617: 名無しさん@おーぷん 2017/10/28(土)13:44:25 ID:28n
小学二年生の、ちょうど今ぐらいの季節の頃
学校から帰って、いつものようにただいま~と家のドアを開けたら
母親が飛び出してきて、「行くよ!」と叫んで私の手を掴んで
グイグイ引きずるようにして歩き出した。痛い、やめてと言っても離してくれない
そして車に乗り込むと無言で走り出す。どこに行くのかと聞いても全く無言の母。
高速に乗って、途中でウドン食べたりトイレ行ったりで休憩したけど
母親はその間もほとんど喋らず、目を吊り上げ口をひん曲げてた。
見た目はお母さんだけど、きっと何かに乗っ取られてるんんだと、その時の自分は思った。


○ピックアップ記事○

去年の春、妹に高額の副収入があることがタカリ大好きな伯母にバレて、うちに乗り込んできた。妹と伯母の悲鳴が聞こえ、俺がそこで見たものは…

朝起きたら留守電に「今すぐ来て」とだけ入っていた。知らない番号だったので着信拒否 →先月非通知で10件ほど着信があったのだが放っておいたら…

会社で全員車通勤なのでガソリンカードが至急されている。その中に異様に請求額が高いカードがあったので執行役員にチクってみたら…

次男嫁が妊娠したが次男は海外に単身赴任していて、誰の子だと大騒ぎになり…

冬に職場で麦茶を温めていたら、バイトのAさんがやってきて「冬に麦茶を飲むなんて非常識極まりない」「有り得ない!」と大騒ぎ。「この件は課長に報告するから!」

有名人のお連れ様「僕のこと知ってますか?」私「存じ上げておりません」お連れ様「素敵な接客をありがとう、次もまたよろしく」→バイトが終わったあと、先輩らに詰め寄られ…

婚約者「俺に好きな子できたらその時は笑顔で離婚してほしい、 子供がいたら母親のお前が愛情込めて育ててくれ、その時はお金の話なんかしないでほしい」

新人「あー、めまいがー」→突然俺の替えたばかりのグラスにマグカップを叩きつけてきて…

管理人さん「勝手に自転車を停めるのは不法侵入ですよ」不法駐輪親「許可を取ってる!」住人「へ?」→

夫「早期リタイアして田舎住まいする。不安ならお前だけこっちに残って働いて仕送りしてくれていいよ(キリッ」

公園で子供達を遊ばせてたら服がドロドロに。うちのワンボックスで着替えさせてたら、見知らぬ母親と子供が出てきた。

妹「彼氏から『結婚契約書』を渡された」俺「離婚の時の財産分与をどうこうとかってやつか」妹「違う、何かおかしいの」→画像データで送って貰ったら…

女性「新幹線の時間に間に合わないから乗らせてもらいます!」すごい勢いで割り込んできて…

兄が風邪で寝込み、彼女に「伝染るといけないから来ないでね」と連絡した。だが夜にチャイムが鳴り、彼女が来ちゃったか~と思ったら、そこにいたのはバイト先の女性…

うちの旦那は工場勤めなんだけどやたらいじってくるママ友がいる。ママ友「工場勤めなだけあって体力あるわー」「私服通勤なの!工場勤めは毎朝楽ね!」

すっかり真夜中になったころ高速を降りたら、
今度は山道みたいなところをグネグネ走っていく
さすがに怖くなって「お母さん、どこに行くの、ここどこ?」となんども聞いたら
「うるさい!黙れ!」と怒鳴られた
母は普段とてもおとなしくて、怒鳴ったことなんかないから
やっぱりこの人はお母さんじゃない! どうしよう、悪い奴にさらわれた~ と震え上がった

やがて、なんかテレビでしか見たことがないような古い大きな屋敷の前に着いて
また母は私の腕を掴んでグイグイ進んでいく
屋敷の戸が開いてお爺さんお婆さんと、オジさんが出てきて
そうしたら母がしゃがみ込んでギュワわあああみたいな声を出して泣き始めてしまった

そのあと屋敷の中に入ったんだけど、中はものすごく暗くて
母と見知らぬ人たちが、聞いたことのない「ウンワカウンワカ」みたいな言葉で喋ってる
私は、ああどうしよう、これは絶対宇宙人だ、私は攫われちゃったんだと
すっかりパニックになってしまった
なんとかしてここを逃げ出さないと命が危ない、そう思った私は
皆が喋るのに夢中になっているスキにそっと外に出て、そのまま走り出した

走り出したはいいけど、辺りは真っ暗な山道で
どこに行ったらいいかも分からない
その時頭にひらめいたのはヒッチハイク。そうだ、車を止めて乗せてもらえばいい!
しばらく走ったら、広い車道に出たので、そこで待っていたら車が来た。
手を挙げて車道に出たら、車が急ブレーキを踏んで蛇行
逸れたと思ったらすごいスピードで去ってしまった。

どうしよう…と呆然としてたら、後ろから呼ぶ声がする。
見たら、さっきの屋敷の中にいたオジさんとオバさん、それから高校生くらいのおにいさん。
私は逃げようとしたけどすぐに捕まり、泣いて騒いだけど屋敷に連れ戻された

618: 名無しさん@おーぷん 2017/10/28(土)13:53:02 ID:28n
まぁオチは分かると思うけど
その屋敷は母の実家で、オジさんは母の兄。おにいさんは私の従兄弟。

母は父との結婚を親に反対されて、家出して結婚した。
夫(父)とうまくいかなくなっても、もう実家には戻れないんだと思い込んで
ひたすら我慢していたけど、どうにも我慢できないことが起きて
どっかーんと爆発したあげく、私を連れていきなり実家に戻った、ということ。

そんなこと何も知らない私は、うちゅうじーん!!とか泣いて騒いだらしく(あまり覚えてない)
大人たちに慰められたり笑われたり。
子供心には、笑い事じゃなく本当に修羅場だったんだけどね

いや、夜の山道で突然ランドセル背負った子供に飛び出された車が
一番の修羅場だったかもしれないけど

625: 名無しさん@おーぷん 2017/10/31(火)07:56:43 ID:H6P
>>618
あなたが轢かれなくて良かったよ。
あなたのためにも、あなたにヒッチハイクされそうになった車の運転手さんのためにも。


笑える修羅場、衝撃体験【お茶請けに】3
http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1471866304/




おすすめ記事