453: 名無しさん@おーぷん 2015/01/10(土)19:56:00 ID:nCt
従兄が10年近く、結婚詐欺まがいをやらかしてたこと。

従兄=既婚。30代、2人の子あり、雇われ美容師
従兄妻=美容師。職場結婚し、今は親の店を継いでる。嫁姑仲悪い
A子=従兄の高校時代の彼女で、不倫相手。交際当時、従兄母に交際を反対された。現在他県住まい

年末、従兄の不倫発覚。
しかも相手には既婚と言っておらず、「従兄母が死んだら結婚するから」と言って
ずるずるだまし続けて他県に通い夫していたらしい。
A子は高校時代従兄と付きあっていたが、父親がなにやら事件を起こし前科者に。
それを理由に従兄母に交際を反対され別れた。
その後A子一家は引っ越し他県へ。
しかし従兄とA子は連絡をとりつづけていた。


続きを読む

415: 名無しさん@おーぷん 2015/01/09(金)22:30:55 ID:rVt
新年早々ハートウォーミングな事があったのでお裾分け

高校の時、同じクラスのAの家に子犬が産まれた。
隣のクラスのBが欲しがって、一匹貰った。
一年後、BはAに大きくなったその犬を返しにきた。
Bは特に問題のある人ではなかったし、AはBに犬を引き渡すとき、
里親会のような誓約書も書かせていた。勿論親同伴、判子付きで。
当然A一家は誓約書を見せて激怒したが、B一家は
「自分達はパピーのようなもの、子犬の時だけ面倒を見たかった。
大きくなったら散歩出来ないし思ってたのと違ってた」と悪びれず。
結局A一家は再びその犬を育てる事になった。
幸い犬は可愛がられていたようで元気、久しぶりに会う親犬に歓喜。
当然ながらBは学年中からブーイングを浴びた。しかし
本人はケロリとしたもの。自分の思い通りになったんだもんね。
私やAはちゃんとBに「しね」と言っておいた。

で10年以上経って現在30才でして、
お正月に実家に帰った時に久しぶりにプチ同窓会をやった。
既婚あり未婚あり子餅小梨バツイチ、色々いた。
そこにBもやってきた。
Bは高校生の頃から東大卒のイケメンエリートと付き合ってて
親公認で、大学卒業と同時に結婚すると言っていた。
付属の女子大に進んで就職活動もしなかったし働いてなかった。
家事手伝い。花嫁修業。
ところが27くらいの時にその彼に捨てられたんだそうだ。
婚約してる訳でも同棲してる訳でもなかったので慰謝料無し。
ショックで数年メンヘラになって今ようやく復帰したそう。
女の一番良い時を吸い取られた、元彼に復讐したいとか
そんな事をグダグダ言っていたので、つい
「B、自分が犬にした事と全く同じ事されちゃったねww
可愛い時だけ一緒にいて、年取ったらもういらないってww
若くて可愛いうちは良いけど人生の面倒は見たくない、
一生一緒にはいたくないって親元に戻されたwww」
って口を滑らせたら、周りからとってもウケたよ。
Bは「犬と人間は違う!」と怒っていたけど、周りの犬飼い達から
「犬は可愛い時だけ一緒にいて大きくなったら捨てていいけど
人間はそうしちゃ駄目ってこと?なんで?何様なの?
むしろ、犬はいきなり捨てられたら死んでしまうかもしれないけど、
人間は生きて行けるでしょ。」と言われ、
人間は大切にされるべきなんだとか犬畜生と違うとか喚いていてた。
私とAはご飯が美味しくてたまらなかった。


