189: 名無しさん@おーぷん 2014/08/04(月)12:11:55 ID:m68TyGgDC
最近ようやく決着がついたんだけれども、
本当に真面目な旦那だったんだけど、結婚21年目にして離婚話が持ち上がりました。
本当に私からすれば、子供も3人できて上2人が漸く大学に入り、あと1人もあと2年で受験というところに来て、
なんで?どうして?って感じ。本当に青天の霹靂ってこういうことを言うんだって感じでした。
3年ほど前から20歳下の女の子と浮気をしていたんです。
3年もなぜ気づかなかったのかと言われればそれまでですが、変な話レスではなかったし、帰宅時間なんかも変わらなかったし、
こんなに上手に嘘のつける人だとは気付かなかったんです。
そして浮気相手に子供ができてしまい離婚してほしいと言われてしまいました。
呆然、愕然ですよ。
私は当然話し合いをしようとしましたが、浮気相手は、何かこちらが言おうとすると口を押さえて「うっ」とか言いながら
トイレに駆け込む、それでも話を続けようとすると、今度は旦那に妊婦の体調も気遣うことのできない人でなし扱いですよ。
こっちのほうが泣きたいわって感じでしたが、結局旦那は俺が妊婦ちゃんを守るんだって感じで、話し合いにもならなかったです。
そんな2人を見てるとばかばかしくなってきて「もう別れてもいいや」って思いました。
今住んでる家は私が両親から譲り受けたものですし、それなりに稼いでいるし何とかなるだろうって。
そうなると、学生結婚であんなに大好きだった旦那がしょぼくれた汚いおっさんに見えてくるから不思議です。
そこからは全力で叩き潰そうと頑張りました。


続きを読む

180: 名無しさん@おーぷん 2014/08/03(日)21:07:55 ID:p1eCvZaK3
二十年も前の話です。入社したてのころAさんという人が新人の教育係りだった。
Aさんは新婚で、奥さんは元は同じ会社の人だったそうだ。
もちろん私は奥さんとは面識がなかったが、Aさんは真面目で面倒見の良い先輩だった。

1年目が過ぎたころ、Aさんの、というか私の部署がバタバタしだした。
何となくその渦中にいるのはAさんだなと空気を感じた。

噂とはどこからかめぐってくるもので、
「Aさんの奥さんが浮気をしていて慰謝料とるの離婚するので大変らしい」
正直それを聞いたとき、離婚とか、浮気なんて2時間ドラマの世界の話くらいにしか認識しておらず
「へー大変だー」って感じだった。
Aさんのことは先輩として好きだったし尊敬もしていたけど
「配偶者に裏切れる」ということがどれほどショックか、思いもよらなかった
でもいくら奥さんが元社員とはいえ、なんでうちの部署がバタバタしてるんだろう?とは思った。

うちの会社はフリーの人たちと契約をして仕事を進めていた。
その中にZさんという人がいた。Zさんはうちの地方のその業界ではトップクラスの技術者で
もちろん仕事もできるし、ほかのフリーの人たちのまとめ役のようなことをしていた。
フリーとはいえ、Zさん抜きでは回らないことも多く、うちのような地方の中規模な会社は
「Zさんに仕事をお願いしている。やってもらっている」という立場だった。

A奥さんの不倫相手はZさんだった。
普通に考えたら立場が悪くなるのはZさんのほうだけど、この業界の事情は特殊。
事が大きくなり、Aさん夫婦の離婚まで話が広がると、Zさんは会社を訪問し
騒がせてしまったことを謝罪、自分も慰謝料を払うし、迷惑をかけたこの会社とは取引しない、と申し出た。
会社の規模を考えればZさんにとっては痛手だったろうが、会社はもっと大事だった。
Zさんを切れば、Zさんに面倒を見てもらっている他のフリーも、Zさんの顔を立ててうちの仕事を断ってくるかもしれない。


