609: 名無しさん@おーぷん 2014/12/05(金)15:48:33 ID:Qbh
私は基本『割り勘派』
と言っても「どちらかが一方的に我慢する付き合いは長続きしない」と思ってるだけだから
端数までキッチリ割り勘!ってわけじゃなくて「さっき彼が出したからここは私が出す」程度の緩い感じで
何となくお互い平等になればいいかなと思ってる

中距離の彼と付き合った時
毎週片道2時間半かけて彼の家まで車で通ってた(私→実家、彼→一人暮らしなので毎回私が会いに行ってた)
週末はほとんど彼の部屋で過ごすから電気代やガス代など私の分が増えるだろうと
お菓子やジュースを買って行ったり、家で作った料理をタッパーにつめて持っていったりもした
でも、全部割り勘だったんだよね
外食した時も割り勘。スーパーに食材買いに行った時も割り勘
ある日、昼食の材料を買いにスーパーに行って『そうめん』の代金を割り勘にされた時、一気に冷めた
かけてる時間もお金も私の方が圧倒的に多いじゃんって
全然平等じゃないのに表面的な(目に見える)お金だけ割り勘にして男女平等気取ってる彼に耐えられなくなった
「そうめんくらい奢ってくれても!!」と思ったらもうダメだった
片道2時間半、往復5時間かけて会いに行ってる労力とか、差し入れのお菓子代とかは全然考慮しない『割り勘』って
全然『割り勘』じゃない


続きを読む

604: 名無しさん@おーぷん 2014/12/04(木)16:03:33 ID:VGQ
料理をまったくしない人と一時期付き合っていた。
わたしも料理は得意でないし、彼は実家暮らしだったので大して気にしてなかった。

でも良く良く気にしてみたら、いつも知識やコメントは料理できるかのようなものばかり。
外食したら「この味付けは○○を使ってるね」
スーパーで買い出ししたら「この食材には○○の調理法が最適で云々…」
最初はへえ~そうなんだ、詳しいんだねと関心してたんだけど、
ある日私が自宅で料理しながら「ちょっと一口大のざく切りしといて~適当でいいから」と
キャベツ1/4個と包丁とまな板を渡した10分後、キャベツ遅いな…と後ろを振り返ると
まな板の上のキャベツを目の前にしてああでもないこうでもないとぐるぐる回している…。
「ど、どうしたの?」と聞くと「いや、方向的にどこから切ろうかなって」という返答。
ウンチク語るくせにキャベツも切れないのか…わからないなら聞いてくればいいのにと思い呆れてしまった。

その上料理に関してすごく変な潔癖症で
お鍋のために用意してた白菜に黒いブツブツがあったからと、
その部分を全部むしって捨てたり(黒点は食べても問題ないと言っても聞かない)
お鍋に入れるきのこ類は全部ごしごし洗って下茹でしないと食べられないと言ったり
(風味も味も栄養もおちるからと言っても「色移りする」と聞かない)
生魚は醤油に漬けると殺菌されるから、とお刺身をずーっと醤油の中に入れっぱなしにして
漬けみたいにして食べたり(さばきたての美味しそうなサワラが真っ黒になってしまってた)
もしかして異常にお腹が弱いのか?と思ったけどそうでもなさそうだし
とんちんかんなとこが滑稽に見えて冷めてしまった。

これ以外はとってもいい人だったんだけど、食に対して変な自信とこだわりがあって嫌になった。
内容が内容なので本人には理由を伝えなかったけど、今もあの調子なんだろうか。