続きを読む

379: 名無しさん@おーぷん 2015/01/08(木)11:44:42 ID:QTq
もう何年も前の話だけど、実家に弟夫婦が遊びに来てるからあんたもおいでーと母に呼ばれて行ったんだ。
母が料理作ってたらなんかの調味料が無かったみたいで、「タバコ買いに行くついでに乗せてくよ。」って事で弟運転の車で母が買い物に行ったため弟嫁ちゃんと私のふたりきりに。
義姉とふたりきりだと居辛いかな?と思い部屋に帰ろうとしたら「お姉さんにお話あるのでいいですか?」とニコッと言われ席に戻り、なになに?と聞くと理解不能だった。
正確な台詞は覚えてないから内容だけ箇条書きすると、
・お姉さんに家を建ててもらいたい。(弟夫婦のね。)
・もちろん名義は弟、支払いはお姉さんで。
・お姉さんからの結婚祝いが思ったよりも少なくて驚いたから、家を買うっていう事で補ってほしい。
・私達に子供が出来たら抱かせてあげるので不妊治療費を援助してほしい。
何一つとして理解出来ませんwww
弟夫婦に家を買ってやる理由は無いし、万が一買うにしても名義弟支払い私の意味がわからないし、祝儀は弟のためにと奮発して25万も包んだ。
不妊治療の事は申し出があれば多少援助する気があった、けど「抱かせてあげるから」なんて言い方されたら出したくもなくなるって話したらなんでかしくしく泣かれた。
家を買ってくれないならこの家(実家)を下さいよ…。とか不妊治療を馬鹿にしてる…。だとかわけのわかんないことを言ってる最中に弟達が帰宅。
俯いて泣いてる弟嫁と私の構図でいじめか!?と疑われたけど、弟嫁が弟に泣きついて私に言った内容を言ってたから無事に疑いは晴れたけど弟と母もなんだそれ?状態。
その日はお泊まり予定だったのを取りやめて弟夫婦帰っていったよ。
後日弟から改めての謝罪電話と、お姉さんはお金持ちだから家ぐらい買ってくれるものだと思ってた…。って話したと聞いた。
投資家=お金持ちではないんだぜってのを弟が懇々と説明してなんとか納得したそう。
けどいまだに弟嫁本人からは何も言われてない。


続きを読む

322: 名無しさん@おーぷん 2015/01/06(火)10:02:41 ID:eG2
先月かーちゃんが亡くなった。
もうかなり前から体調悪かったみたいなんだけど気付かなかった。
気付かなかったってのは違うか。
顔色が悪かったりすぐ息が切れたりしてたのは知ってた。
けどただの風邪程度だと思ってたから心配なんかさらさらしてなかったんだよ。
かーちゃん自身も「どうせ風邪だから病院なんか行かないわよwもったいないw」つってガハガハ笑ってたし。
普通に考えたら、本当に風邪程度だとしてもちょっとぐらい気を使ってやるのが当たり前なのに、かーちゃんはそんな事しなくても大丈夫だと信じ込んでた。
2ちゃんの有名コピペであるじゃん?
かーちゃんはみんなが寝てても起きてくれていて~みたいなやつ。誰かわかるかな?
俺まさしくあの通りに思ってたんだよな。
かーちゃんはスーパーロボットで病気なんかしなくて誰より早く起きてみんなの朝飯と弁当作って、俺が反抗期でかーちゃんに暴言吐いても「どんなに言ってもあんたは私の子供なんだよーんw」と笑って受け止めてくれて。
就職決まった時と親父が死んだ時ぐらいしか俺には涙を見せなくて、家計が苦しいの知ってたから給料をこっそり引き出しに入れといたら「あんたの金は将来の嫁さんと子供のもんだwいつ来てくれるかしらないけど貯めときなさいw」と返されたり。しかも中身増えてた。
こんなかーちゃんが大好きで甘えてたんだよな。
もう俺34にもなるのに、うちのかーちゃんだけは死んだりしないと思い込んでたんだわ。
それが突然死んだ。
朝起きたら洗濯機にしがみついてる姿で死んでた。
相当苦しんだみたいで目がカッと見開いててすんげー形相だった。
かーちゃん癌だったらしくて、それも末期も末期。
ホスピス入りますか?ってレベルだったみたいなんだけど、かーちゃんそれ蹴って家にいたっぽい。
いろいろ医者に言われたんだけどほとんど覚えてないw
かーちゃんが死んだ?癌だった?なんだそれ?っていろんな事がぐちゃぐちゃになってしまってねw
俺が腑抜けのヘタレのノータリンだから葬式の事は叔父達が手配してくれた。
葬式も終わってあらかた落ち着いたら家の中が妙に広くて怖かった。
親父とねーちゃんが事故って死んだ時も同じ様な怖さを感じたけど、あの時はかーちゃんがいたから乗り越えられた。
けど今はそのかーちゃんがいなくなった。
いなくなってから、俺がどれだけかーちゃんを頼ってたのか支えられてたのか実感して泣いた。
まだ気持ちが落ち着いてないから文章すんげー読みにくいと思う。すみません。

