その神経が分からん!

458: 名無しさん@おーぷん 2015/04/22(水)06:05:40 ID:oII
おまわりさんに「1××号室に空き巣が入りまして」と声をかけられたのだが
私が「いつかそうなると思ってました」と本音を吐露したら「ですよねー…」と同意してくれた。

先月、私の住んでいるマンションの1××号室(1階)に六十代の老夫婦が越して来たのだが、
この老夫婦、チャイムも鳴らさずに隣の部屋のドアを開けようとし、
鍵がかかっていたので「開けろー!」と叫びながらドアを激しく叩いて、
驚いたその部屋の住人が慌てて警察に通報。
近くの交番からおまわりさん(冒頭の人)が駆けつけたので、そこの住人が鍵だけ開けたところ、
それが聞こえた老妻はドアノブを引っ張り、しかしチェーンがかかっていたのでさらに大暴れ。
老夫婦は「前に住んでいた場所では、チェーンどころか鍵もかけなかった」
「ドアは開けておかなければ近所づきあいにならない」と主張したため、
来た管理人に「戸締まり用心という言葉を知らんのか!」と説教された、らしい。
意地になったらしい老夫婦は、日中は自室のドアを開け放ち、
夜も「鍵はかけてないから!」と言いふらすことで、
管理人や周りの部屋が間違っていると態度で示そうとしたのだが、
私を含めたマンションの住人はもちろん近づかず、老夫婦を避けるようになった。
道路から見える1階の部屋が、日中ずっとドアが開けっぱなしにしていたら、
そりゃ空き巣も入るだろう。
何でドアを閉じておかなかったのか、と聞かれた老夫婦は
「近所づきあいのためですよ!」と逆ギレしていたが
「戸締まりして用心しろと言ったろうが、バカタレ!」と管理人に叱られたらしい。

この老夫婦の神経がまったく判らん。


続きを読む

421: 名無しさん@おーぷん 2015/04/20(月)22:46:58 ID:q06
コンビニでバイトしてた時、よく来る若い美人な女性のお客さんがいて、いつも会計後に「ありがとうございます」とニコッとしながら言ってくれていた
その店に来るお客さんで若い人は基本的にイヤホン付けっ放しで何か聞いても返事無し、終始無言を貫く人が殆どだったから初めて言われた時は少し驚いた
ある日、その美人なお客さんが来て、いつもの様に「ありがとうございます」とニコッとしながら言ってくれた
一緒に入っていた先輩バイト(女)に「あのお客さんいつもお礼言ってくれますね、美人だしいい人だなぁ」と何気無く言ったら
「私あの女大っ嫌い。礼儀正しいアタシwwて酔いしれんのが見え見えでキモい。計算高くて性格悪いの丸分かりだし」と心底馬鹿にした感じで言い返された
そのあまりにも嫌悪むき出しな顔にちょっと引いていたら
これまたよく来るピザで前髪が異様に長くて顔がほぼ見えないお世辞にも可愛いとは言えないクレーマーな女性のお客さんが来た
いつものように「入り口から1番手前にお菓子コーナーを移動させろって何回言ったら分かるの?使えない馬鹿店員が」と悪態を吐いて帰って行った
すると先輩バイトが「ああいう人が、本当は凄く心が綺麗な優しい人なんだよ。友達になるなら絶対さっきみたいな人が良いね」と笑顔で言い出してスレタイ


続きを読む

418: 名無しさん@おーぷん 2015/04/20(月)17:56:10 ID:3Yv
うちの姑は昔で言うところの職業婦人って人で、仕事第一で生きてきた
家事は大の苦手
性格は「嫁いびり?くだらない。それより仕事仕事あー忙しい」というタイプ
ごくたまに料理するんだが、なぜか何を作っても生臭くなる
まとめでよく見るメシマズと違って自覚しており
自分で食べて「マズッ!あんたら残しなさいこんなの」と言い捨てる
ちょっと変わってるが付き合うには楽な人で私は嫌いではない
しかし夫は実の母であるこの姑が嫌い
子供の頃家の中が汚かったこと(特に水周りがひどかったそうだ)
食事がマズかったこと、放置子同然だった過去を今でも恨んでいて
私を引きあいにして姑を貶める
「うちの嫁子はこんなに料理がうまくてきれい好きでオカンとは大違い」みたいな感じで
しかし私の家事の腕は並
料理もそれほど巧くない。普通。普通中の普通
過剰に持ちあげられるのもイヤだし姑もいい気分しないだろうしヒヤヒヤする
夫に「やめてよ」と言うんだが
「ドンとかまえてりゃいいんだよ」みたいな反応でわかってくれない
夫が私に不満ないのは有難いし、ほめてもらえるのも嬉しいけど
私は姑と仲たがいしたいわけじゃないし、やめてもらいたい…


続きを読む

358: 名無しさん@おーぷん 2015/04/17(金)18:35:19 ID:XdE
上司(女、60過ぎ)が私を警戒している
何をかと言うと私が上の人たちやお客さんたちに
食事に連れて行ってもらったりしていないかと警戒している

外部で会議があった時は上司はその後で上の人たちに食事をたかるのが常
(自分では私に隠しているつもりらしいが誰でも知ってる)
上司は私を絶対に排除したいので私を確実に帰らせようとする
しかし自分がたかる相手以外の誰かと私が食事に行くのではと警戒しているので
私を連れて駅まで行って改札を通らせてから自分は戻っていく
その間は相手を待たせておくんだろうね、30分でも

一度観光地での会議があったので会議後に遊びに行きたくて
「まだ帰りませんので」と駅に行くのを拒んでフラフラ歩き回っていた
ある場所でふと振り返ると、上司が壁の陰から顔だけ出して私を見ていた
目が合ったら上司は慌てて引っ込んだけどすぐ追いかけた
角のコンビニで買い物するふりをしている上司のところに行って
「どうしました? 何かあったんですか?」
「違うの、私もここに用事があったの」
ここまでに別れてから1時間近く経っている
自分が食事をたかる相手はどうしたんだろう
待たせていたのか、私を監視する方が重要と踏んで断ったのか


続きを読む

152: 名無しさん@おーぷん 2015/04/09(木)08:49:12 ID:xrB
私は結婚を機に退職。
旦那に家の事を任せたいって言われたから。
旦那はとにかく食べる事が大好きだけど外食は嫌い。
他人がいると気が散って食事に集中出来ないから。
なので旦那に美味しいご飯を食べさせたくて料理教室に通った。
それなりに料理のレベルは上がったしレパートリーも増えた。
栄養面も頑張りたくて栄養士の資格も取った。
けど旦那は満足しなかったから料理教室も続けつつ調理師学校に行った。
旦那親族が集まってやる宴会でみんなには大絶賛されたけど旦那は満足しなかった。
だから調理師学校卒業後某和食屋で修行させてもらった。
大将はすごく優しい人で下っ端の私にもいろいろ丁寧に教えてくれた。
この頃には食べた人にこれはお金取れるよと言われるくらいだったけどそれでも旦那は満足しなかった。
もう辛くなって旦那と離婚した。
つてもあったし協力してくれる人達もいたから自分でお店を出した。
そしたらオープンした日の夜、帰り道で旦那に刺された。
幸い友人と一緒だったから命に別状はなかった。
旦那は「お前は俺だけに料理作ってればよかったのに!」って喚いてた。
あの人は結局何がしたかったんだろ。
私の料理に満足してくれてたんだろうか。


続きを読む

このページのトップヘ