その神経が分からん!

877: 名無しさん@おーぷん 2015/07/15(水)16:06:59 ID:f8x
うちの近所にお婆ちゃんが独居しているお宅があった。
もうヨボヨボだし一人暮らしは厳しそうだから財産整理してホームにでもって話は度々出てたみたいなんだけど、
お婆ちゃんは頑として首を縦に振らなかった。
「ここにいればいずれ子供達が帰ってくるから」って言って。
これだけ聞くといい話みたいなんだけど、近所の人達は皆知ってた。
そのお婆ちゃんが実子さえいびり倒して、皆嫌気が差して出て行っちゃったんだって事を。
俺が小さい頃、娘さんが掃き清めた道に、生ゴミぶちまけているのを見た事がある。
家の外でさえそうだったんだから、家の中ではもっと酷かったと思う。
一番最初に就職して家を出た長男さんが引き取る形で、弟さんと妹さんも出て行った。
盆暮れ正月に孫連れて帰省してくる近所の子供達を見て、
「いいわねぇ、羨ましいわねぇ」って言ってて、
それを聞いた割とズケズケ言っちゃう近所のおばちゃんが、
「だったらなんであんなに子供いじめたのよw
それしなきゃ今頃孫と曽孫の顔くらい見れたかもよw」って言っちゃって、
それを聞いたお婆ちゃんがフガフガしながら激怒してた。
今日みたいな暑い日が続いたある年、2~3日お婆ちゃんが姿見せない日があって、
様子を見に行ったらポックリ逝ってたらしい。
お葬式とかどうなったのかは知らない。
近所ではそういう事があると、総出で手伝いに行くんだけど、その時はそういう事が一切なかった。
しばらく経って「ご迷惑をおかけしました」って息子さん達が挨拶まわりに来てくれた。
うちには娘さんが来てくれたんだけど、これがもう満面の笑顔だった。
心底幸せそうな爽やかなね。
気味が悪くてゾクゾクして、我が子にさえ恨まれるような人生は送っちゃならん!と思い知らされたよ。
なんで自分の子供にまでそんなにいじわるだったのか知らなかったけど、
ある時母がぽつりと「負けたような気がするって言ってたんだよねぇ」って言い出した。
とりとめのない思い出話を要約すると、
お婆ちゃんち母子家庭で、お婆ちゃんが働いてたからできる限りの手伝いを子供達がしてたみたいなんだけど、
「ありがとうね、助かるわ」じゃなく、「できない私への当てつけか!?」ってブチ切れちゃってたらしい。
俺はだいたい同時期に子供達が出て行ったと思ってたんだけど、実際には娘さんだけが最後まで残ってた。
だけどある時、「もう無理!」って泣きながら出て行ったんだってさ。
その時お婆ちゃんは「勝った!」って笑ってたらしい。
何に勝ったつもりだったのかは分からない。
酷暑になると思い出す、嫌な思い出。


続きを読む

782: 名無しさん@おーぷん 2015/07/13(月)14:33:35 ID:BDl
友人の旦那がスレタイ

共にバツイチで再婚した友人とその旦那
友人には子供がなく、当時年齢的なリミットが近いこともあって、
旦那に子供がすぐ欲しいと訴えた
しかし、旦那側にはすでに成人近い二人の子供がいたので全く乗り気ではなかった
10年ほどのらりくらりと交わされたり丸め込まれたりしているうちに、
友人は現在ほぼ妊娠出産が無理な年齢に

友人は10年で心の整理をだんだんとつけて、子供を持つことに諦めをつけた
この人と二人での人生を楽しもうと

ところが、友人旦那の子供二人がそれぞれ結婚し、
しかも、どちらも子供がほぼ持てないことが最近になって確定したらしい
そうしたら、旦那が友人と子供作っておけばよかったと友人にぼやき始めた
孫が抱けないことが確定したら、もう一人子供がいればという気持ちになってきたと

自分が乗り気でないからと子供を強く希望していた友人を諦めさせておいて、
孫が抱けなくなったからと子供作っておけばなどと今更無神経なことを言える
友人旦那の神経が本当に分からない


