電柱

385:名無しさん@おーぷん:22/07/27(水) 19:01:40 ID:aC.tk.L1
20年以上にわたって付き合いのあった職人さんが、すっかり変わってしまったことが衝撃だったし心底ガッカリした

記事の途中ですが人気記事はいかがでしょう!!!


腕前・人柄ともに全幅の信頼を寄せていたので、家をリフォームする際にも迷わず依頼した
本人の専門は水道工事だが、必要に応じて大工さんや電気工事士さんなどの専門業者も使いつつ様々な工事を請け負う、いわゆる一人親方だ
相談~見積もり作成が2020年春、今思うとこの時点でケアレスミスが多かったが、当時はあまり気にしていなかった
ほどなくコロナの流行で着工タイミングを見失ったが、終息を待っていてもキリがないと判断し、2021年夏に工事に踏み切った
この僅か1年強の間に、職人さんの認知機能が急速に悪化してしまったようなのだ
物忘れや勘違いもかなり酷いが、人柄の物凄い豹変ぶりには本当に仰天した
自分のミスを、逆切れして怒鳴り散らすことで誤魔化しているようにしか見えないのだ
着工直前の最終打ち合わせなんてほとんど喧嘩だったが、ここまで来て工事中止なんて不可能だから任せるしかなかった
そして工事の仕上がりは、よく分からない疑問点(水道の蛇口が不自然に高い位置にあるなど)はいくつかあったものの、
暮らせないほどではないし、何よりもこれ以上言い争いになるのが億劫だったので、そのまま完工・引き渡しとした
それからさらに1年、工事箇所にちょっと不具合が出てきているが、職人さんが現役かどうかも不明だし、泣き寝入りするか迷っているのが現在の状況だ
職人さんは現在76歳、耄碌してもおかしくない年齢であり、はっきり言ってもう仕事は無理だと思う
世間では老人も可能な限り働き続けることが奨励されているが、年寄りを使うことはやはりリスクがあることを再認識すべきだろう

386:名無しさん@おーぷん:22/07/27(水) 21:03:13 ID:V1.od.L1
>>385
先月地元に帰省したら親子ともども行きつけだった床屋が潰れてたので親父にその話をしてみたら
「ご主人が認知症になっちゃってな。ちょっと変だなと思いつつ通ってたけど、シャンプーと整髪料の区別がつかなくなってきたあたりでさすがに我慢できなくなって、それからしばらくしたら店を畳んでたわ」
つってたな
切ない話ではあるけど、ヘアリキッドで頭わしゃわしゃされてる親父を想像したらちょっと笑ってしまった
387:名無しさん@おーぷん:22/07/28(木) 07:18:23 ID:2S.rs.L7
>>385
何とも残念だし齢には勝てないと言うことで残酷
私は借金もないけど預貯金ビミョーでいずれ受け取る年金額も大したことないから七十代半ば迄は現役で働かなくてはと考えている
前職だと業務内容の変化や進化がかなり激しいので5年先も予測がつかないと考えて業種変えした職に就いて2年ほど
常時人手不足だから二十代だの経験者ではなくても飛び込める業種ではあるけど最初の年はいろいろな面でとにかく大変で今は何とか慣れたかな?あたり
そのさして長くもない期間でわかったのがいかにして同僚や取引先とうまくコミュニケーション取るかってこと
経験値や知識レベルが高い人でも基本的な「挨拶」や失敗した時の「謝罪」ができないことが続くと切られる
五十代六十代で挨拶もできないとか謝罪もマトモにできないとなると取引先に良い印象を持ってもらえないからどれだけ難易度の高い資格持ちでも切る時はバッサリ切る
私が考えるに年齢を重ねるごとにその人の地金が出てきて挨拶や謝罪を面倒臭がってしなくなるようにも思える
私はこれから経験値や知識をどこまで上げられるかわからないですが基本的な事を面倒がらないようにします
最近二十代後半の人が入ってきましたが見ているとバカにしている相手に挨拶しないとわかるので下手したら試用期間で終わります
今でさえそれなら老人になったら最悪かも
○読まれている人気記事はこちら↓○


今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その31
http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1653216655




おすすめ記事