今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験open

177: 名無しさん@おーぷん 2014/05/14(水)11:15:05 ID:???
正月にひさびさに帰省した
たまたま小学生時代の友人Aと再会したので、Aに声かけてもらって
当時の友達5人で飲みに行った

俺は既婚者で、嫁さんは妊娠中だから里帰り中
一人で正月を過ごすのもむなしいからひさびさに帰省して実家で正月祝った、と話したら
いきなりBが激怒しだして「順番守れ」とか言い出した

順番って言うからてっきりデキた→結婚だと間違えられたのかと思って
「いやちゃんと順番守ったよ。入籍してからの妊娠だし」
と説明したがBはヒートアップする一方でついにビールをぶっかけられた
AがBをなんとか止めて、俺に「今日のところは帰れ」て言うからそのまま逃げ帰った

あとで金を払ってないことを思い出し、翌々日にAの家に行ったら
小学生時代にグループのリーダー格であったBが
「リーダーの俺をさしおいて結婚とかナマイキ」「リーダーが結婚するまでなぜ待てなかった」
とお怒りだったらしい…
いい歳こいて小学生時代の序列をまだひきずってるやつがいるのかと衝撃だった
そしてグループで俺しかまだ結婚していないという事実もいささか衝撃だった
ちなみに俺は35歳です


続きを読む

123: 名無しさん@おーぷん 2014/05/11(日)01:00:14 ID:???
もう十数年前のことだが、当時すごく驚いた出来事。

義実家に同居してた義理の伯母が亡くなった。つまり旦那の母の姉。
心不全とのことで、急ぎ駆けつけ通夜と葬儀の手伝いをした。
旦那には弟がいて、結婚して隣町に住んでいたが、夫婦共々葬儀の時は全く手伝いもせずお客のような

顔をして座っていた。というか完全に客。窘められてもどこ吹く風。

その後遺産の話など出たが、生前に話し合いがついており特に揉めることなく終結。
やれやれ無事に終わったとほっとしていたら、四十九日が終わってから爆弾が落ちた。
(地元では四十九日が終わってから香典返しをする習慣だった)

義弟嫁、ご近所から預かった香典を着服していた。(義弟は知らなかったそう)


続きを読む

84: 名無しさん@おーぷん 2014/05/07(水)21:48:47 ID:???
盛大に笑ってもらえるとありがたい。血液型についての衝撃だったこと

自分は四人姉妹。三番目の姉だけが以前ちょっとした病気で血液検査をし
O型であることが分かっていた。
父親も昔蓄膿の手術をしたのでB型だと確定。
母親、今回の台風の目。これがずっと私はB型なのよ!と幼い頃から
そうきかされて育ってきた私
ここまでが前提

結婚して赤ちゃんを授かり、私は生まれて初めて血液検査をした
病院で教えてもらった結果が「A型」検査結果のカードを見て固まる私
「え?A型って間違いないんですか?」
って思わず受付で聞いたのを覚えてるw
その後がもう大変だった。調べては見たもののB型同士からは
A型は産まれない・・・・。
落ち込んだ。ものすごく。旦那には随分心配をかけてしまった
旦那は「電話してお母さんにちゃんと聞いてみな?」って何度も言ってくれて
やっと母親に決意の電話ができたのが3週間後
「実は血液型がA型だったんだよね・・・?」
とおそるおそる母親に言ってみると
「え!?まさかそんなはずないわよ~」
とカラカラと笑う母親に殺意さえ覚えつつ間違いないと伝えると
「・・・ちょっとまってて」
ってそういうとどこかへばたばたと移動する音。そして戻ってきた母親は
「あらあああ!!!今母子手帳みたら、私A型だったわ!!!!」
「ふぁあああああ!?」
もう全身の力が抜けてしまった。ずっと悩んでいた3週間をかえせ!!!
って本気で腹が立った
「いやだわもう!どうしましょう!ずっと私B型ですって自己紹介で言ってきたのよう!」
学生時代からそう自己紹介してきたのは知ってるけど・・・
四人も子供を産んでおいて自分の血液型を間違えて覚えてるっていったいなんなんだ!
って我が母ながら衝撃だった出来事



