その神経が分からん!

789: 名無しさん@おーぷん 2014/06/29(日)16:30:34 ID:???
兄嫁は私と同じ年でオシャレカメラ女子。
私は某スポーツ系カメ子ガチ勢。
だから使っているカメラが全然違うんだけど、
同じカメラ好きとして仲良くしていた。

けどある時、兄嫁が私が撮った風景写真を
自分の作品としてブログにアップしたり
写真展に出品して賞を貰っていた事が判明。

バレた経緯は実に馬鹿馬鹿しいもので、

兄嫁、オシャレカメラ仲間にいつも受賞自慢
  ↓
ついでに「私の愛機?」としてオシャレカメラ自慢
  ↓
それを見たカメラ仲間がある日
「そのカメラであの写真は撮れなくない?」と。
  ↓
Exif情報確認
  ↓
兄嫁のカメラではない、しかも
ブログに書いていた位置情報も違う
  ↓
兄嫁問いつめられる
  ↓
兄嫁「そのカメラも持ってる、サブで使ってる」
  ↓
兄嫁のカメラ、セットで10万のミラーレス一眼
私のカメラ、ボディだけで30万の重たい奴
  ↓
カメラ仲間「サブで使う機種じゃない!」
「証拠を見せろ!」
  ↓


続きを読む

782: 名無しさん@おーぷん 2014/06/28(土)19:58:13 ID:???
今さっきのこと。
ちょっとした買い物で近くのホームセンターに行ってきたんだけど、
そのホームセンターの少し手前で、前を走ってた車が急にスピードダウンしたんだ。
当然こっちもスピードダウンしたんだけど、そのままどんどんスピードダウンして、
前になんにもないのに最徐行レベルにまでスピード落としやがった。
ホントはもうすぐそこが左折入庫の駐車場の入り口だったんだけど、
仕方ないから右車線から追い抜いたんだ。
で、交わしざまその車の運転手を見たら、携帯片手に電話してやがった。
もうふざけるなと。
片側二車線の幹線道路で、しかもちょうど高架橋のところだったから、
一時停車出来る場所がなかったんだろうが、だったら一度切ってかけなおせよ。
せめてハザードを点滅させれば後ろの車も交わして行きやすいのに、
それもせずに電話しながらトロトロ走る神経が理解できん。


続きを読む

715: 名無しさん@おーぷん 2014/06/23(月)22:09:28 ID:???
パンチは効いてないけど、地味にうっとおしい神経解らん話。
実家の近所のおばさんの神経がわからんことに最近気が付いた。

結婚し、実家から少し離れた場所で生活しているけど、母がけがをして家事に
支障が出たので、毎日手伝いに行っている。
買い物帰りに、おばさんと行き会い話しかけられた。
「最近、毎日いるみたいだけど、帰ってきてらっしゃるの?」
「(?)え、はい・・・」
すると、テンション高く意地悪い笑いを浮かべながら
「ええー!結婚して、まだ一年経ってらっしゃらないわよね!」と
何か勘違いされてることに気が付いて「毎日、家事を手伝いに来てるだけです」
と訂正したらつまらなそうな顔をして去って行った。
それで思い出したけど、実家に住んでた独身時代も
地味な私服OLな私が、定時上がりのあと夕飯の買い物に出ようとしたときに
玄関先でそのおばさんにばったり会った。
母に「(買い物に)行ってきます」と声をかけたら、テンション高く
「ええ!今からお仕事?どちらにお勤め?もしかして夜のry」とまくし立てる。
「いや、仕事から帰って買い物に行くだけですよ?」
と返したら、つまらなそうな顔をしてry
ご近所さんなのに、疎遠な理由に今更気づいた。
なんか、他人のトラブルを期待する人なんだよね。


続きを読む

671: 名無しさん@おーぷん 2014/06/18(水)08:41:49 ID:???
満員電車内で人の背中にぶつけてまで携帯電話やスマホを弄る奴に対してスレタイ
まあ、俺もよく電車内で弄るから気持ちは分かるけど、流石に満員電車では我慢しようよ………

いつもは迷惑そうな視線を向けたり、肘で押し返してるんだが、今日は逆にキャバ嬢っぽい女に文句言われた
こっちも文句言い返したら、「満員電車だから仕方ないじゃないですか」と返されてあんぐり
ただ向こうに取っては俺がそのくらいのことで目くじら立ててるのが、それこそスレタイなんだろうなぁ
そう思った瞬間話すのも面倒臭くなって、とりあえず次の駅まで肘で相手のスマホを押し返し続けた
文句言われたら、「満員電車だから仕方ないじゃないですか」で返せるし、次の駅まで時間も短かったし

ちょっとモヤモヤしてるので仕事に入る前に吐き出しておきたかった
豚切りスマソ


続きを読む

553: 名無しさん@おーぷん 2014/06/10(火)20:44:49 ID:???
普段は仏のような人々なのだが、仏だからか知らないが、少し常軌を逸した行動が目立つ隣家

ある日学校から帰ったら、実家に続く土手道に植えられていた開花前の桜の木が半分ほど伐採されていた
生まれた頃から花見していた桜並木が突如消失しているのを見て愕然としていたら祖母が来て、伐採したのは隣家だと言った
祖母が何かチェーンソーの音がするな……と庭に見てみたら、隣家が一家総出で桜の木を伐採している最中だったとのこと

田舎産まれ田舎育ちらしく、あまりそういったことに対して目くじら立てる人ではないはずの祖母が
「あれァ全部、おらがこの家に嫁に来た頃に植えられたサクラだったのに……」としょげていた
しかもその桜並木は地域の人々がその土手が出来たことを記念して植えたものだったはずだ

頭に来て役場に電話を入れた。「どちら様ですか?」と聞かれたので「匿名で」と言ったら「あぁ、わかりました」と丁寧な対応
これこれこういうことがあったのだけれど、私が伝え聞く限り、あの土手道の桜は全部地域の人々の共有財産だったはずだ、
無念でならないからあの土手の権利者を確認してくれ、と言ったら、窓口の人は同情してくれて「必ず調べます」と言ってくれた

そうしたら案の定、桜の木は全部隣家ではなく、別の家の土地に植わっていたことが判明した
しかも隣家が桜の木を伐採した理由が「田んぼに毛虫が落ちてくるから」という理由だったらしいい

「あの桜には毛虫なんて湧いたことがないし、毛虫が田んぼに落ちてきてなにか困ることがあるのか」と土地の所有者が電話してくれて、
隣家はただただ謝罪するしかなかったそうだ。要するに土手の下の田んぼの畦を野焼きするのに邪魔なので伐りました、というのが真相だったようだ
以前、隣家の野焼きの火が延焼して桜の一本が丸焼けになったことがあったので白状しないわけにも行かなかったらしい

狭い田舎なのであっという間にその話は地域全体に伝わり、隣家は「何しでかすかわからないサイコ一家」みたいなイメージが定着した
古い木だったので切り株になった桜は結局枯れてしまった。平常時は仏みたいな人々なのに、少しのキッカケでああいうことを平気でやらかす隣家が怖い


続きを読む

このページのトップヘ