さんが
彼女だったらいいのに」と言われていて、私は母親公認の恋人未満友人以上
みたいな存在だと思い、まったく疑っていなかった。
だから彼も、婚約者も修羅場だったと思う。

彼の視点でみれば、完全に私は母親に取り入って近付いてきたストーカー。
私は、すごく面倒見のいい優しいおばさんだと思っていた人(彼の母)の
闇を知ってしまって、しばらく人間不信になった。
恋愛も、自分から踏み出すのが恐くてできない。

最近になって、彼は結婚して婚約者の名字になったと聞いて、ちょっとだけ安心している。


続きを読む

534: 名無しさん@おーぷん 2014/09/09(火)17:47:56 ID:UDpouKJ5P
大学生の時、なんか地味でダサくてセンスの無い男が同学年にいた。
髪はボサっとしていて眼鏡をかけており、服装も変。そしてやたら背が高くて色黒だった。
顔立ちはくっきり二重で、よく見れば悪くない。身だしなみをしっかりすれば普通にモテるんじゃないかと思われる人。
「一人にしてくれ」というオーラを四方八方に振りまいてたから友人はいない。派手目な女子達は「あの男は恋愛対象外w死んでもナイw」 と嘲笑っていた。
そんな男なのに、私は彼が気になって仕方がなかった。恋愛感情なのかはわからなかったけど、今日も変な服装だな、髪の毛が昨日より飛び散ってるといちいち観察。
馬鹿にしているとかでは無いんだが、説明しづらい感情を彼に抱いていた。
彼に好意を抱いてるとはっきり自覚したのは2年生のときだった。
レポートを仕上げる為に校内の図書館を利用したのだが、彼は隅の椅子に座って「鳥類図鑑」を読んでた。
なんだか外見とのギャップが凄まじくて、私は心の中で笑いが止まらなかった。
私は一緒にいた友人の存在を忘れ、彼に「鳥が好きなの?」と声をかけた。彼は眠たそうに「うん」と答えた。
私はこの瞬間に、「あ、この人好きだわ」と直感した。

それからの私はもう別人格が乗り移ったんじゃないかと思うくらい彼に猛アタック。今まで好きな人ができても想いを告げられずに泣き寝入り、彼氏なんて一度もできなかった私がここまでやるとは・・・と友人は驚いてた。
彼には「からかってるんですか?」と睨まれた。ああ、今まで女性にそういう扱いを受けてきたのかなと思いつつ、めげずにアプローチするが玉砕。


続きを読む

517: 名無しさん@おーぷん 2014/09/08(月)02:16:56 ID:wsZKNIekq
ついさっきのことなんだが

バイク乗ってて60kmくらいで走行中に
フルフェイスヘルメットの中にゴキブリが出た
事故らなかった俺を褒めてやりたい

みんな屋外にバイク停めるときはヘルメット被る前に良く確認するんだぞ
あの中って緩衝材とか意外と隙間多いからな


続きを読む

310: 名無しさん@おーぷん 2014/08/23(土)04:59:40 ID:SkZNFBJgR
ほかの方に比べたら大したことはないかもしれないが、自分的に近年最大の修羅場だったこと。

毒喪をこじらせた自分は、都心部にある単身者用のマンションに住んでるんだけど、あるとき隣にヤンキー風のシングルマザー(以下シンママ)が引っ越してきた。子供は2、3歳の女の子。
このマンションに子供は珍しいので「静かだったらいいな」ぐらいに考えていた。
というのも、自分は自由業で昼夜関係なく自宅で仕事をしていたので、それに差し障りがなければという考えだった。

シンママとはあいさつも交わさず、顔を合わせたこともなかったが、ドアの開閉の様子やなんだかんだで夜の仕事をしていることがわかった。
徒歩圏内にはエリア最大の繁華街もあり、子供は夜間保育所に預けていたんだと思う。
で、夜中に子連れで戻ってくるのだが、その後子供に食事を与えていたらしい。
だけど、子供は真夜中なので当然寝てしまうらしく、それをしかりつけながら食事を与えている様子が、夏で開けていた窓から丸聞こえになっていた。
1度や2度なら平気だけど、これが毎晩続く。
子供はしかられて泣き叫ぶ。
これに対してシンママは「うるさいうるさいうるさい~!」と金切り声で怒鳴る。
この叫び方が尋常じゃないのよ。
ヒステリックで、叫んでいる自分に興奮してさらに叫ぶみたいな。
で、子供はさらにそれにつられて泣き叫んで、阿鼻叫喚状態。

私は夜型で、明け方まで仕事をしていたので毎日これを聞かされていた。
周囲に話しても事なかれ主義の人が多く、関わるな、といわれていた。
自分も少し様子見をしていたが、やっぱり明け方5時ごろに叫ぶシンママは尋常ではないと判断し、児相に通報した。
児相って、明け方でも担当者がいるんだね。
隣に聞こえないように、ひそひそ通報したけど、ちゃんと話を聞いてくれたよ。

その後、児相の人が何度かシンママを訪問してくれたようで、いつの間にか子供の姿が見えなくなっていた。
元夫に親権が移ったのか、施設に入ったのかは不明だが、月に1回ぐらい子連れのシンママを見たので、面会日があったんだろうと推測している。

その後、独り身になったシンママは新しい男を作って、
また毎晩金切り声で大げんかし、近所の人から警察を呼ばれたり、
うちのチャイムを夜中の2時に鳴らしたりして修羅場再びだったが、
先ごろ引っ越してくれたのでホッとしたところでカキコ。


続きを読む

このページのトップヘ