お前ら。
親ってスーパーロボットじゃねーぞ。
メンテ無しで延々俺たちのために動き続けるなんて事はあり得ない。
月1でもいいから休ませてやってくれ。
無理やりにでも人間ドックに行かせてやってくれ。
顔色が悪けりゃ病院に連れてってくれ。
俺の親父・かーちゃんに限ってwなんて絶対に思うな。
お前らの親は人間だ。
病気は誰でもなるんだ。
俺はどクズだった。
体調が悪い事を知ってて見て見ぬフリしたんだ。
かーちゃんなら問題ないと思い込んで。
俺みたいなどクズにお前らはならないでくれ。


続きを読む

226: 名無しさん@おーぷん 2014/12/28(日)23:38:55 ID:RUG
子供の頃の体験です
中学校は素行が悪いことで有名な公立中学校
家が遠い生徒は電車通学が義務付けられていて、私も電車通学組
ある日通勤ラッシュでゴタゴタした駅で膨らんだ黒い塊が落ちているのを見つけた
雨の日だったから泥水含んでいて、いかにも汚らしくって誰も見向きもしなかった
落し物かと思って拾ったら、なんとお財布
革の生地が泥水を吸って変形して膨らんでたせいで面影がなくて誰も気付かなかったみたい
水がしたたっていたので、ぎゅーっとして絞ろうと思い、開いたらなんと中から札束がでてきた
クレジットカードみたいなのもびっしりだった
急いで駅員さんに渡したけど、拾った場所とか離してた時、丁度電車が来たので駅員さんの呼び止めも無視して名前も言わず、慌てて乗り込んでしまった

学校で授業を受けていると、先生から呼び出しを食らった
悪いことしたっけ?とビクビクしたら、なんと駅員さんが制服と名札をもとに学校に連絡してきたそうだ
名前と電話番号と住所を伝えて、先生に駅員さんの迷惑を考えなさいと叱られたあと褒められた

そして一週間後、家に五万円分の商品券と手紙が届いた
学校の卒業式とかで読まれる祝辞が書かれているような紙に、草書っていうのかな?伸びやかな蛇みたいな字が書かれていた
達筆すぎて読めなかった
母親も父親も読めないくらい達筆だった
両親が電話して話をしてくれた
相手の人は年を召した男性の声で、ものすごく感謝された
「もう諦めていたんです。戻ってくるわけないと。まさかそのまま戻ってくるなんて。人の温かみに触れることができました」
というようなことを言われました

こんな礼儀正しい大人の人がいるんだ!
なんて紳士的な人だろう、読めない手紙だけどなんか凄いのだけはわかる!
と衝撃でした


続きを読む

178: 名無しさん@おーぷん 2014/12/26(金)01:49:05 ID:Ous

電車とホームの間に下半身全体が落ちた時に、近くにいた人らがすごい手際よく引き上げてくれたことが今でも忘れられない。

当時中学1年生で電車通学を始めたばかりの頃。
満員電車から降りるときに人に押されて、ウエストが電車とホームの隙間に挟まる状態で宙ぶらりんになってしまった。
目線が通勤ラッシュの人の足しか見えないくらいの高さになるほど。
見事に落ちかけてしまって、通行の邪魔になってる、とか、(このまま電車が発車してねじれて)死ぬかもしれない、と思いつつ抜け出そうとしたその時、近くにいたサラリーマン達が両ワキに手を入れて「せーのっ!!」と引き上げてくれた。

手際よく私を引き上げると、さっさと車内に乗り込んでいくサラリーマン達。消防士みたいに訓練しているのかと思うほど、その場にただ居合わせた他人同士とは思えないくらい素早かった。ちゃんとお礼が言えなかったのが心残り。

それまで、スーツを着て満員電車に乗ってる男性らは、無表情で新聞を読んでたり、座って寝ていたりするイメージしかなかった。
電車の遅延や事故で満員電車が足が浮きそうなほどぎゅうぎゅうになったときに、罵声飛ばしたりする人もいるし。
表現悪いけど、満員電車だと会話をする人なんていないから、毎日電車に乗って職場行って帰宅する無表情のロボットという印象だった。
家に帰れば、自分や同級生らの父親のように、それぞれの毎日や人生とかがあるんだと実感したときが衝撃的だった。