続きを読む

558: 名無しさん@おーぷん 2014/11/12(水)16:36:09 ID:ilWRMzVCW
結婚の話が出て、お互いの両親にも挨拶済ませて、公認で一人暮らしの家を行き来するようになった元彼
半同棲状態で、元彼は繁忙期は家に寝るためにしか帰れないので、家事はほとんど私がやっていた
けど、皿を洗ってる時に「あ、皿洗っといて」
雨が降ってきたので洗濯物とりこんでたら「雨降ってきた?洗濯物とりこんどいて」
お風呂の準備をしている時に「風呂洗っといて」とか
床が埃っぽいから拭いてたら「そこ拭いといて」とかそんなんばっかりだった
「今やってるでしょ!」って怒ると
「そんなきつい言い方しなくてもいいじゃないか!」とふてくされる
ひどい時は怒ったまま私の存在を無視
一度なんでやってるのを見てからそういう指示出しをするんだと聞いたことがあるんだけど、
聞こえなかった振りで完全に無視された
この人とこのまま生活を続けて幸せになれるのかなと思い出した矢先、共通の友人と食事をしていた時に、
元彼が「うちのは全然気が利かない。一から十まで全部俺が言ってやらないと何もできない」って
自慢げに言い出して、その場で別れ話を切り出した。
「私が何もしないんだったら、部屋を片付けてるのは誰?今あなたが着ているシャツを洗ったのは?
やってるのを見ていないもの気づいていないのもあなただけ。もう無理、別れよう」って
元彼は「何で人前で恥かかすようなこと言うんだ!」って怒ってたけど、
「じゃああなたの気が利かない、何もできないって私に恥かかせる発言はどうなの」って言ったら、
「俺のはいいんだ、お前とは違う、事実なんだからお前は恥なんかかいてない、でも俺は恥かいた、
そもそもお前の話をしてるのになんで俺の話が出るんだ関係ないだろう、話をそらすな!」って
延々と怒り狂ってた。
両家両親も出てくる話になって、もう結婚するって話はあっちこっちにしちゃってたから、
今更なしになんて~と説得された。
私の言うことがいまいち伝わらないみたいで、「男の人はそういうところ鈍感だから」とか
「家事をやらない人には手順とか段取りとか分からないからおかしなこと言っちゃうのよ」とか
的を射ないことばかりを言われた。
何度目かの話し合いの時、取り皿が足りなくなったなーと思って、仲居さんに
「取り皿の追加をお願いします」って私が言ったら、
元彼が「そうだ、取り皿の追加も頼んでくれ」って言い出して、初めて何かおかしいなって空気が流れた。
それからはあっさりと婚約破棄、元彼との関係も切れた・・・と思ってたんだけど、
この前偶然会ったらものすごく慣れ慣れしくされたよ。
肩を組もうとか腰を抱こうとかぴったり体擦りつけるようにして寄り添ってきて、
「頭冷えた?式場、どこにする?」って。
走って逃げた。後になって震えがくるほど怖かった。


続きを読む

502: 名無しさん@おーぷん 2014/10/30(木)10:57:33 ID:Z5nbXFMby
元彼との冷め話。
私には10年くらいの付き合いになる友達グループがいて、今でも月1くらいで集まって遊んでいる。
そのことは彼氏には話していたんだけれど、ある日「お前の友達に会ってみたい。次に集まる時に俺も行っていいか」と言われた。
内輪の集まりだからどうかなとは思ったけど、友人達はノリノリでOKとのこと。
結婚話も出ていた彼だったので、今後も長い付き合いをしていくだろう友達とは顔合わせしてもらってもいいかと思い、一緒に行くことにした。

当日は終始ニコニコとして友人達と楽しそうに会話している彼を見て、ほっとした。
…のだけれど、帰り道。
「ああいうニート達とはもう付き合わないでね?」
と笑顔で言われ愕然。

誤解のないように言っておくけど、みんな働いてる。正社員で。
何か勘違いしてるのかな?と思って説明したけど、彼の返答は
「労働時間からして俺にとってはニートと同じ」ということだった。

確かに彼の会社は激務で、終電帰りや休日出勤もしばしば。
だから私も仕事帰りに彼宅に寄って掃除や料理などしてきた。
でも友人達もサビ残だのパワハラだの色々と苦労しながら仕事しているわけで、仕事量に差はあっても、ニート扱いしていいものじゃない。
それを理解せずに「俺は激務!高給取り!他の奴らより偉い!」を主張する彼に一気に冷めた。


続きを読む

465: 名無しさん@おーぷん 2014/10/10(金)19:42:30 ID:aBW5pjP5I
一昨年付き合ってた元彼女の話。

かれこれ一人暮らしして10年、毎週の一日の数分だけだけど、親と電話して近況報告等をするのが日課だ。
まだ還暦前後の両親で、事故等がなければまだ生きてくれると思う。
でも独立している以上、以前みたいに顔合わせる機会や声を聞く機会なんて圧倒的に減る。だからせめてもの電話。
まぁ、数ヶ月に一度帰省したり、誕生日等にはプレゼントを贈る日もあるが。