続きを読む

147: 名無しさん@おーぷん 2014/07/31(木)18:22:21 ID:RKphnIxmJ
自分は30代女
高収入高学歴の士業イケメン同期にベタ惚れされてプロポーズされてお互い親にも挨拶済状態だった

ある日、僕の親が先々同居すると約束して欲しいと言ってる、と伝えられた
それに対して、同居はするかもしれないし、しないかもしれない。同居が嫌と言う訳では無く、十何年も先の事を今の時点で確約する事は出来ない。その時の状況にもよるんじゃないかと返答。
君のいう事が正論だと思うというので、そう思うなら親にもそう伝えたら?と言うと
でも親はこう言ってる、どうしようと繰り返すばかりで話が進まない
果ては親がちっとも聞いてくれない、腹が立って物投げちゃったwと言い出した

親の意見をこちらに流すだけで説得しようとしない、解決策も提示出来ない、腹が立てば物にあたる暴力行為、それを笑って話す
どれも無理で別れを告げた。貰ったものは全て返した。

その後周囲からあれほどの優良物件が不満だなんてお前は何様のつもりだ、一体どういう人なら満足するんだ、身の程を知れと責められたのが本当に修羅場
仲の良い人達からこれを言われるのはとてもキツかった。色々嫌になって泣いた。私が結婚に求めるものを相手が持っていなかった、と説明しても理解は得られなかった。

後に家族だけは分かってくれたのが救い
プロポーズまでいった相手と別れて落ち込んでいないか気を遣ってくれたが、スッキリ晴れ晴れとした顔の私を見て苦笑していた

この先結婚出来ないかもという不安はあったが、そもそも結婚するなら価値観の合う、話し合いの出来る思いやりのある人が良い。そうでなけりゃ家庭を築くなんて無理だ。

今は幸せに生きてます。


続きを読む

125: 名無しさん@おーぷん 2014/07/31(木)09:57:56 ID:wB5JgCzBv
私は小2までネグレクトを受けていた。いつから受けていたかは覚えていない。
父は物心ついた頃からいなくて母と2人暮らしだった。その母は夜になっても家に帰ってこなくて、私は空腹に耐えられず、冷蔵庫の中を勝手に漁ったりしていた。
冷蔵庫を漁ったのがバレると往復ビンタをされた。顔は腫れ、痛みを和らげる為に水で顔を冷やしたりした。

学校には行っていた。友達はおらず一人で本を読んで過ごしていた。
担任からは薄汚れた格好と腫れた顔を指摘され、「お気に入りの服だから洗濯してほしくない」「洗剤を間違えて口に入れて顔が腫れた」と説明した。これは母が言えと言ったから。

母は三日に一度帰ってくれば良い方だったが、とうとう十日間帰ってこなかった。
冷蔵庫の中も底をつき、畳を毟って口に入れる始末。気力も無くて外へ出る事も無くなった。
学校も無断欠席が続き、とうとう担任が家を訪ねてきた。
薄れゆく意識の中、担任の声とセミの鳴き声が忙しなく聞こえてきたのを覚えている。

私は施設に引き取られた。
母はどうなったか知らないし知らされていない。おそらく捕まったんだろうな。
あんな母親でも私は「お母さんに会いたい!」と泣きじゃくった。もうホームシックみたいな状態で連日泣いていた。


続きを読む

113: 1 2014/07/30(水)19:37:00 ID:Clv4JMzgu
結局裁判沙汰になっちゃった若き日の修羅場です。

大学のサークル女子仲間5人でハワイに行った。
ビーチに遊びに行き、浜辺に着いてから
みんなで背中に防水のUVカットクリームを塗りあった。
現地に着いてから割り勘で買ったものです。
現地の人に言われた通り、一時間おきに塗りあった。
海で泳いで浅瀬でシュノーケリングもして楽しかった。
日焼けもちょっとだけですんだ。