あまりに手慣れた様子だったから、私みたいにホームと電車の隙間に落ちる人は結構いるのだろう、とその時は思ったが、それ以降でも、私以外で電車とホームとの隙間に落ちる人は見たことがないorz


続きを読む

52: 名無しさん@おーぷん 2014/12/18(木)19:06:34 ID:nJk
4~5年くらい前なんだけど、学校から帰ってきたら家に包丁持った知らないおじさんがいた時は驚いた。
「忍者に追われてる、さっき奴らに手裏剣でコ○されそうになったお前も奴らの仲間か!?」って包丁突きつけられて人生の終わりを覚悟したわ。
なんというか、完全に目とか仕草が逝ってる感じだったからなんとか「自分は忍者じゃない、実は自分も襲われて逃げてきたんだ!」って説明したよ。
散々疑いの目で見られたけど、何故か「奴らのまきびしはヤバかった。」の言葉で信じてもらえて刺されはしなかった。
「これがお前の武器だ。」って言ってキッチンの果物ナイフ渡されて、同じ所に隠れようと言われたけど、「別々に隠れた方がもし見つかった時にどちらかは逃げられるから!」と押し切って自分は父の書斎(一番頑丈な鍵付いてる部屋)に逃げ込んで即効110した。
電話してる最中におじさんが「ここまで来たのかー!うおー!」みたいな事を叫びながら暴れ出して、ガシャーン!と窓ガラスの割れた音がした。
恐る恐る窓の外みたらおじさんが隣の家の田んぼの方に走って逃げていくのが見えて九死に一生を得た。
警察も来てくれておじさんはすぐ捕まった。
田んぼの鳥よけのCDを割りまくってたらしい。
今でこそ笑い話に出来るけど1年くらいはカウンセリングや病院に通うはめになったよ。


続きを読む

11: 名無しさん@おーぷん 2014/12/16(火)09:47:35 ID:8z2
自分の馬鹿っぷりに衝撃が走ったわ。
中二まで「電池」を「れんち」だと思ってた。
筆記ではちゃんと「電」と書いているのに何故「れ」だと思ってたのか。
会話でも「れんち」って言ってたと思うんだけど、他人には「でんち」に聞こえていたらしい。
間違い気づいたきっかけは、母が買い物に行くときに欲しいものがあったらメモに書けと言われて、サササーっとカタカナで「レンチ」と書いたから。
母になにこれ?と言われてやっときがついたorz


続きを読む

992: 名無しさん@おーぷん 2014/12/15(月)20:02:26 ID:aWv
母が死にかけて次男が豹変した。

私は3人兄妹の末っ子。
当時は高2でもうすぐ3年ていう時期で進路を決め本格的に受験勉強に突入する時期だった。
長男は大学を出てそれなりの職に着き独立した。実家から飛行機レベルの遠い地に住むことになり1年に1回顔を合わせるかのレベル。

そして問題の次男は大学受験に失敗し地元で有名な悪の集まりに入り、日に日にDQNレベルが増していった。
警察のお世話にもなってたし、私の下着を売ったりして小銭稼いだりしてた本当に糞レベルな人間だった。
母も何度も警察に迎えに行ったりしたし叱りつけたりしてたけど素行が良くなることはなかった。
もちろんまともな職にはついていないしフリーターでもない。

そして忘れもしない3月が終わろうとしてる時の大雪。
母が仕事から帰る際にスリップした他の車に巻き込まれ、川沿いの土手から車ごと転落。
頭部を強打して急性硬膜外血腫で死にかけた。
たまたま近くに医者がいて救急車よりパトカーが速いってことパトカーで病院まで連れて行ってくれたから命は助かった。
救急車はその日は転倒者とかが多くてすぐには来れなかった。

でも、母は1週間意識不明で意識が戻っても1週間ほど脳障害の影響で幻覚幻聴による支離滅裂なことを病院でしていた。
その時に次男が病院に行って母の様子を見たそうだ。
看護師が病室の前で泣いている次男に声かけたらしい。
そしたら母をよろしくお願いしますって言って次男は消えた。


続きを読む

987: 名無しさん@おーぷん 2014/12/14(日)17:35:05 ID:MFV
遅刻が怖過ぎて、気がついたら記憶が無かったこと。

私は学生時代、電車遅延以外の遅刻をしたことなかった。
社会人になってからは益々遅刻が怖くなって、絶対に遅刻しないように会社に1時間前に着くようにしてた。
ある日電車が遅れて、30分前に会社到着。上司何人かに、「今日はいつもより遅いねー」って、言われた。別に遅くないんだけど、すごく失望された気がして怖くて怖くて壊れた。

