今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験open

704: 名無しさん@おーぷん 2014/11/25(火)19:29:49 ID:8yc
とんでもない勘違いをされてしまった話。

俺は賃貸マンションで独り暮らしをしているんだけど、左隣のA夫婦がギターをよく弾いていた。
彼らは夜遅く弾いているわけでもなかったし、
何時間にもわたって弾いているわけでもなかったので俺はそれほど気にしてはいなかった。

そうしたらある日、管理会社から俺に電話がかかってきたんだよね。
そして「匿名であなたに苦情が来ていまして」と言われたので驚いたわ。
続けて管理会社のその人は「ギターがうるさいようなので、止めていただけないでしょうか」と言った。
だから俺は、ギターを弾いているのは俺ではなく左隣のA夫婦だということを伝えた。
ついでに匿名さんの誤解を解いておいてくれないかとも頼んだ。
そうしたら「すみません。苦情の電話は非通知でして、私どもも誰なのか把握できてないんです」と言われてしまった。

後味悪すぎるなあ…と思ったよ。

それから管理会社の人はA夫婦宅に電話をしたようで、翌日からギターの音は聞こえなくなった。
俺は、苦情をしたどこかの誰かに勘違いされたままではあったが、
とりあえずA夫婦がギターを弾くのをやめてくれたのは良かったと思ったな。

それから半年くらい後にA夫婦はどこかに引っ越していった。
そして引っ越してから数日後にA夫婦から俺に手紙が来ていた。

いったい何だろうと思ったら、
その手紙には「匿名で苦情をしたのはあなたですよね。そのくらい、感でわかります。
ギターを少し弾くくらいのことで苦情をするって神経質ですね。
引っ越し先の一戸建てで思う存分弾きます」というような捨てゼリフが書かれていた。

俺はびっくりしすぎて笑いそうになったわ。
『感でわかります』って…酷すぎる感だ。
最悪なことに、その手紙にはA夫婦の新居の住所は書かれていなかった。
というわけで俺は誤解の解きようがなかった。

俺は、せめて管理会社に苦情の電話をした誰かの誤解は解きたいと思い、
マンションの玄関前の掲示板に『ギターを弾いていたのはA夫婦です』という張り紙をしようかな…と真剣に考えたくらいだ。
しかし今更すぎてアホらしいのでやめたわ。

未だに2つの方面から勘違いされたままだと思うと溜息が出る。
でも、今のところ表面的には平和な生活を送れているので良しとしているわ。


続きを読む

675: 名無しさん@おーぷん 2014/11/23(日)15:52:19 ID:9Fx
もう大昔の話。
姉は当時、とある歌手の大ファンだったんだけど、
その歌手があるときスキャンダルで干された。
テレビにも出演しなくなり、大勢いたファンもどんどん離れて行ったらしい。
姉に「残念だね」と話したのだけれど、
姉の方は「私はそれでもあの人のファンだから」と、
ファンレターを送り続けていた。
その後再び歌手は活動を始め、テレビにもぽつぽつ出演するようになった。
それから数年後、あるとき姉が街中を歩いていたら、いきなり
「もしかして、姉さんですか?」と声をかけられた。
振り返ったら、姉の大好きな歌手その人本人だった。
歌手は、
「スキャンダルで周囲に叩かれ、本当に辛かったとき、
あなたが送り続けてくれたファンレターが本当に励みになった。
あなたのようなファンがいるから、私は再び活動を再開することが出来た」
と言ったという。
その後、姉はその歌手のイベントや、プライベートな会に何度か招待されていた。
友達付き合いとまではいかないものの、傍から見てもその歌手が姉との関係を大事にしているのがよく分かった。
ただの一ファンの声が、本人に届くものなのか、と、すごく驚かされたのを覚えている。
今じゃ考えられない話だよなあ。


続きを読む

655: 名無しさん@おーぷん 2014/11/22(土)14:45:43 ID:4EU
姑は舅に先立たれ田舎で一人暮らし。
気丈と言えば聞こえがいいが、かなりキツい性格。その上癇症なまでに潔癖症。
いつも家中ピカピカに磨き上げ、外回りも塵1つ落ちていない。
そんな訳で、我が物顔でその辺を汚したり臭かったりすると言って動物全般が大、大、大嫌い。動物園さえも毛嫌いして行かない。

