百年の恋も冷めた瞬間 Open

609: 名無しさん@おーぷん 2014/12/05(金)15:48:33 ID:Qbh
私は基本『割り勘派』
と言っても「どちらかが一方的に我慢する付き合いは長続きしない」と思ってるだけだから
端数までキッチリ割り勘!ってわけじゃなくて「さっき彼が出したからここは私が出す」程度の緩い感じで
何となくお互い平等になればいいかなと思ってる

中距離の彼と付き合った時
毎週片道2時間半かけて彼の家まで車で通ってた(私→実家、彼→一人暮らしなので毎回私が会いに行ってた)
週末はほとんど彼の部屋で過ごすから電気代やガス代など私の分が増えるだろうと
お菓子やジュースを買って行ったり、家で作った料理をタッパーにつめて持っていったりもした
でも、全部割り勘だったんだよね
外食した時も割り勘。スーパーに食材買いに行った時も割り勘
ある日、昼食の材料を買いにスーパーに行って『そうめん』の代金を割り勘にされた時、一気に冷めた
かけてる時間もお金も私の方が圧倒的に多いじゃんって
全然平等じゃないのに表面的な(目に見える)お金だけ割り勘にして男女平等気取ってる彼に耐えられなくなった
「そうめんくらい奢ってくれても!!」と思ったらもうダメだった
片道2時間半、往復5時間かけて会いに行ってる労力とか、差し入れのお菓子代とかは全然考慮しない『割り勘』って
全然『割り勘』じゃない


続きを読む

604: 名無しさん@おーぷん 2014/12/04(木)16:03:33 ID:VGQ
料理をまったくしない人と一時期付き合っていた。
わたしも料理は得意でないし、彼は実家暮らしだったので大して気にしてなかった。

でも良く良く気にしてみたら、いつも知識やコメントは料理できるかのようなものばかり。
外食したら「この味付けは○○を使ってるね」
スーパーで買い出ししたら「この食材には○○の調理法が最適で云々…」
最初はへえ~そうなんだ、詳しいんだねと関心してたんだけど、
ある日私が自宅で料理しながら「ちょっと一口大のざく切りしといて~適当でいいから」と
キャベツ1/4個と包丁とまな板を渡した10分後、キャベツ遅いな…と後ろを振り返ると
まな板の上のキャベツを目の前にしてああでもないこうでもないとぐるぐる回している…。
「ど、どうしたの?」と聞くと「いや、方向的にどこから切ろうかなって」という返答。
ウンチク語るくせにキャベツも切れないのか…わからないなら聞いてくればいいのにと思い呆れてしまった。

その上料理に関してすごく変な潔癖症で
お鍋のために用意してた白菜に黒いブツブツがあったからと、
その部分を全部むしって捨てたり(黒点は食べても問題ないと言っても聞かない)
お鍋に入れるきのこ類は全部ごしごし洗って下茹でしないと食べられないと言ったり
(風味も味も栄養もおちるからと言っても「色移りする」と聞かない)
生魚は醤油に漬けると殺菌されるから、とお刺身をずーっと醤油の中に入れっぱなしにして
漬けみたいにして食べたり(さばきたての美味しそうなサワラが真っ黒になってしまってた)
もしかして異常にお腹が弱いのか?と思ったけどそうでもなさそうだし
とんちんかんなとこが滑稽に見えて冷めてしまった。

これ以外はとってもいい人だったんだけど、食に対して変な自信とこだわりがあって嫌になった。
内容が内容なので本人には理由を伝えなかったけど、今もあの調子なんだろうか。


続きを読む

558: 名無しさん@おーぷん 2014/11/12(水)16:36:09 ID:ilWRMzVCW
結婚の話が出て、お互いの両親にも挨拶済ませて、公認で一人暮らしの家を行き来するようになった元彼
半同棲状態で、元彼は繁忙期は家に寝るためにしか帰れないので、家事はほとんど私がやっていた
けど、皿を洗ってる時に「あ、皿洗っといて」
雨が降ってきたので洗濯物とりこんでたら「雨降ってきた?洗濯物とりこんどいて」
お風呂の準備をしている時に「風呂洗っといて」とか
床が埃っぽいから拭いてたら「そこ拭いといて」とかそんなんばっかりだった
「今やってるでしょ!」って怒ると
「そんなきつい言い方しなくてもいいじゃないか!」とふてくされる
ひどい時は怒ったまま私の存在を無視
一度なんでやってるのを見てからそういう指示出しをするんだと聞いたことがあるんだけど、
聞こえなかった振りで完全に無視された
この人とこのまま生活を続けて幸せになれるのかなと思い出した矢先、共通の友人と食事をしていた時に、
元彼が「うちのは全然気が利かない。一から十まで全部俺が言ってやらないと何もできない」って
自慢げに言い出して、その場で別れ話を切り出した。
「私が何もしないんだったら、部屋を片付けてるのは誰?今あなたが着ているシャツを洗ったのは?
やってるのを見ていないもの気づいていないのもあなただけ。もう無理、別れよう」って
元彼は「何で人前で恥かかすようなこと言うんだ!」って怒ってたけど、
「じゃああなたの気が利かない、何もできないって私に恥かかせる発言はどうなの」って言ったら、
「俺のはいいんだ、お前とは違う、事実なんだからお前は恥なんかかいてない、でも俺は恥かいた、
そもそもお前の話をしてるのになんで俺の話が出るんだ関係ないだろう、話をそらすな!」って
延々と怒り狂ってた。
両家両親も出てくる話になって、もう結婚するって話はあっちこっちにしちゃってたから、
今更なしになんて~と説得された。
私の言うことがいまいち伝わらないみたいで、「男の人はそういうところ鈍感だから」とか
「家事をやらない人には手順とか段取りとか分からないからおかしなこと言っちゃうのよ」とか
的を射ないことばかりを言われた。
何度目かの話し合いの時、取り皿が足りなくなったなーと思って、仲居さんに
「取り皿の追加をお願いします」って私が言ったら、
元彼が「そうだ、取り皿の追加も頼んでくれ」って言い出して、初めて何かおかしいなって空気が流れた。
それからはあっさりと婚約破棄、元彼との関係も切れた・・・と思ってたんだけど、
この前偶然会ったらものすごく慣れ慣れしくされたよ。
肩を組もうとか腰を抱こうとかぴったり体擦りつけるようにして寄り添ってきて、
「頭冷えた?式場、どこにする?」って。
走って逃げた。後になって震えがくるほど怖かった。