寝過ごすのが怖くて眠れなくなってね、11時に布団に入って、2時くらいまでアラームかけたのかひたすら確認、再確認。
朝も二度寝が怖くて、4時半から6時まで15分おきにアラーム設定。

そんな生活を一年くらいしてたんだけど、ある日を境に休み時間になるとスイッチがOFFになったロボットみたいに動かなくて、同僚が話しかけると前日と全く同じエピソードを話すんだって。
気がついたら何日か分の記憶がなかった。その間も普通に仕事出来てたらしいんだけど、ストレス性の蕁麻疹で顔は腫れるし、たまに涙を溢れさせながら仕事してたらしくて、会社から勤務時間でも構わないから、今すぐ医者行けって言われた。
医者に行ったらストレスの原因を取り除かないと治らない、一度休んだほうがいいって言われて、仕事辞めた。この間もぼんやりとしか記憶がなく、気がついたら無職だった。
目が覚めて、びっくりして会社に連絡したら、きっちり引継ぎマニュアル作って辞めてたから問題なかったって。
私のストレスは遅刻恐怖の他に、仕事が多すぎるっていうこともあったみたいで、私が辞めた後、仕事が回らなくて半年で4人補充したそう。部長さんが嘆いてた笑

その後、すぐに夫と結婚。
周りになんで若くてまだ子無しなのに嫁遊ばせておくのか?って、夫が責められてて本当に胸が痛かった。
夫は「帰ったらピッタリにうまい飯とお風呂と嫁が待ってるんですよー、一馬力でも飯美味いし、やりくり上手な嫁なんで問題ないっすー。」って、のらりくらりかばってくれてた。
その頃、私は最寄りのスーパーにも出かけられない状態だったから、夫なしだったらどうなってたのかわからない。

数年経った今、近くなら1人で外出も出来るようになったし、夫念願のチビがお腹にいる。私に出来ることはまだまだ少ないけど、生まれてくるチビのために、もっともっと強くなりたい。夫が大好きだー!


続きを読む

971: 名無しさん@おーぷん 2014/12/13(土)10:59:46 ID:B22
母が小説家だったと知った事。

結婚前に小説の新人賞をとってデビュー、2冊ほど本を出したが売れなくて廃業したらしい。
その後見合いして父と結婚、今は事務員パートで普通のおばさん。
伯母の家に行ったとき母の旧姓+名の本があって初めて知った。

驚いたことに父も知らなかったらしい。
母が言うには「売れなかったし、恥ずかしいから。もう絶版だし言うほどのことでもないでしょ」

私はすげーと思ったが亭主関白タイプの父は「母に受賞歴があった」事に
プライドが傷ついたらしく以後モラハラ父になってしまった。
何かというと「作家先生は違うね」だの「小説家のセンセイなら何とかできるだろ」と
チクチクイヤミ&すべてを母に丸投げするようになり
ああ、だから母は黙ってたんだなと納得した。

結局「一族の大岡越前」こと曾祖母が父に「おまえ、ひがむな」と一喝するまで
くだらないモラハラは続いた。
半年くらい家の居心地が悪くて最悪だった。


続きを読む

920: 名無しさん@おーぷん 2014/12/10(水)14:49:35 ID:iwq
友達がクソコトメになっちゃったよ~~。

友達は40歳毒で実家(裕福らしい)住まい。
仕事熱心で知的好奇心が強く気も強いが正義感も強い。
けどお兄さんが結婚してから徐々にクソコトメ化していった。
お兄さん夫婦は超近距離別居でご実家と懇意。今は子供もいる。
友達は特にブラコンでは無かったけど、まあ兄嫁を罵る罵る。
要するに兄嫁さんは女子力強いリア充で、それがムカつくらしい。

・流行りのへたうま字を書く
・ニット帽のチョコンとした被り方
・しょっちゅう赤ちゃんを見せに来る
・キーボードの打ち方がイラつく
・皿の趣味が悪い
・子持ちの癖にノースリーブを着る
・ミュールを履く
・持ち物にピンクが多い
・この間はなんとニットまでピンクで
この人駄目だ、と思った
・下町出身だから下品、声も下品

