89: 名無しさん@おーぷん 2015/04/04(土)20:21:07 ID:bx6
数年前の話
いつものように仕事帰りの電車に乗り「早く家に帰りたいなぁ」なんて思っていた時
電車に盲導犬を連れたお婆さんが乗ってきた
私も含め乗車客皆が「珍しいなぁ。やっぱり盲導犬って利口だねぇ」なんて思ったり声に出してたりしていた
何駅か過ぎてから男の子と女の子の子供を連れた親子4人組が乗車してきた
子供たちは盲導犬に気づくとすぐさま「わんちゃん!わんちゃん!ワンちゃんが乗ってる!」
なんてはしゃぎ始め、盲導犬に触ろうとしていた。


○ピックアップ記事○

▶A「手始めに5万持ってきたわ~」私「???」B「絶対ばれないよね~、全然見てないし」→

▶後輩「奥さんどうして仕事やめたんですか!結婚したら夫によりかかって自立しないの恥ずかしくないんですか!」

▶ちょっとした臨時収入+嬉しい出来事があり、幸せのお裾分けと考えてお中元を奮発してみた →その相手から電話がかかってきて…

▶義妹の婚約者がウワキした。結局なんだかんだ義妹と婚約者はヨリを戻して、「義妹の納得いく結果になったんなら良かった。」ってみんな思っていたのだが、その後…

▶彼氏「働くために借金とか本末転倒すぎだろwwwココ(頭トントンしながら)大丈夫で~す~か~?www」

▶彼の部屋に初めて行った日1DKの狭い部屋でベッドの上に立ち、部屋を見回しながら衝撃的な事を言われた

▶義兄弟「子どもたちをじっちゃんばっちゃんに会わせたい」私や夫に断りなく、我が家におしかけてきて…

▶お客様「返品したい商品があるんだけど持って来ていい?」→同じ手帳を60冊持って来た…

▶義兄嫁が生まれた子に、うちの娘と似てる名前をつけようとしていてもめているのだが…

▶友人が理想の男性と出会い、お花畑状態に。その彼のお父様のお葬式で「お疲れ様!スピーチかっこよかったよ!ついに三代目就任だね、頑張って若旦那っ^^」→皆唖然…

▶友人Bの婚約祝いをしたのだが友人Aが絡む絡む。「俺がフった女でよければどうぞ」

▶自称鬱で勝手に仕事を辞めて以来「休養が必要な時期だから!」とダラダラゲーム生活を送っている旦那が「嫁ちゃんの小遣いから実家に仕送りしたい」と言い出し…

▶夫を亡くしてる配偶者に全部押し付けようとしていたお前らの神経がわからない

▶友達の原付バイクを倒してしまい片方のカウルを割ってしまった。友達「買い換えようと思ってたから一部を負担してほしい。5万くらい出せる?」→了承したあとその話を上司にしたら…

▶知り合い紹介で仲良くなった男性「新人が300万持って行方不明になった。すまないが金を貸して欲しい」→断ってから一週間後、改札で女性に手を掴まれて…

▶友人「好きな人が出来て、その人のことばかり考えている。苦しい」→その2日後友人は手紙を残して駆け落ちし…

▶友人が兄嫁さんいびり倒して友人兄にぶん殴られて絶縁されたって泣きついてきた。「家の中に自分と母親以外の女が入ってくるなんて気持ち悪い!お兄ちゃんは騙されてる!」

▶夫「オカンとオトンが旅行帰りに寄ってった。(私が)帰って来るまでに追い出したけどゴメン」→手紙が残されており中を読んでみたら…

▶親父が亡くなりお袋が兄貴夫婦に同居を言い出した。兄嫁もその話にノリノリだったんだが俺は止めた。→どっちも全く話を聞かず、同居が始まったが…

▶義兄嫁からお年玉をせびられた。断ったらきょとーんとしてからわあわあ泣かれて…

▶結婚当初から義兄に嫌われていた。誰もいないとブスブタとニヤニヤしながら罵ってきて、殴るふりをされ…

▶兄「あれはブスすぎwwwwwwww相手には悪いが許容できる年齢は25までだからwwwwwwww」→その後…

▶引きこもり歴21年、現在28歳の姉。父が亡くなったのをきっかけに私と母と弟は姉を捨てる決心をした

▶両親を亡くした甥から「自分を引き取って欲しい」と連絡が来たんだけどwwwwww

▶旦那と離婚成立!離婚原因は旦那によるおかず泥棒。食い尽くすのは何故かお弁当用のおかずのみという謎で…

事態に気づいたお婆さんは子供たちに「ワンちゃんは今お仕事中だから触らないでね。」と優しく声をかけたが
子供たちは「ええ!なんで、触っちゃダメなの!ママ、ワンちゃん触っちゃダメだって!」と騒ぎ
少しは親も注意するだろうと思っていた矢先
母親が「ちょっと!子供が触りたがってるんだからいいじゃない!減るもんじゃないし」
さらには父親まで「触るくらい問題ないだろ。ケチくさい」なんて言い始める
「あぁ子も子なら親も親だな」と呆れていたら
少し離れたところから大柄なヤ○ザというよりマフ○アっぽいおっさんがやってきた
騒ぐ親を払いのけ、子供たちの前でウ○コ座りをして第一声
おっさん「ギャアギャアやかましい。電車では騒ぐなって教わんなかったか?ボウズに嬢ちゃん」
    「おい。この犬はな、今お仕事してるんだ。お前たちはそれを邪魔しようとしたんだ。わかるか?」
    「そうだな。ボウズ、お父さんがお仕事をしている時に遊んで遊んでなんてくっついたらどうだ?お父さんはどう思う?」
    「嬢ちゃんもお母さんが料理している時同じようなことしたら、お母さんどう思う?」
子供達「邪魔だと思う」
おっさん「そうだ。それはしていいことか?悪いことかわかるよな?わかったらお婆ちゃんとワンちゃんに迷惑かけてごめんなさいしろ」と言い
子供たちは「おばあちゃんワンちゃんごめんなさい」とペコリ。
そして、おっさん「よし!一つ勉強になったな。ご褒美をくれてやろう。好きなの1つ選べ」といい
某下を出した女の子のイラストの棒付きキャンディの袋をカバンから出した。
正直「その顔でそれかよ!似合わねぇ!」なんて思ってしまいました
で、子供たちは選び終わったのかおっさんに「ありがとう」なんて言っていたら
おっさん「じゃぁもう1つ選びな。お父さんとお母さんに俺がさっき教えたこと伝えて、お婆ちゃんとワンちゃんにちゃんと謝ったら今選んだのご褒美に上げな」
その一言で私は「あっ!そういえばこの子達の両親」なんて思い出し、両親を見るとゆでダコみたいに真っ赤
さらにおっさん「ちゃんと子供に教える立場になってくださいね」と言い元の場所に戻っていった
その後は恥ずかしそうに両親も謝り、すぐさま次の駅でその親子は降りていった

ちなみになんであんな飴持ってたのか気になって
おっさんが友人らしき人との会話を聞いてたら
禁煙しているからだったそうです
あと、彼おっさんじゃなくて老け顔の大学生だったらしいです


何を書いても構いませんので@生活板  4
https://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1427861722/




おすすめ記事