そして元彼女は、両親とのこの数分の電話さえ親離れができてない。マザコン?ファザコン?とバカみたいに茶化す。
↑のことしてるよーって言ったぐらいで、元彼女の前で電話はしてはいなかった。
一度言い出すと、思い出したかのように茶化してくる始末だった。
ちなみに結婚を考えたこともなかったし、もし付き合い続け結婚していたとしても、同居という選択肢はなかった。

同居しない限り、親と顔合わせる,声を直接聞ける時間は1年間の内、自分の場合は大雑把に約245時間。日数で言うなら約10日間少し。
両親がこの先20年30年生きてくれるとしても、仮に30年だとしても、1年間分の時間には満たない。
大袈裟かも知れないが、もう1年間もないかも知れないということ。
もっと長生きしてくれるかもしれないし、事実そうあって欲しいと願ってる。
そして今の彼女にも、元彼女にもそうだったけど、ニュースに出るような最低な親でもない限り、両親は大切にして欲しいと思ってる。

軽く話が脱線したが、そういった事から、自分はたまには電話するなりしてるんだ。
それをいつまでもガキみたいに茶化す言動が嫌になって、宥めるのも疲れて。本当に疲れた。だから別れた。
「俺君は両親死んじゃったらどうすんの?いつまでも甘えてられないよ?」だとさw
元彼女に言わなかったけど、俺の両親、小学生の時に、二人とも事故死してるんだよ。甘えられなかったよ。
だから今の両親っていうのは実は義理。でも今の両親も、いつかは亡くなる。恩も返せなくなる。親孝行もできなくなる。
彼女やいつか隣にいるかもしれない妻に、俺の両親を大切にしろとは言わない。けれど自分自身の家族を大切にできないような人とは
もう付き合えない。


続きを読む

460: 名無しさん@おーぷん 2014/10/06(月)10:30:57 ID:9f595Wgbr
大学生の頃、祖母が足を悪くして手術し、1ヶ月ほど入院したとき。
母は働いていて土日は休みがとれなかったので、平日は母・土日は私が付き添うことになった。
そのことを当時の彼氏に話し、付き添いが終わったあと食事に行ったりは全然大丈夫だけど、丸一日使ってのデートはこういう事情なので1ヶ月ほどできないと説明して謝ったところ、キレられた。
「はあ!?別に死にそうとかじゃないならほっとけばいいじゃん!」とか言われてがく然。
自力ではトイレも行けないし、下着も代えられない。恥ずかしいし看護師さんに迷惑かけたくないからって、母がどうしても行けない日はできるだけトイレしなくてすむように朝からほぼ飲まず食わずでがまんしてるって言っても「オムツさせとけよ!つか月曜まで飲まず食わずでがまんしとけばいい。だいたい年寄りなんだから漏らしたってボケてると思われるだけだし別にいいだろ」と言われた。

一気に冷めて、その場で別れ話にしたけど、「お前に会いたいっていう強い思いが言わせたことなのに、それで別れるなんて人でなし」と今度は大泣きされた。
泣きたいのはこっちだし、人でなしはそっちだ。今でも思い出したらムカムカする。


続きを読む

452: 名無しさん@おーぷん 2014/10/02(木)10:38:28 ID:aFsWp95Ti
先月に車検があってそれに向けて年明けからコツコツと100円玉貯金をしてた。
小銭貯金をしだして間もなく彼氏が家に遊びに来た時に、棚に置いてあった貯金箱を見つけて
「小銭でも貯めるの?」と聞いてきたので小銭貯金の使い道は特に話さずに「そうなの、100円玉をコツコツ貯めてるんだ~」と話した。
そしたら彼氏は「さっきコンビニ行った時のおつりカンパしてあげるよ!」とポケットから100円を取り出し貯金箱に入れてくれた。
いいの?ありがとう~と言いその時はそれで終わった。

