電柱

280: 名無しさん@おーぷん 21/01/22(金)16:48:27 ID:6H.bd.L1
コロナ禍をギリギリのタイミングで乗り切ってきている。

自分の結婚式、とてもお世話になった親族の葬儀、自身の転職など、コロナが流行して自粛ムードになったり緊急事態宣言が出たりするギリギリ前のタイミングで無事に終わらせることができた。


記事の途中ですが人気記事はいかがでしょう!!!


意図的に滑り込ませたわけじゃなくて「後から考えるとギリギリだったなぁ」という感じ。
結婚式に関しては、あと1~2週間遅かったら中止か延期、無理矢理実施しても感染を恐れてみんな参加してくれなかっただろう。

葬儀については人のタヒが関わってるからなんとも言えないけど、北海道で行われた葬儀に参加して、最後のお別れもできて本当によかった。その2週間後に北海道独自の緊急事態宣言が発令されて、道外はもとより道内からですら人が集まる葬儀なんてできなかった。

最後に転職だけど、2月ごろに内定をもらって5月から働き始めた会社は感染対策やリモートワークを徹底、給料やボーナスは満額出るしリモートワーク手当(光熱費や環境整備費用という名目)まで出る手厚さで本当に助かった。
元いた会社は体育会系のややブラック企業で、コロナ禍でもリモートワークはほぼ行われず、さらには毎朝の社訓の唱和も欠かさず行ってクラスターが発生したと聞いて、転職して本当によかったと思った。

その他、もともと生活用品をまとめ買いしていたのでマスクや消毒液、トイレットペーパーが品薄の時期も困ることなく過ごせた。
幸い、家族や身の回りの人も健康に過ごせてる。運良くやってこれたことに感謝しながら、今後もしっかり感染対策していきたいと思う。

288: 名無しさん@おーぷん 21/01/22(金)20:11:36 ID:3f.w8.L6
>>280
見習いたい。自分もかくありたいです。


○読まれている人気記事はこちら↓○


何を書いても構いませんので@生活板101
https://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1610876338/




おすすめ記事