などなど、言い掛かりやんwという事ばっか。
友達は、それらを兄嫁にチクチク言ったり
家族で出かける時も兄嫁が来るなら行かない!とか
免許のない兄嫁に毎回運転を迫ったり溜め息ついたり
子供をだっこして返さないとか着ていた服を脱がせて
自分が用意したブランド子供服に着替えさせたとか、
そういうことを武勇伝のようにドヤ顔で語る。


続きを読む

829: 名無しさん@おーぷん 2014/12/04(木)17:23:08 ID:kTN
俺は久しぶりに友人AとAの奥さんに会ったんだが、奥さんが約半分になっていたので驚いたわ。
半分に…ってのは体積のことね。
3年ぶりに会ったわけなんだけど、あまりの変わりようにとても同一人物とは思えなかった。

俺が驚いたのが伝わってしまったのかAが「妻、物凄く痩せたでしょう」と言った。
Aと奥さんの話によると、奥さんは約2年ほど前に会社の健康診断で太りすぎを指摘されたようだ。
そこからダイエットに励みまくったらしいのだが、そのやり方が結構衝撃的だった。

まず、Aが毎日カロリー計算&料理を全て行うことに。
しかし奥さんはどうしても過剰に食べてしまったみたいで、
Aは奥さんに『上限の1400kcalをこえる量を食べたら、その分罰金』と約束させた
(100kcal余分に食べたら100円罰金…という具合で)。
Aは最初は毎日2000~3000円ほど徴収する羽目になり、悲しい気持ちと嬉しい気持ちが半々だったみたいだが、
次第に奥さんの食べる量は減っていったということだっだ。

もちろんスムーズに体積が半分になったわけではなく、隠れ食いやら罰金支払い拒否やら色々あったみたいだ。
Aがカロリー計算ノイローゼになって電卓破壊したりなども。
でも結果的に夫婦仲は以前よりよくなったみたいだし、Aと奥さんの努力には感心したわ。


続きを読む

808: 名無しさん@おーぷん 2014/12/03(水)17:37:55 ID:vlv
結婚するとき、親友のAちゃんがテディベアのぬいぐるみをプレゼントしてくれた。
その友達、テディベア作りが趣味な人でウエディングドレス姿のを作ってくれて
それがすごく可愛くて、ケースに入れて棚に飾っていた。
あれから四半世紀が経って、現在私は認知症の義父を在宅介護中なんだけど
その義父が私が気付かないうちにそのテディベアをうちのトイプーにオモチャとして与えてしまった。
私が気付いた時には目と鼻がもげて片手が千切れていた。
トイプーを叱るわけにもいかないし、義父に言っても分かんないし
半泣きで裁縫道具を出して慣れない手つきで修理していたら
パンヤの中に何か薄くて固いものが入ってるのに気付いた。
なんだろうと思って出してみたら、幸福駅の切符だった。
そして重ねるように小さな紙が入ってて「見つかっちゃった?えへへ」とイラスト入りで。
涙腺決壊・・・もう泣けて泣けてその日には何もできなかった。
なんでこんないい人が45歳の若さで珍走団なんかに殺されなきゃいけなかったのか。
泣きながら元通りパンヤの中に埋めて、元のテディより不細工になっちゃったけど頑張って縫った。
糞じじいいいい!と思ったけど、おかげで気が付けたからヨシとしよう。


続きを読む

803: 名無しさん@おーぷん 2014/12/03(水)16:08:14 ID:Elh
もう20年以上前の話し。

嫁の実家に結婚の挨拶行ったときなんだが、当時社会人2年目でさ、ガチガチに緊張してたのよ。
義父さん銀行マンだって言うしさ。
凄く固くて厳しい人だと思ってたから嫁子さんを僕に下さいなんて言おうもんなら
取って食われんじゃないかとビビってた。
で、当日に
俺「ぼ、僕と結婚してください!

ってお約束の言い間違えしちゃったら
義父「なんと、わしを好きと申すか!」
って言い出して俺ぽかーん。
嫁と義母爆笑。
義父さん当時出たドラクエ5やりこんでたw
お堅い真面目な人だと思ってた義父がゲーム好きの面白い人だと判ったときは衝撃的だったな。
俺も義父さんもいい歳だから最近のゲームは知らないけどいまだに仲良くしてくれてる。
長生きしてくれ。


続きを読む

このページのトップヘ