続きを読む

502: 名無しさん@おーぷん 2014/10/30(木)10:57:33 ID:Z5nbXFMby
元彼との冷め話。
私には10年くらいの付き合いになる友達グループがいて、今でも月1くらいで集まって遊んでいる。
そのことは彼氏には話していたんだけれど、ある日「お前の友達に会ってみたい。次に集まる時に俺も行っていいか」と言われた。
内輪の集まりだからどうかなとは思ったけど、友人達はノリノリでOKとのこと。
結婚話も出ていた彼だったので、今後も長い付き合いをしていくだろう友達とは顔合わせしてもらってもいいかと思い、一緒に行くことにした。

当日は終始ニコニコとして友人達と楽しそうに会話している彼を見て、ほっとした。
…のだけれど、帰り道。
「ああいうニート達とはもう付き合わないでね?」
と笑顔で言われ愕然。

誤解のないように言っておくけど、みんな働いてる。正社員で。
何か勘違いしてるのかな?と思って説明したけど、彼の返答は
「労働時間からして俺にとってはニートと同じ」ということだった。

確かに彼の会社は激務で、終電帰りや休日出勤もしばしば。
だから私も仕事帰りに彼宅に寄って掃除や料理などしてきた。
でも友人達もサビ残だのパワハラだの色々と苦労しながら仕事しているわけで、仕事量に差はあっても、ニート扱いしていいものじゃない。
それを理解せずに「俺は激務!高給取り!他の奴らより偉い!」を主張する彼に一気に冷めた。


続きを読む

465: 名無しさん@おーぷん 2014/10/10(金)19:42:30 ID:aBW5pjP5I
一昨年付き合ってた元彼女の話。

かれこれ一人暮らしして10年、毎週の一日の数分だけだけど、親と電話して近況報告等をするのが日課だ。
まだ還暦前後の両親で、事故等がなければまだ生きてくれると思う。
でも独立している以上、以前みたいに顔合わせる機会や声を聞く機会なんて圧倒的に減る。だからせめてもの電話。
まぁ、数ヶ月に一度帰省したり、誕生日等にはプレゼントを贈る日もあるが。

そして元彼女は、両親とのこの数分の電話さえ親離れができてない。マザコン?ファザコン?とバカみたいに茶化す。
↑のことしてるよーって言ったぐらいで、元彼女の前で電話はしてはいなかった。
一度言い出すと、思い出したかのように茶化してくる始末だった。
ちなみに結婚を考えたこともなかったし、もし付き合い続け結婚していたとしても、同居という選択肢はなかった。

同居しない限り、親と顔合わせる,声を直接聞ける時間は1年間の内、自分の場合は大雑把に約245時間。日数で言うなら約10日間少し。
両親がこの先20年30年生きてくれるとしても、仮に30年だとしても、1年間分の時間には満たない。
大袈裟かも知れないが、もう1年間もないかも知れないということ。
もっと長生きしてくれるかもしれないし、事実そうあって欲しいと願ってる。
そして今の彼女にも、元彼女にもそうだったけど、ニュースに出るような最低な親でもない限り、両親は大切にして欲しいと思ってる。

軽く話が脱線したが、そういった事から、自分はたまには電話するなりしてるんだ。
それをいつまでもガキみたいに茶化す言動が嫌になって、宥めるのも疲れて。本当に疲れた。だから別れた。
「俺君は両親死んじゃったらどうすんの?いつまでも甘えてられないよ?」だとさw
元彼女に言わなかったけど、俺の両親、小学生の時に、二人とも事故死してるんだよ。甘えられなかったよ。
だから今の両親っていうのは実は義理。でも今の両親も、いつかは亡くなる。恩も返せなくなる。親孝行もできなくなる。
彼女やいつか隣にいるかもしれない妻に、俺の両親を大切にしろとは言わない。けれど自分自身の家族を大切にできないような人とは
もう付き合えない。


続きを読む

このページのトップヘ