そしてコツコツ貯めてきた小銭貯金を銀行で両替して先月無事に車検をすることができた。
車検代を引いても数千円ほど残ったのでそういや昔彼氏に100円カンパしてもらったな~というのを思い出し帰りに彼氏の好きなハーゲンダッツを買った。
彼氏が家に来てハーゲンダッツを出しながら「あのコツコツ貯めてた100円玉貯金ね、車検代に使ったんだ~足りて良かったよーw」と話したら
「は?あの小銭貯金、車検代に使ったの?!」と急に彼氏が不機嫌になった。
なんで不機嫌になるのかさっぱり分からず訳を問いただすと
・あの小銭貯金は俺のために使ってくれるんだと思ってた。俺だって少しカンパ(総額100円)したし。
・貯めたお金で旅行にでも連れて行ってくれるんだと楽しみにしてた。
・俺前々から財布欲しいって言ってたよね?それを察して買ってくれるんだと思ってた。
・それなのに自分一人で全額使いやがって。
車検の為とは言ってなかったものの、勝手に俺の為の小銭貯金と勘違いして罵倒されなきゃいけないのか。
なぜ彼氏の欲しいものも旅行も私が全額出さなきゃならないのか。
若干ケチな人なんだなとは前から少し思ってたけど、今回のことで一気に冷めた。


続きを読む

436: 名無しさん@おーぷん 2014/09/16(火)15:44:28 ID:9zlKm2LJV
彼女とデートに行くぞー!とアパートの玄関を出たら、お向かいの妊婦さんが廊下でうずくまってた。

慌てて駆け寄って事情を聞くと、出掛けようとしたら、予定日よりだいぶ前なのに、お腹の張りと痛みで動けなくなってしまったらしい。

旦那さんは仕事中で連絡がつかなかった。

割と近くに産婦人科の病院があったが、話を聞くと妊婦さんの掛かりつけの病院は結構離れたところだった。

救急車を呼ぼうか?と聞いても大丈夫、休んでいれば良くなる、の一点張りだったが、顔色は悪いし、脂汗もひどく、痛みのせいかぐしゃぐしゃに泣いていた。

意を決して、妊婦さんを抱きかかえて車に乗せて、すぐ近くの方の産婦人科へ連れて行った。彼女は妊婦さんに寄り添って励ましている。

病院に駆け込んで受け付けに事情を説明すると、すぐに数人の看護師さんが飛び出してきてくれて、裏口からストレッチャーで妊婦さんは運ばれて行った。

看護師さんに自分の名前や住所、妊婦さんについて知っていることを伝えて、俺たちは帰宅。
結局デートは行かなかった。

その夜、旦那さんがアパートに訪ねてきて、昼間のお礼を丁寧に伝えてくれた。
残念ながら、赤ちゃんは助からなかったそうだ。対応が遅れていたら妊婦さん自身も危なかったと、泣きながら話してくれた。

旦那さんが帰って、まだ俺の部屋に残っていた彼女に事情を説明。

「そっか。せっかくデートもキャンセルしたのに、結局助からなかったんだ」

この一言に冷めてしまった。

この日は彼女を帰して、一ヶ月後には別れた。


続きを読む

166: 名無しさん@おーぷん 2015/01/31(土)17:42:26 ID:tHA
転勤族なんだけど、ある土地に引っ越したとき
新天地のマンションで朝9時から荷物の搬入してたんだけど
搬入時の作業員は全部で4人って聞いてたのに
11時頃に旦那が「制服着てないのがひとりいるよね」って言い出して
確かにひとりエプロンして頭に三角巾した40代ぐらいのおばさんが
搬入した箱を開けて(洗剤とかだった)洗面台の下の収納に入れていた。
梱包も開梱もおまかせの契約だったから、雇われてる人かな?と思ったけど
作業員同士話もしないみたいだし、何か様子がおかしい気がして
責任者の人に「あの方も作業員さんなんですか?」と聞いたら
「え?ご家族の方じゃないんですか?」と言われてビックリ。
慌ててその人の方に行って「失礼ですが、どなたですか?」って聞いたら
「ああ、隣の○○です。お手伝いしますよ」ってしれっと言うのね。
本当にビックリした時って言葉が出ないって本当よね。
口をあんぐりあけて、フリーズしちゃったわ。
で、旦那が「失礼ですが、手は足りてますから結構です」って言ったら
「いいんですよ、ヒマですから」って全く悪びれない。
その様子を見てた責任者の人が
「全部我々がやる契約になってますんで。勝手されると困るんですよ」
と助け舟。
で、少し離れた所にいた作業員に「おーい、ここ頼むわ」と呼び寄せたので
それまでニコニコしてたのが、ムッとした表情で帰って行った。
なんかもう衝撃すぎて膝が大爆笑しちゃったわ。
旦那も「マジかよ、隣にあんなんいるとは」と言ったら
責任者の人が「いや、僕もこんなの初めてです」って。
それからそのマンションに住んでた2年間、
朝昼晩と隣には警戒しまくりだった。


