a0006_001837

495: 名無しさん@おーぷん 19/05/21(火)19:05:57 ID:WDa.8n.oo
会社の先輩の人との距離感がおかしい。
他部署の役職者や取引先を「○君」と呼ぶ。私が入社した当初は同い年の人か、それとも親しい間柄なのかと思ってたし、先輩からも「仲良しだよ。友達と言って差し支えない。プライベートでも付き合いがあるんだ」と聞いていた。


○ピックアップ記事○

で、取引先の「B君」と呼ばれてる人にこの間親睦会で初めて会ってみると、なんと40代くらいの人。先輩は20代の若手。
でも先輩は「B君久しぶりっすね!」と言ってるし相手もニコニコ。
私達の上司も「あいつ人の事もちゃんとさん付けで呼ばないのか…でも仲良しならあまり言うのも野暮だよな」とモヤモヤ。

後で「A(先輩)はBさんのことをプライベートも付き合いのあるお友達だって申してましたよ、プライベートでも仲良くされてるんですってね」と私が言うと、
「え!?全くないですよ。困ったな、本当に覚えてない。そんなことがあったら忘れるわけは無いんですが」
私「え?でも君呼びでもニコニコされてたから…」
B「いやー、A君はそういう感じの距離の取り方なのかあって思ってましたから…」

もしかして仲良しって、先輩が勝手に思い込んでただけ!?とようやくそこで気づいた。
上司にも報告して、上司から聞いてみると

・相手が休みでリラックスしてるときに敢えて仕事の事で電話した。それはプライベートとカウントしてるし、仲良くしているから出てくれたと感じた

・自分が能力を認めた人にはさん付け、能力を認められない・尊敬するに値しない人には君付けと自分の中で決めていて、そこは譲れない。

・Bさんは年上かもしれないが、子供もいないし資格の数も自分より少ない。更には母子家庭の生まれという事で、あまり尊敬できない。でも相手は自分を友達だと思ってくれている。
それを表に出すのは可哀想なので君付けにした。

もうそれを聞いて全員呆れるやら怒るやら大変だった。

496: 名無しさん@おーぷん 19/05/21(火)19:12:57 ID:Syo.n4.sf
>>495
老若男女社員全員で「おいA!」と呼び捨てで見下してあげて
だって尊敬できない人なんだもの

497: 名無しさん@おーぷん 19/05/21(火)19:26:05 ID:WDa.8n.oo
続きます
上司からは

・休みだとわかって電話するという行為はとても非常識。同じ会社の人間でもやってはいけない行為。二度とするな

・お前はこの間俺の冗談に笑っていた部下(私です)に対して、「上司への態度がなってない」と叱ったがお前の方がなってない

・相手は金が絡むビジネスがあって初めて付き合い始めた人だと忘れるな。友達だと思い込んでいるのはお前だけだ

・それでも礼儀を大事にできない、相手を値踏みする行為を続けるなら、A君のことは「お前」、私さんのことは「私さん」と呼ぶ。お前もやってる事を俺がするだけ。

・単純に、私さんがお前を尊敬できなくて呼び捨てにしたらどう思うんだ?言ってみろ。

と叱って、ようやく「すみません」と蚊のなくような声で謝った。

上司がすぐさま取引先に電話して謝罪すると、Bさんは
「若い子だからねえ、色々間違ってしまったかもしれませんね」
「まあでも仲良く思ってくれてたのは嬉しいですよ、勉強して、頑張ってと伝えてあげてください。」
「仲良くしようと思うことは良いことですから、やり方間違えなければきっと良い方向に動きますよ」

とかなり気遣った返答だった。これで上司の怒りが更にヒートアップし、
「お前はこれでも尊敬できないって!?」と問い詰めると「難しいですが、尊敬するようにします」と答えてた。

因みにその一時間後、先輩の同期にあたる人達がうちの部署に用事で来たんだけど、上司不在のためそこでも「○君」「×さん」と区分けしていた。
その人達から「A君ってなんで君とさんで使い分けるの?」と聞かれていた。

「なんとなく出世しないで俺の部下になりそうな人や続かず辞めそうな人には君、上司になりそうな人にはさん付けしてるんだよw」

と。明らかに他の先輩達が不快そうな顔をした。なんにもわかってない。
先輩達が自分の部署に戻って愚痴ったらしく、上司は怒りで顔真っ赤にして「お前の同期全員に謝れ!!!今すぐにやれ!!!」と怒鳴ってた。

ちなみに君付けで呼ばれた先輩の方がスピード出世した。

500: 名無しさん@おーぷん 19/05/21(火)23:40:28 ID:N8N.e6.sf
>>495
一本筋の通ったバカだなww

○読まれている人気記事はこちら↓○


その神経がわからん!その50
https://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1556281191/




おすすめ記事