その日の夜、A子が背中が痒い~痛い~と言いだした。
他の4人は何ともない。
痛いから晩御飯パスして寝てる、というA子を置いて出掛けた。
早めにホテルに帰ると、A子は寝てた。

でも夜中に唸り始めて、同室の私は心配で
とりあえず痛いと言う背中を見た。

そしたら、焼けただれた状態だった。
本当に、完全に火傷状態。
更にA子が掻きむしったために酷い状態だった。


続きを読む

71: 名無しさん@おーぷん 2014/07/27(日)14:03:29 ID:p41B0MkrB
高校生のときの修羅場。
元彼が、急に「別れよう」とメールしてきた。そのとき私は自宅で期末テストの勉強をしていた。私は突然のお別れメールに驚くことなく、淡々と「いいよ。さようなら」と返した。
メールを返した直後にジャンジャン電話が鳴り、仕方なく出た。
「なんで別れるんだよ!普通そこは別れたくない!大好き!と答えるのが真の恋愛だろ!」と怒鳴られた。
「何、試したの?」と聞いてみると、五人の彼女持ちの友人と彼女の愛が本物かどうか確かめようという話になった。
彼氏含む6人が一斉に「別れよう」とメールを送った。私以外の5人の彼女は即座に電話を寄越したりメールを返して「別れたくない」と縋ったそうだ。
中には泣きながら電話をしてきた子もいたらしい。
そんな中、私だけ別れを承諾。ブチギレて私に電話をかけてきた。

つづきます


続きを読む

35: 名無しさん@おーぷん 2014/07/25(金)11:45:29 ID:YpkTTI8M5
もう何年も前の修羅場。
私の最初の勤め先は幼稚園だった。そこで私は酷い虐めにあった。
顔が気に入らない、年齢が気に入らないなど散々怒鳴られた。
一番苦しかったのは、新人の私は週案(1週間の保育の計画)を主任に見せなければならなかったのだが、
気持ちが悪い週案だと言われ、丸々主任が考えた週案に直された。
元々私が計画したものは1ミリも残されず、主任の週案で毎日保育するはめに。
園長はなんだか頼りない。なんだか主任とその仲間達の顔色を伺っている感じだった。
挙句の果てには園児に、「私先生って主任先生の手下なの?」と言われて、たまりにたまったストレスが爆発した。(自分の部屋で大暴れしながら泣きまくった)

私は幼稚園を辞め、まったく違う職種に就職したが、前職の幼稚園での怒鳴り声がフラッシュバックして足が竦んでしまった。
新しい職場は人間関係も環境もよかったが、あの主任の顔がチラつく。とうとう職場で嘔吐、気絶。
毒親は私を「社会にまともに出れないクズ」と称し、嘔吐&気絶した翌日には私を蹴って出勤させた。
所長は「出てきて大丈夫なのか!?」と青ざめた私を病院に連れていってくれた。
最初の病院では「ストレスで身体がボロボロだよ。心療内科にまわすから受診して」と言われ心療内科へ。
続きを読む