続きを読む

69: 名無しさん@おーぷん 2014/05/05(月)10:13:01 ID:???
マイホームを建てて引越しを終え、ご挨拶のご近所回りをした時に
隣家の奥さんが「お隣さんが同世代で嬉しいわ」と歓迎してくれた。
「仲良くしてくださいね」とか言われて、
その時点ではおかしな人だとは思わなかった。
お互い犬を飼っていたので、散歩途中に会ったりすると少し立ち話をする程度には仲良くなった頃
なんの脈略もなく突然Aさんに
「今度あなたの家のデッキでBBQやりましょうよ」と言われた。
表からは植木等でよく見えないけど、我が家にはウッドデッキを設置してある。
ちょっとお茶が出来る程度には広くてテーブルも置いてある。
でも本当の設置目的は、たまに遊びにくる義母が車椅子で玄関からは入れないので
ウッドデッキにスロープを取り付け、そこからリビングに入ってもらう造りにしてあるんだ。
回覧板持ってきたときにデッキがあるのは見えるけど、
互いの家に行き来したこともまだなかったのに
何故急に「うちでやりませんか?」ではなく「あなたの家でやりましょう」になるのか。
「ごめんね、うちの旦那あんまりそういう付き合い好きじゃなくて。
 それにBBQの道具とかうちにはないから」
って断った。そしたら
「大丈夫よ。家族ぐるみでってんじゃなくて私も友達呼ぶからあなたも呼べばいいし。
 BBQセットなら誰か持ってるわよ」
って言われて益々???。
今後の付き合いもあるし、ここは快く場所を提供した方がいいのかなとも思ったけど
その一方で身体の中から「要注意人物!要注意人物!」とサイレンがガンガン鳴ってた。
「ごめんね、悪いけどうちでは無理だわ。どこかキャンプ場でも行きませんか?」と断った。
それから暫くして、友人が遊びにきて天気が良かったのでデッキでお茶してたんだ。
そしたら次の日に犬の散歩に出たら待ち構えていたように出てきて
「昨日デッキでお茶会してたでしょ?ああいうのやりましょうよ!」と言ってきた。
だから何故うちでやること前提なのよって少しイラッとした。
それにいちいちこちらの様子を伺ってるのかと思ってそれも嫌な気分だった。
適当な理由をつけて断り、犬の散歩は暫く車で緑地公園に行くことにしてなるべく顔を合わさないようにした。
それでもたまにバッタリってこともあったけど、挨拶もそこそこに「急いでるので!」とかわし続けた。
それから半年ほど経っただろうか、ふと気が付くと最近Aさんを全然見かけないなーと思ったけど
まぁ見かけるよりはいいかと気にしてなかったが
少し離れたお宅の奥さんと仲良くなり、思い出したように最近Aさんみないねって話したら
驚いたことに元々Aさんはあの家の住人ではなかったんだ。
あの家の旦那さんはずいぶん年配の方で、奥さんの長期入院中に愛人だったAさんを家に連れ込んだら
退院してきた奥さんにバレて、奥さんが出て行ってAさんが棲みついてしまったそうだ。
なんだかよく分かんないけどそれでずっと揉めてて、最近見なくなったのは
何かしらカタがついて出て行ったんだろうとの事で、今は貸家になってるらしい。
いなくなったのは嬉しいけど、一度そんな目にあったら
今度どんな人が入ってくるのか怖くてたまんない。


続きを読む

61: 名無しさん@おーぷん 2014/05/04(日)13:21:43 ID:???
俺の母親は華道が趣味で、地元の小さな流派だが
若いうちから師範の免状も持ってた。
もっと上の先生の教室で補佐みたいなことをしてて
普段からわりとよく着物を着ていたんだ。
そんな母を俺は子供心に美しいと思ってたし自慢だった。
うちには父方の祖母が同居してたんだが、
この祖母が糞ババアのテンプレみたいなやつで
母によく嫌味を言って虐めていた。
だけど母はそれをいつもクールにスルーしていたが
たまにクワッと険しい顔になるときがあって
そうなると祖母も言い過ぎた!とでも思うのか
急にビクビク母の機嫌を取り出すのが
意味不明というかよく分からなかった。
機嫌を取るぐらいなら最初から嫌味とか言わなきゃいいのにとか
睨まれたぐらいでひるむようなタマか、とか。
俺が中学に入ったばかりの頃にその祖母が死んだんだが、
お通夜のときに、叔父や叔母たちが笑いながら
「お母さん(祖母)も最後まで○子さん(母)にはかなわなかったわねぇ」
とか言ってて、なんのこっちゃと思って詳しく聞いてみたら
昔、曽祖父の法事の時に、母が祖母をグーで殴ったことがあったそうだ。
祖母は嫁としての母を最初から気に入ってなかったらしく
いつものように嫌味を言い続けてて
母はこれまたいつものようにスルーしてたそうだ。
その場にいた叔父や叔母は下手に注意するとエスカレートするのが分かってたから
黙って母と一緒にスルーしてたらしい。
ところが、それまでスルーしていた母が突然立ち上がって
祖母をグーで殴ったらしい。
その時に祖母は鼻骨を骨折して、そのことを死ぬまで恨んでいたとか。
祖母の鼻が微妙に歪んでるとは思ってたが、それでか~と納得。
お葬式が終わって一段落したときに、
母に「何言われて腹が立ったの?」って聞いてみた。
そしたら「おまえがお父さんの子じゃないなんて言われたら
そりゃあ殴るでしょ」とサラッと言われた。
母には逆らわんとこ、と思った中一の夏。


続きを読む

このページのトップヘ