今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験open

156: 名無しさん@おーぷん 2014/07/14(月)19:33:25 ID:???
私と妹は血がつながっていない。
というのも妹の実の両親が本当にク●みたいな連中で、虐待やってたのよ。
普段は服の下に隠れて見えないとこを殴る蹴るされてたせいで発見が遅れたらしいけど、
灰皿で顔面殴られて病院に運ばれた事から発覚。
当然色んなとこが働いて色々話し合いがあった結果、我が家に引き取られる事に。

当時小学生で妹が欲しいと駄々をこねてる時期だった私は大喜びよ。
そんな浮かれた気持ちは一目見て一瞬で吹っ飛んだけど。
もう言葉が出ないくらいガリガリ、顔の左半分は紫色になっててボッコリ腫れてるし、
一緒にお風呂入ったら全身痣だらけ。

親から事情を聞かされてどれだけ衝撃的だったか。
子供にそんな事する親が居るって事も、妹がそんな不幸に耐えてきた事も信じられなくて、その日は涙が止まらなかった。
そうして正義感に目覚めた私は、妹は私が幸せにする!と決意して妹をとことん可愛がった。
両親もそれは同じらしく、妹に山ほど愛情を注いで育てた。

その甲斐あって妹は徐々に明るくなり…というか明るくなりすぎて男子と一緒に原っぱを駆け回るような子に育った。
こっそり感動屋の父なんか夜中に酒を飲みながらボロボロ嬉し泣きしてたよ。

さて、そんなこんなですくすく育って身内の贔屓目抜きでも間違いなく美しく綺麗になった妹。
内面もすっごい良い女、何事にも良く気が利くし、親がしっかり躾ける人なんで家事全般もキッチリ。
本当に私と一緒に育ったの?って疑問になるくらい素直で優しく純真可憐って言葉がぴったり!

そんな妹が去年、結婚を考えているという男性を連れてきた。
見た目だけで言ったら全然釣り合いは取れてない。
干支一回り以上年上だし、お腹は出てて汗っかき、服のセンスは実年齢+10歳に見えて、オドオドしてて挙動不審。
妹を溺愛してる父は激怒して一回は追い出してしまった。
しかし妹の懇願を受けて私と母がとりなし、とりあえず一回素行調査くらいしてみよう、となった。

そうしたら出るわ出るわ……お前は聖人かと思う程の善行の数々が。
どうやらかなり収入があるらしく、数々の慈善団体に寄付をし、捨てられた犬猫を自宅に保護して里親を探し、
休日を利用して様々なボランティア…
感動屋の父はおいおい泣いて報告を受けたその日に二人を呼び出し、土下座せんばかりの勢いで謝って、娘をどうか頼みます、と。



はい、ここでいい話終わりまーす。
長々とすみません、ここでようやく本題の最大の衝撃事件。

つい最近妹の家に遊びに言って聞かされた話。

・妹が旦那との結婚を決意した理由は億に近いその年収
・犬猫以外の慈善活動は素行調査を先読みして行った印象操作
・鍛えに鍛えた美貌と家事技能で攻めたらイチコロだったぜちょろいちょろい
・でもまぁ最近情もわいてきて結構好きになってきたかも?割と幸せ♪
・(低い声を作りながら)世の中ゼニでっせぇ姉ちゃん!

「お姉ちゃんにだけは言っちゃってもいいかな」とか可愛く言っても…あんた…
純真無垢な天使だと思ってた自慢の妹が、実はお腹の中真っ黒だったという現実に、私はどう立ち向かえばいいのか…