22: 名無しさん@おーぷん 2014/07/24(木)15:55:02 ID:OAbMNITBX
みなさんの体験を読んでいると、かすむような話ですが私の体験を書かせてください。
何分初めて、フェイク有りなので、つたない所はご容赦を。
私・・・・・当時30歳ぐらい、現在は40代後半
旦那・・・・・私より7つ上
姑・・・・・還暦前後
舅・・・・・姑より7つ上
大姑・・・・・80歳ぐらい
義父妹・・・・・姑と同い年
義父妹旦那・・・・・Aさん
私は25歳の時に結婚したのですが、結婚する前は当然別居という話だったのですが、大姑が車椅子になったこともあり、当時おとなしかったこともあり、必死になって拒否はしましたが私の両親に介護が必要になったら、必ず助けるから今回は我慢してくれと言われ、3代同居。
バカでした。
それまでは別居ということがあり、あまり付き合いがなかったせいもあり関係も悪くはありませんでした。
しかし、一緒に住んでみると皆が皆めちゃくちゃ性格が悪かった。
旦那もこれほどわがままになるのかというほどに変わってしまい、
ひどかった。
私が掃除すると、あらを探しここもしろ、あそこもしろ、ここはやり直しといった風で、ろくに休憩する暇もありません。食事を作れば、甘い、辛い、まずいの連発。
ご飯を食べようとすると大姑の部屋からブザーが鳴り、やれトイレだ、なんだととにかく大忙し。
夜も大姑の部屋からのブザーがうるさくて眠れないと旦那とは別室です。
一緒に寝ないから子供なんてできるはずがないのに、「孫、孫、孫」。
頭が狂いそうでした。6カ月たたずに体重が10キロ以上減りました。もともとは、162センチ56キロ
だったんですが、あと少しで40キロになりそうでした。
そんな生活をしていると、何がおかしいのかが分からなくなるんですね。


続きを読む

8: 名無しさん@おーぷん 2014/07/24(木)10:33:08 ID:QwfMWu0ZA
現在進行形でもあるけれど

二人目の子供が生まれてから実母に「養子に欲しい」と泣きつかれていること
兄・姉と二人いるが双方まだ独身で40を超えている
家を継いで守って欲しいからと言われたが兄・姉に結婚の可能性もあるわけで
あんまりにもさめざめと泣き落とされて、自分としての落としどころとして
「最終的にどうしようもなくなったら考える」
→兄・姉ともに結婚に縁がなくて高齢になったら
と丁寧に説明もつけて返事

それを何を思ったか実母は子供が小学校に入る前の年いきなり電話で
「養子になるのだから我が家で育てる!最高の環境で教育をしてやるから連れて来い!」
って言ってきた。これほぼ、言われたままの原文
すっきり目が覚めて、がんがん言い返して返事を聞かず電話を切ってから
またずっと泣き落としの電話だったけどスルー
今でもまだ養子にもらえると思っているお花畑の実母
自分の失言のせいだと後悔はしたけど、そうじゃなきゃ実母は本性あらわさなかっただろうし
とにかく、養子にだすつもりは全くないのでこれからも全力で守る!
まとめたつもりが長くなりました。すいません。


続きを読む

949: 名無しさん@おーぷん 2014/07/23(水)10:19:39 ID:TmHmYuDdF
すまん。家族のことに関してなんだがちょっと愚痴らせてくれ・・・
そこそこ昔の事なのにまだ心に残ってると言うか・・・
俺がおかしかったら俺のことを叩いてくれて全然かまわない。
去年の春に俺の実兄が仲間たちと渓流釣りに行った帰りに連絡が取れなくなった。
山道で、しかも夜だよ・・・兄貴の友達が急に俺の家に来て
「お前の兄貴が釣りの帰りに事故っちゃって。夜道だから探すの手伝ってくれ!」
とやってきた。兄貴は既に結婚していて世帯は別。なのでなおさら驚いた。
兄貴の仲間曰く、電話もつながらなくなってしまいに雨まで降ってくる始末。
結婚して自立してもやっぱ家族は家族でものすごく心配だから心臓が止まりそう想いで
必死に兄貴を探した。釣りをした場所について分かれ道を手分けして皆で探す事に。
見つからなかったら警察に助けを求める事も考えた。
道をある程度探していなかったらそうしよう・・・と、兄貴がもし死んでたらどうしようとか気が気じゃなく
探し回ってたら泥道にぬかるんで傾いてる車を発見。
泥まみれで泣いている兄貴に急いで駆け寄った。
兄貴は泣きながら「ほんと何やってるんだろうすまない」
とよろよろ俺に寄ってきた。
何はともあれ無事でよかった。

続きます


続きを読む

このページのトップヘ