続きを読む

153: 名無しさん@おーぷん 2015/01/24(土)14:24:54 ID:mf4
義理の兄の奥さんに衝撃だった話

夫の兄は仕事で長いこと海外で暮らしている
そこで同じくロシアから仕事で来てる奥さんと知り合って結婚することになった
以下彼女を奥さんと記述します

初めて会った時、ロシア人の奥さんは全く日本語が話せなかった
義兄が通訳してくれたので話してみたら、とても明るくいい人だと思った
相手の奥さんも会話を楽しんでくれたようだった
会話の最後、奥さんは「日本語を絶対に覚える。今度は日本語でお話しましょう」と宣言していたと、義兄に通訳してもらった

気があったのと、共通のマイナーな趣味があったので奥さんとはアドレスの交換をした
最初の頃の文は英語オンリーで辞書を引きつつなんとか会話してたんだけど、数週間したら簡単な日本語が会話に混じるようになった
本当に勉強しているんだなーとなんだか嬉しい気持ちになって、私も簡単な単語を時々日本語で書くようになった
それから一ヶ月も経たないうちに、奥さんのメールは日本語のみになった
この頃から漢字も使い始めてて、「間違った所があったらおしえてね」と言われたので、時々ある小さなミスを教えてた
そのミスっていうのが「早いと速い」「温かいと暖かい」「てにをはの重複」みたいな日本人でも時々間違っちゃうようなものなんだけど、一度指摘したら絶対に間違うことはなかった
奥さんの日本語はどんどん上手くなっていって、初めて会って半年でしゃれた季節のあいさつを使いこなしてしまうまでになった
この時に聞いたんだけど、この奥さんカリフォルニア工科大出身らしい…
それから数ヶ月、全く日本語がわからない状況から一年足らずで奥さんは日本語検定の一級を合格しちゃったんだって
念の為に言っておくと外国人向けの日本語能力検定ではないよ
その話を聞いた時に、本当に頭のいい人っているんだ…と唖然としたよ

この前の正月、初めて会った時から数年ぶりに奥さんに会うことになった
この頃には奥さんはイントネーションまで日本人?ってくらいに日本語ペラペラになってた
ずっと週二三通のメールを続けていたんだけど、「吝かではない」とか「宜なるかな」とか「汗顔の至り」とかこっちが辞書を引かなきゃいけないような単語も出てくるようになってたw
それで顔を合わせてお話をしてたんだけど、ふと「外国語を習得するコツとかあるの?」って聞いてみたんだよね
そうしたら奥さんは「簡単だよ。これを習得したらあれがしたい!これがしたい!って目先に欲をちらつかせればいいの」と言った。
それからいたずらっぽく笑って
「○○ちゃん(私)ともっとお話したかったから私は日本語を覚えたのよ」って言われた
惚れるかと思ったわ


続きを読む

110: 名無しさん@おーぷん 2015/01/15(木)22:31:16 ID:SvF
本当に些細な事なんだけど、現在進行形で衝撃なこと

夫と結婚する前、お願いだからお弁当には毎日ごぼうサンドイッチを入れて欲しいと言われた。
ごぼうが大好きだから毎日食べたいんだって。
毎日ってwって思ってOKして、さて何日で「たまには違うサンドイッチにしてくれ」って言われるかな?って思いながら毎日作り続けていたらいつの間にか結婚して15年が経っていた。
15年間週5日毎日ごぼうサンドイッチを食べ続けて飽きない夫に、どれだけごぼう好きなんだよ、とまず衝撃。

この前ふと、我が家のごぼう消費量を調べてみた。
月に50本は消費してた…
ほとんど夫のせいなんだけど、(週に二回はごぼう料理をリクエストされる)本当にどんだけ好きなんだw
我が家のごぼうエンゲル係数にまた衝撃。

余談なんだけど、この前夫の誕生日があった。
びっくりさせようと思って、朝は何も気付いていない素振りで一緒に出勤したふりをしてこっそり有給をとって以下のメニューを一日掛けて作った。