続きを読む

149: 名無しさん@おーぷん 2014/07/14(月)00:15:13 ID:???
飲食店でバイトしてるんだけど、田舎出身の悲しい性なのかお客様に話しかけられるとついついお話してしまう。勿論忙しい時には作業優先しつつ、お相手しつつなのだが。そんなこんなで少しお高いお店なのだが常連さんが増えてきた。そんな時海外に新店舗が出来るからと店長が交代。新店長が店にやってきた。この店長、意味もなく店の方針を変える。効率も悪いし苦情が来ても無視する。そして恐ろしく仕事が出来ない。仕方がないので皆で店長のフォローに回る日々に…。
そして遂にお客様との私語は厳禁とのお達し。申し訳なくて涙が出たが、お客様たちは悲しそうにごめんね今まで。たくさん怒られたんだろ。と気遣って下さって本当に涙が止まらなかった。
耐えきれず、辞めようと決意。副店長と相談し、退職の日を決めて常連のお客様に伝えた。とうとう迎えた退職の日。今日は中々お客様がひかないなあ…と思っていたのですが、一番長い常連さん(私のアルバイト開始より長くいらしている)が「二年間お疲れさまでした。とと同時にクラッカー!次々鳴るクラッカー!びっくりしていると副店長が。「頑張ってくれたのに、こんな形で辞めることになって申し訳ない。お客様からどうしても君にサプライズがしたいと申し出があってね。集まって頂いた方々とささやかだけどお疲れさま会をしようって話になったんだ。」と。薔薇の花束なんて生まれて初めて頂きました…。「いつもこんな老人の話を聴いてくれて嬉しかったよ」「ニコニコ元気な姿が見たくてこの店に来てたのに残念だよ」などと、嬉しすぎるお言葉に号泣。本来は頂き物をしてはならない決まりなのですが今回は例外ということでたくさんプレゼントを頂きました。ただのアルバイトの為にこんなことをしてくれるなんて凄く衝撃的でした。
頂いたプレゼントも髪を束ねていたからと手作りのシュシュや、大好きな黄色いネズミのグッズ、彼氏と行けと映画の券や、何故か桐箱に入ったお酒、名前の刺繍されたお高いハンカチ、大学生だから勉強もしろと国家試験の対策本をこれでもかというくらい…など。びっくりでした。(しかし私は家まで自転車通勤。この日は贅沢にタクシーで帰りました。)
後日店から段ボールで届いた他のお客様からのプレゼントには一生懸命書いたであろう字で「ぽけもんのおねえちゃんがんばれ」と書いたお手紙。辞めたくなかったなあと辛くなりました。
その数ヶ月後に店長がくびになったと副店長からお電話。本部に苦情が殺到し目に見えて業績が悪化したため社長が重い腰をあげたそうです。そんなこんなで、なんとまたバイトに復帰することに。
復帰初日に47都道府県のお土産を買ってきたお客様がいたことにまた衝撃を受けました。(彼氏と食べろって私はコロコロになるし、ってただでさえもうコロコロなんですがね)


続きを読む

93: 名無しさん@おーぷん 2014/07/11(金)20:08:20 ID:???
夏になると思い出す衝撃話。
19の時に初めてできた彼氏と初めてのデートで遊園地に行った。
そこにはお化け屋敷があって、彼の方から入ろうと誘ってきた。
私も昔からこういうの大好きなのでOKした。
入ってみると思った以上に真っ暗だったけど
進行方向は分かるようになってたから、手を繋いでゆっくり進んで行った。
それなりに怖い所もいくつかあり、もうすぐ終わりって頃に
彼の悲鳴にビックリする方が先でよく分からなかったけど
何かが飛び出してきて、驚いた彼がダッシュで出口方向に逃げて行った。
慌てて私も後に続いていったら、自分だけ出て外側から扉を押えやがった。
そのドアは観音開きで前後に開くタイプの扉で、
運悪く私の中指が左右の扉の間に思いっきり挟まった。
鈍痛が走ったけど、その時は彼の驚き方のすさまじさにビックリしたのと
私を置いて逃げやがったという失望と怒りが先で
「なんで自分だけ逃げるのよ!」って言ったら、謝るどころか
「ビックリしただけじゃ!さっさとついて来ん方が悪いわい」と開き直りやがった。
何だコイツ、2度目のデートは無しだ!と思いながらふと中指を見ると爪がもげていた。
それを見た途端に痛みに気が付いて慌てて医務室を探していたら
「昼飯の時間だけどどうする?」って言われて余計に腹が立ってサヨナラした。

そんな衝撃的な初デートの思い出。


続きを読む

50: 名無しさん@おーぷん 2014/07/07(月)23:55:38 ID:???
姉ちゃんは弟が言うのもなんだけど可愛くて性格も良くて(頭は残念だけど)小さい頃から人気者だった。
そんな姉ちゃんに高2のときに初彼が出来て紹介されたんだけど、太ってていかにもオタって感じの人だった。
悪い人じゃない。優しいし頭も良いと思うけど姉ちゃんならもっと良い人がいるはずだと思ったよ。
姉ちゃんが就職して彼氏が進学したときは別れるかと思ったけど結局10年いちゃついた挙げ句結婚しちゃったよ。
マジかよって思ったけど、俺の彼女が義兄を見て「お金積んだとしか思えない」と嘲笑ったときには彼女に「別れるか謝るかどっち?」って言ってしまった。
義兄に身内意識持っちゃってた自分にも驚いた。


続きを読む

5: 名無しさん@おーぷん 2014/07/05(土)19:23:10 ID:???
ちょうど一年ほど前の話。
俺、嫁、嫁姉、姪(小学生)の4人でビュッフェ形式のレストランに行った時のこと。
前提として、そのビュッフェは大人、中学生、小学生、幼児で料金が違うシステム。

店員「何名様ですか?」
俺「4人」
店員「大人2名様と中学生1名様と小学生1名様でよろしいですか?」
俺「…いや、大人3名、小学生1名…」
店員「し、失礼いたしました」

うちの嫁、低身長で童顔なんだけど、30代半ばにしてまさか中学生と間違われるとは…。
さらにショックなのは、俺の方が1歳年下なのに親娘に間違われたこと。
嫁が幼く見られたのは分かってるけど、俺が老けて見られた気分だわ。


続きを読む

このページのトップヘ