774: 名無しさん@おーぷん 2018/04/05(木)22:00:29 ID:VSx
数年前まで付き合っていた彼女の話。

こっちは社会人で向こうは大学3年生だった。
外資系だったので本社とテレカンになると夜始まりになるためデートも少なくなったが
俺は本社と仕事出来ることが嬉しくて彼女を適当になだめ残業の日々になった。
そしたら「そんな残業してるなんて俺君が無能だからでしょ!うちのパパはいつも定時だもん」
と言われた。


○ピックアップ記事○

去年の春、妹に高額の副収入があることがタカリ大好きな伯母にバレて、うちに乗り込んできた。妹と伯母の悲鳴が聞こえ、俺がそこで見たものは…

朝起きたら留守電に「今すぐ来て」とだけ入っていた。知らない番号だったので着信拒否 →先月非通知で10件ほど着信があったのだが放っておいたら…

会社で全員車通勤なのでガソリンカードが至急されている。その中に異様に請求額が高いカードがあったので執行役員にチクってみたら…

次男嫁が妊娠したが次男は海外に単身赴任していて、誰の子だと大騒ぎになり…

冬に職場で麦茶を温めていたら、バイトのAさんがやってきて「冬に麦茶を飲むなんて非常識極まりない」「有り得ない!」と大騒ぎ。「この件は課長に報告するから!」

有名人のお連れ様「僕のこと知ってますか?」私「存じ上げておりません」お連れ様「素敵な接客をありがとう、次もまたよろしく」→バイトが終わったあと、先輩らに詰め寄られ…

婚約者「俺に好きな子できたらその時は笑顔で離婚してほしい、 子供がいたら母親のお前が愛情込めて育ててくれ、その時はお金の話なんかしないでほしい」

新人「あー、めまいがー」→突然俺の替えたばかりのグラスにマグカップを叩きつけてきて…

管理人さん「勝手に自転車を停めるのは不法侵入ですよ」不法駐輪親「許可を取ってる!」住人「へ?」→

夫「早期リタイアして田舎住まいする。不安ならお前だけこっちに残って働いて仕送りしてくれていいよ(キリッ」

公園で子供達を遊ばせてたら服がドロドロに。うちのワンボックスで着替えさせてたら、見知らぬ母親と子供が出てきた。

妹「彼氏から『結婚契約書』を渡された」俺「離婚の時の財産分与をどうこうとかってやつか」妹「違う、何かおかしいの」→画像データで送って貰ったら…

女性「新幹線の時間に間に合わないから乗らせてもらいます!」すごい勢いで割り込んできて…

兄が風邪で寝込み、彼女に「伝染るといけないから来ないでね」と連絡した。だが夜にチャイムが鳴り、彼女が来ちゃったか~と思ったら、そこにいたのはバイト先の女性…

うちの旦那は工場勤めなんだけどやたらいじってくるママ友がいる。ママ友「工場勤めなだけあって体力あるわー」「私服通勤なの!工場勤めは毎朝楽ね!」

そんな事言われて流石にカチンと来てほぼ自然消滅のように会わなくなった。
半年程会わなくなった頃、「新しい彼氏が出来たからもう連絡してこないで。
彼は〇〇(有名大学サークル)のトップなの」みたいな2人の写真付きラインが来たので
連絡先も消して返事もせず放置しておいた。

775: 774 2018/04/05(木)22:00:55 ID:VSx
俺は俺で仕事が楽しくなり彼女も作らず熱中していたら本社から異動してきた聡明な美人と付き合うようになった。
ある経済雑誌にうちの会社が取り上げられてその中の若手社員ってことで俺が小さくインタビュー記事になった。
それを元彼女の友達が見て元彼女に言ったらしく「私の為に仕事頑張ってくれたんだね。もう一度付き合ってあげてもいいよ」とラインが来た。
共通の知り合いである後輩曰く、元彼女は就職活動がうまくいかず記事に出ていた平均年収に目が眩み俺と結婚して専業主婦になろうと目論んでいたらしい。

776: 774 2018/04/05(木)22:03:46 ID:VSx

ちなみに彼女はバカ女子大。
このご時世、余程のことがないと大卒で就職出来ないってないと思うのだが意識高い系のバカなので電通とか博報堂みたいなブランド社しか受けてないらしい。
何をどう勘違いしているのかは知らないが「私は同じ会社のバカ女たちとは違うの」って態度だったもんな。
それ以下の馬鹿だったけれど。
何故か接客業とかをすげー馬鹿にしていたのが不思議でしょうがなかった。
顔は藤田にこる?に似ていてちょっと微妙だったけれど若いし、まぁ刺激になったしで付き合ってはいたけれど正直結婚はないなーって相手だった。
何より何とかってリーダーと付き合ってるとかで振られたの俺だし。

777: 774 2018/04/05(木)22:04:13 ID:VSx
× 同じ会社
〇 同じ学校

778: 774 2018/04/05(木)22:16:22 ID:VSx
彼女は別に気にするでもなく「大変だねー」って調子だった。
そしたらある日、会社の最寄口に元彼女がいてこっちを見て必死な形相で近寄って来た。
マジびびったが彼女と一緒だったので表面は堂々と「久しぶり。あ、紹介する、彼女」と彼女を紹介した。
あの時の元彼女の驚愕とした表情は忘れられない。彼女を頭の先からつま先まで本当に何往復も見てゆっくりうなだれて
「ああ・・・そう・・・」とか何とか言ってそのまま帰って行った。
彼女は元彼女がなりたくても到底慣れない本物の美人なんだよね。
しかもスタイル良いし雑誌から出てきたような洗練された美人で流石に俺との復縁はないと悟ってくれたらしい。

779: 774 2018/04/05(木)22:16:49 ID:VSx
何か書いてみるとこのスレじゃなくて「ちょっとした悪戯」スレだったかなと

780: 774 2018/04/05(木)22:19:01 ID:VSx
でも「残業するのは無能だからだ」で冷めたので書かせてもらった。

781: 名無しさん@おーぷん 2018/04/05(木)22:21:03 ID:Zi9
とりあえず現彼女が美人で聡明で美人で美人で元彼女はとうてい勝てないレベルの美人なことは分かったよw


百年の恋も冷めた瞬間 Open 7年目
http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1503051974/




おすすめ記事