続きを読む

779: 名無しさん@おーぷん 2015/07/13(月)13:31:39 ID:ZJG
昔の話だが、2年の海外出張に行ってる間に姉夫婦が離婚してた。
世界の果てみたいなところで当時はネットもなかったので連絡取ってなくて、帰国してすごく驚いた。
が、理由を聞いてさらに驚いた。
姉元夫が生後1年に満たない赤子に睡眠剤を飲ませていたらしい。
細かく砕いた錠剤をミルクに入れて、それを飲ませて「うちの子は夜泣きしないから」と言ってたそうだ。
姉も共働きですでに復職してたから元夫と交代で夜泣きの対応をしてたそうなんだが、
毎晩2時間毎に起きるはずの赤子が、元夫が起きる晩の日はほとんど起きないので不思議に思ってたらしい。
ある日、起きてみたら赤子がぐったりしてて、病院に連れて行ったら寝ている間に吐瀉物をのどにつめていたらしい。
窒息までは行かないものの、呼吸が困難な時間が数時間続いた可能性があり、後遺症の恐れもあると。
しかも血液検査してみたら、睡眠剤の成分が検出されてそれで発覚した。
元夫は「あの子が静かなら、俺も嫁も助かる。子供だから言ってもわからないし、薬に頼って何が悪い」
と悪びれもしなかったらしい。
大人用のかなりきつい睡眠剤だったので、医者からは、神経系に障害が残るかもしれないと言われたそうだ。
当然刑事事件になったが、ちょうど日本を揺るがすレベルの大事件があったせいか、元夫の記事は載らなかったそうだ。

姉の子は幸いにして無事に成長し、心配された知能や運動能力にも問題が出ず(むしろ優秀)先日子供も産んだ。
本当によかったと思うが、元夫はどっかで野垂れ●にしててほしいと心底思う。


続きを読む

702: 名無しさん@おーぷん 2015/07/11(土)08:54:32 ID:pgz
若い頃の神経わからんかったこと

地元の零細企業に入社したての頃
その会社は土日出勤で平日休みだった
男性社員が多かったけど基本的に社内にいない。女性社員は私とアラフォーの明るくて気さくなAさんだけ

日曜の昼休憩直後、Aさんは近くのコンビニへ弁当を買いに行って私は弁当持参してたので自分のデスクで食べてた
その時電話が鳴って、Aさんの旦那さんからだった
Aさんはいないか?との事だったから、コンビニに行った事を伝えた
わざわざ会社に電話してくるぐらいだし何かあったのでは…と思い、近くのコンビニだから呼んできましょうか?と聞いたら、急ぎだからお願いしますと頼まれた
前述通り、男性社員は全員出払っているし私以外社内にはいない
でも困ってたみたいだし…と会社を飛び出した
無事Aさんを見付けて伝え会社に戻った。数分空けてただけだから会社にも異常はなくて一安心
Aさんが戻ってきてどうだったか聞いてみると、俺の昼飯はどうするのかという連絡だったと苦笑いしてた…
えええ…急ぎだからって言うから走って呼びに行ったのに。もう呆れ果てたよ
Aさんが言うには、新婚当初から上げ膳据え膳でお世話してたら何も出来ない人になってしまったと
Aさん、実は闘病中だったんだよね…なのにそれかあ…
会社に電話してくる神経も併せてわからんだった


続きを読む

637: 名無しさん@おーぷん 2015/07/10(金)02:50:10 ID:7cS
母がよくわからない
執拗に兄のお嫁さんと連絡をとるようにと勧めてくる
そもそも2~3回しか会ったことのない人と何を話せというのか
姪っ子が産まれて確かに可愛いと思うけど、別に兄と連絡取ればいいしあえてお嫁さんを通す必要はないと思うんだけど
向こうも急に連絡されても困るだろうし

それを説明すると母は、
「あんたは冷たい。折角、お姉ちゃんが増えたんだから、もっと仲良くすればいいのに!」
と、不貞腐れる

お嫁さんは一人っ子で兄弟姉妹がいないから可哀想、だから妹としてもっ仲良くしろって言うのを話の節々に感じる
一人っ子を可哀想と思う意味がよくわからない


続きを読む

このページのトップヘ