・ごぼうの炊き込みご飯
・ごぼうサンドイッチ
・きんぴらごぼう
・ごぼうサラダ
・ごぼうの唐揚げ(プレーン・カレー味)
・たたきごぼう
・ごぼうクラッカー(アボカドごぼうペーストディップ)
・ごぼう汁

極めつけの誕生日ケーキはごぼうとくるみのタルト。
私の予想では「ごぼうしかないやんw」って突っ込んでくれると思ってた。
でも家に帰ってきて食卓を見た夫は泣きだした。
「嬉しい、嬉しい」
って、パーティに呼んでた子どもたちもうちの両親も義両親もいるのに
「○○と結婚できてよかった。おいしい。おいしい。幸せだ」
って恥ずかしいこと言いながら泣き止まずにごぼうを食べる夫を見てこっちまで泣きそうになったわ。


続きを読む

100: 名無しさん@おーぷん 2015/01/14(水)18:48:48 ID:J5r
長文失礼します
自分が小さい頃なのでもう20年近く昔の話
その日は子猫を拾って飼うことに許可を得た次の日で、早く子猫の待つ家に帰りたくて学校からの帰り道をダッシュしてた
公園に差し掛かったとき、20代前半くらいの男が公園から出てきて、ダッシュ中の私に話しかけてきた
男曰くコンタクトを落としてしまって困っている、いっしょに探してくれないか、と
しかし私はさっさと子猫のもとに帰りたい、ついでに言うと公園から出てきたのに公園横の道路を指差してこの辺に落としたと言い張っててなんか怪しい
すごく急いでるんです!と答えて去ろうとするといやでも今ほとんど見えてないんだけど、と焦った様子で畳み掛けてきた
見えてない?!これはチャンス!と思った私は「じゃあ私のことも見てなかったことにして下さい!」と叫んで走り去った
男はなんか「えっ…」って言ってたけど構わずダッシュで帰宅
ひとしきり子猫と遊んだ後母にそう言えばこんなことがあったと報告
母は変な人もいるわねえと流してしまった…多分時代もあるんだと思うけど
数週間後母にこれって!あんた!と言われて覗き込んだ新聞記事には全く同じ手口の強制わいせつ犯が隣町で逮捕されたと書かれていた
なんでも探すのを手伝った子にコンタクトを踏ませてお前が壊した弁償しろ、できないなら体を触らせろと迫っていたらしい
その時は普通の人に見えたのに何て卑怯なやつなんだ!と衝撃を受けたが
大人になった今そいつの卑劣ぶりに腹が立って仕方ないのと
もしその時点で私が警察に連絡してたら次の被害者は出なかったんじゃ、と自分にも腹が立つ
今書いててなんか怒りが蘇ってきた…警察に突き出してやりたかった


続きを読む

953: 名無しさん@おーぷん 2014/12/27(土)14:58:18 ID:???
見合いを何度か重ねた上で結婚したんだけど、その内何人かがスレタイ。
よく「見合いに来る時点で売れ残りの事故物件」言われるけど
ほとんどの男性は出会いがない、女性慣れしていないだけの普通の人だった。
むしろ自分の方がKY駄目女だと思う。
それを棚上げ承知で語ると
・初見合い相手は向こうのおっさん仲人が「君写真より可愛いねスタイルもいいしデュフフ」と
あからさまに舐め回すような目付きで全身観察され先制パンチ食らう。
「君側から申し込んだんだから君がリードしたり奢るんだよ」と言われ
ちゃっかりおっさんの飲食代も払わされた挙げ句肝心の相手は
欝な自分語りばかりであまり覚えていない。
なおこのおっさんには後にもう一人紹介してもらうのだが
本人は挙動不審&両親がご近所に迷惑かけまくるDQNクレーマー&宗教BBAだった。
断ってしばらくは凸されるんじゃないかとヒヤヒヤしていた。
・何度か会ってそれなりに順調だったのがスケートで自分が転んで手首傷めても放置、
異常に気が付いて傍に来声一つかけてくれてくれずギクシャクしたまま帰宅。
次会った時に「あの時はさすがにちょっと悲しかったよ~」とやんわり言ってみたら
心に傷がある俺、とある宗教の人に救いを求めている俺語りが始まった。
車で二時間のその施設に隔週で通っているそうで「同じ傷を持つ仲間たちを救いたい」とか言っていた。
仲間も大事かもしれんが目の前の傷ついた人も救ってくれよwと思った。言わなかったけど。
仲人を通して断りの連絡を入れた結果「高い店ばかり行って奢らされる」と告げ口された。
いつも割り勘or自分の分は自分で~だったのだが。