五,六年前の事。
姑が足を痛め、嫁の私が身の回りの世話に1ヶ月程招集された。
三時のお茶の後片付けを台所でしているとなんだかおもての方が騒がしい。
何事かと思って覗いてみると、車庫の前で杖をついた姑が大声で怒鳴っている。
杖をついて仁王立ち!
その蔭から犬を連れた小学生の男の子が手ぶらでうなだれているのが見えた。心なしか犬もうなだれている。
男の子と姑の間には小指ほどのものが二本鎮座していた。
「この間からうちの前にうん○を放ったらかしにしてるのは僕(男の子の事)かな!いつもいつも、毎日ほんとに。おばさん、そこから見張ってたんな!」
八十を越したおばあさんが自分の事をおばさんと呼ぶのにまず第一の衝撃。
「僕には大好きな犬かも知らんが、わしは犬なんか大嫌いな。大嫌いなわしに毎日糞の始末させて、わしはますますその犬が嫌いになる。
その犬が大好きなはずの僕はそれが平気なんか!
動物を飼うちゅうんは、いい事も悪い事も全部ひっくるめて世話せんといかんのな。それができんなら犬なんか飼うな!」
すごい剣幕!だけど私は物陰からウン、ウンとうなづいていた。
そういえば、最近はとんと見かけなくなったけど、私が子供の頃には、近所に一人かふたりはおっかないおじさんとかおばさんがいて
子供が悪い事すると他人の子でも叱ってくれた。子供たちは皆その人の家の前を通る時は何も悪い事してなくても、声を潜め忍び足でそそっと
通り抜けたものだ。
その男の子は頭を下げて行こうとすると、うちの仁王様が怖い顔で呼び止めた。
「クソをここにそのままにしていくな。持って帰れ!!」
でも彼は手ぶらで袋も何も無い。
「自分の責任だから、手で持って帰れ!!!」
そんなお義母さん。それはあまりに無体な。もうその辺で許してあげて。
「わしは金輪際僕の犬の不始末の世話はせんでな。自分でやれ!」
私は一人オロオロと姑の後ろで、モーその辺でモーいい加減、と呼びかけるしかなかった。
モーモーと牛のように鳴く私を尻目に、男の子は人差し指と親指で自分から遠ざけるようにウン○二本を摘むと犬を連れて帰っていった。
姑の有無を言わさない剣幕と、逃げ出さずそれを拾った小四位いの男の子に衝撃を受けた。
私が子供の頃は、怖い大人もいる代わりにお節介なおばさんも少なからずいて、私の顔に免じてとかなんとか言って一緒に謝ってくれたものだった。
どうしてあの時さっと袋とティッシュを取ってきて、あの子の後ろ頭を押さえて一緒に姑に頭を下げ、一緒にウン○の始末をしてあげられなかったのかと
泣きそうな顔で下唇をつきだした男の子を思い出す度、胸が痛む。
私には時の氏神になる度量はなかったorz。






続きを読む

565: 名無しさん@おーぷん 2014/11/19(水)17:17:54 ID:PfHhN4UXT
衝撃かどうかというと衝撃だったかな

半年前に離婚したんですが
少し書いてみようかな。

俺29歳嫁33歳 俺の収入手取り44程度
婚約時に両家の借金状況を両家了承のもと興信所で調査
両家共に借金は無し・貯蓄もほぼなしwww
婚約して8か月。満を持して結婚。
結婚して3か月目嫁から貯蓄したいからもう少し給与って増えないの?と
家賃5万 支払系合算10万程度 食費が月10万としても
10万程度では貯蓄出来るはずだと少し衝撃。
次の日友達に言うと興信所にいけと言われるが嫁を愛してたから無視
ただそれから2週間毎日のように言われる給与の増額以来。
友達に謝り興信所で調べてみることに。

結末。。。。OTZ OTZ OTZ
①嫁は間男に貢いでました。月8万程度
②嫁の実家が株で大失敗。たった1年の間に3千万の借金ができてました。
 こっちも僕に無断で結婚初月から25万程度仕送り
③さらに自分の子供と思っていたお腹の子供は検査の結果
 自分でも間男でもなくさらに別の男だと判明。
④嫁も働いてたと思ってたら嫁は結婚してすぐ仕事を辞めたらしい。
 朝早く夜遅くに帰ってくる仕事だった為まったくわからなかった。


続きを読む

552: 名無しさん@おーぷん 2014/11/19(水)06:49:50 ID:r8k3eYiIr
見覚えのないスポーツカーが庭に入って来て、運転席から自分の父親がおりてきた。

母は私が中学生の時に事故で亡くなった。それからは父と兄と私の3人で暮らしてきた。
父は元来真面目な人だったが、母が亡くなってからはよりいっそう仕事に打ち込んでいた。
父のおかげで私も兄も無事に大学を卒業して社会人になった。
先日父が定年退職し、豪華な夕ご飯でも作ってあげようと実家に帰った。
兄と2人で父の帰りを待っていると、庭に突然スポーツカーが入ってきた。
お客さんか?と思ったら、兄が「このへんにあんな車乗ってる人いない。」と。(かなりの田舎なので近所の家の車もわかってしまう。。)
車からは、父がおりてきた。
ものすごくびっくりした。
私や兄に一切相談せずに一括で買ってきたらしい。
一言くらい言ってから買ってくれよ~と兄が言うと、父はごめんな、と笑っていた。
驚きはしたものの、老後の趣味にスポーツカーなんてすげーなー、なんて夕ご飯は盛り上がった。(ロードスターという車らしい。私はまったく詳しくないのでよくわからないが、父なりにとてもロマンを感じる車だそうだ)
次の日、助手席に乗りたいと父に言って、2人でドライブした。
海沿いの道を走っていると、父が言った。
「母さんな、欲しいものとかしたいこととかほとんど言わない人だったの。でもな、一度だけ、『スポーツカーの助手席に乗ってみたいなあ』ってぽつりと言ってたんだよ。
結婚する前でお金も全然ない頃な。
もうレンタカーだっていいから乗せてやればよかったなぁ、こんなに遅くなってしまった。」
そして少し泣いていた。
私が、「だーいじょうぶだよ。お母さん見てると思うよ。」と言うと、
「今の言い方母さんにすごく似てるな」と笑われた。

もうすぐお母さんの命日。


続きを読む

このページのトップヘ