784: 名無しさん@おーぷん 2015/07/15(水)20:27:14 ID:Bzr
16歳の時都合により一人で渡米していた。
小さい和食の食堂でバイトをしてた。
オーナーは日本人のいかにもオカンなおばちゃんで
とても優しくしてくれた。


○ピックアップ記事○

ある日。一人のお客さんに恋をした。
英語もまともに話せない上にとてもシャイなので
毎日、ランチにやってくるその人を見てるだけだった。
ある日、勇気を出して話かけ名前を聞いた。
驚いた様子の彼だったが、名前を教えてくれて、私の名前も教えてと言われた。
それからカタコトだけど少しづつ会話をするようになった。
「今日の天ぷらおいしいね」とか他愛もない話だが嬉しかった。
しかし、日本にいる母親が危篤で帰国しなければならなくなった。
バイトの最後の日、彼に帰国する事を伝えた。
「さみしくなる」と言われた。
帰国の前日、おばちゃんから急いだ声で電話がかかってきた。
急いでお店に向かったら、涙目のおばちゃんに
カードのついたプレゼントを渡された。
今日も彼がご飯を食べにきたんだけど
帰り際にプレゼントをトレイの上に置いてそのまま帰ったそうだ。

786: 名無しさん@おーぷん 2015/07/15(水)20:34:09 ID:Bzr
まるで映画のワンシーンのようだった、とおばちゃんは少し泣いて
あんたも元気でね、とおばちゃんともお別れをした。
それから数十年、私を日本で結婚し子供も成人した。
彼に会おうとは思わないし、もう彼の名前も忘れてしまった。
けど、たまに夫と喧嘩した時、不安になった時、
昔の事を思い出して自分の歩んできた人生の道を確認している。
あの時の淡く恋していた気持ちを思いだすと
自分が何とも未熟で若かったかと思う。
今はもう小娘ではない。
だから、きっと夫と上手くやっていけると思いながら
ちょっといい気分で夫が待てる

○読まれている人気記事はこちら↓○


何を書いても構いませんので@生活板  7
https://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1435323428/




おすすめ記事