長いと言われたのでいったん切ります。


続きを読む

947: 名無しさん@おーぷん 2014/12/26(金)16:15:05 ID:???
学生の時、ド田舎の駅前で交通調査バイト(パイプ椅子座ってカウンターでカチカチ数えるやつ)をやった。
初対面の同じ歳の男の子と一緒だった。
歩行者も車も驚くほど通らず、2人で真冬の寒さに震えて貧乏ゆすりしながら、退屈しのぎに会話してた。

話してみると、彼とは大学は違うけど同じような学問・研究をやってて、共通の知人も何人かいた。
話題はいつまでも途切れなかったし、灰色の寒空の下で白い息吐きながらひたすら震えてお喋りしてるのも
何だか楽しくなった。
お喋りに付き合ってくれる彼にも好感を持ち、もう会えないのが惜しくて、アドレスを交換してもらった。
何度か連絡を取り合い、それから「会いたいね」となり、会った際交際を申し込んで、付き合うようになった。

しばらくは楽しかった。
でも段々会うごとに、彼の口から「だからイケメンは~」みたいなイケメン憎悪の言葉が出てことが増えた。
「あなただってハンサムだよ」と言うと、苦虫噛んだような顔された。

レストランでキビキビ働いてる店員を(働き者だな~)と見てたら、「イケメンだから見惚れてるんだろ」とか言われた。
人混みですれちがった男性に(あれ、あの人同級生の子かな?似てる人?)と二度見すれば、「イケメンだった?」と睨まれた。
仲の良い弟がいるという話にすら「イケメン?」と嫌な顔で言われた。

10分に一度は「イケメン~」という言葉が出る始末で、会うのが嫌になるようになった。
「そんなにイケメン好きじゃないよ」という私の主張は受け入れられなかった。
「いつかイケメンに心変わりするんだろう」と彼は思ってるようだった。

しばらくは頑張ったが、徐々に無力感を感じるようになり、別れを切り出した。
「イケメンに乗り換えるんだろう」と彼は勝ち誇ったような顔で言った。
「そうかもね」と答えると、彼はホッとしてるようだった。

しばらくは別れたのが辛くて彼を思いだしてたが、あんなに嬉しそうな顔してるのだったら、
あれで良かったんだと考えるようになり、思い出の一コマになった。


続きを読む

931: 名無しさん@おーぷん 2014/12/22(月)16:57:36 ID:???
同居してて20年前他界した父方祖母が、実は字が読み書きできない人だったと
父から聞いた時は驚いたなー

いつもシャキシャキして頭の回転早い印象の人だったけど、貧農の家の長女の生まれで、
学校には一度も行かせてもらえず、農作業手伝いと7人の弟妹の子守係で子供時代を終え、
字というものには縁なく成人してしまったとのことだった。

伯父や伯母、父親が学校通って読み書きできるようになると、泣いて喜んだと言ってた。

そういや祖母のくれるお年玉はいつも袋に宛書がなかったなーとか、
そう目が悪いわけでもないのに、祖父が生きてた時は祖母によく新聞読み上げてたなーとか、
薬屋に行った時「最近の薬は箱に絵がなくていけない」って怒ってたなーとか、
色々思い出した。

一緒に暮らしてて知らなかったのも薄情と思われるだろうけど、世の中に知能が問題ないのに
字が読み書きできない人がいる、しかも日本に、なんて10代の頃は想像もしたことなかったよ。

古い家を取り壊した時、晩年祖母が挑んだらしい般若心経の写経が見つかって、ものすごい膨大な量
あるのに、ものすごい字(字?と言う感じ。漢字知らない外人に書かせたような)で、なんか凄みがあった。
信心深い人だったので、手本通りに上手く書けない自分へのもどかしさを噛みしめながら挑んだのではないか、と
悲しいような怖いような気持ちになった。

マララさんではないが、やっぱり教育は大事だよなーと思ったよ。


続きを読む

このページのトップヘ