今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験open

189: 名無しさん@おーぷん 2014/09/08(月)08:06:54 ID:???
割り込みになってしまうかな?
スミマセン。

もう15年近く前、予備校時代、会社員の男性に1年間粘着されていたことがあります。
田舎住まいだったので、電車で1時間かけて隣県の予備校に通っていたのですが、ガラガラの電車のボックス席の向かいに必ず同じ男性が座ってきました。
20代前半くらいで、スーツがブカブカで、自転車を全力で漕いで駐輪場に投げ捨てて飛び込んでくる変わった男性でした。
同じ乗車駅・降車駅利用、向かいに座るだけで、話しかけられるわけでもなく、私は参考書を読んだり眠ったりしていたので、それ以上の接点はありません。
2、3度乗り過ごしそうになったときに、ひじをチョイチョイとつつかれ無言で起こされたことがあります。
「あ、すみません」「いえ」が唯一交わした会話です。

そのうち何だか不気味になって、乗る電車をずらしたり、車両を変えたり、ボックス席でなくシート席に座ったりとパターンを変えました。
例えばナンパされるとか、声をかけられるとか、何かアクションがあれば対応しようと思ったのですが、いかんせん何もしてこない。
ただ、向かいに座るだけ。
ときに、帰りの電車が一緒になることもあり、夜道は恐怖だったのを覚えております。
1年後、県外の大学に進学したので、男性にはそれっきり会うこともありませんでした。

今年のお盆、1歳の子供を連れて実家に帰省しているときに、駅で突然誰かに話しかけられました。
「あの、お母さんになられたんですね。幸せなんですね。」
振り向くと、満面の笑みで、話しかけてくる男性がいました。
誰だ、なんだこの人、と記憶の糸を手繰り寄せてみたら、上記の会社員男性だったんです。
サーっと血の気が引いていき、逃げる様にしてその場を去りました。

もう、何なのあの人。怖くて実家帰れないよ!


続きを読む

172: 名無しさん@おーぷん 2014/09/06(土)21:37:36 ID:???
10年以上前の話。
我が家のはす向かいにあるラーメン屋のおばさんはすごい子供好き。長い休みには親戚の子供預かって面倒みたり、近所の子供も自分の子供の様に構ってた。私もよく配達や買い出しに連れてって、ジュース奢ってもらったり、学校帰りに家まで乗せてもらったりした。

ある日、(いつもみたいに)買い出し帰りのおばさんが「〇〇(私)ちゃん乗っていかんね?」と声がかかって家まで乗せてもらった。そしたらおばさんがいきなり、
「よし!〇〇(私)ちゃん、乗車料金600円ね!」

えっ!( ; ゜Д゜)

咄嗟に「小学生は半額だよ!」と主張した。
「じゃあ、300円ね!」

私は冗談だと思って、いつもみたいに駐車場で降りてそのまま忘れてしまった。

翌日、学校から帰るといきなり、お母さんに怒られた。
「あんた昨日、前のおばちゃんに車に乗せてもらった?」
(我が家の真向かいはよその家の畑なので、ラーメン屋はこう呼ばれてた)
なぜいきなり怒られたのかわからなくて、素直にうんと答えた。
「おばちゃんから電話があって、〇〇ちゃんを昨日乗せて300円払うと言ってたのに、持って来ない!と言われたのよ!」
だからお母さんが払ってきた。もうおばちゃんの車に乗っちゃ駄目よ!と言われた。

まさか本気とは思わなかった orz

それまでは、お店が忙しい時にお母さんが手伝いに行ったり、足りないものの貸し借りとかよくやってたんだけど、その一件以来疎遠っぽくなった。

その後、おばさんが体壊してラーメン屋は閉店。ほどほどの付き合いをしてるらしいです。


続きを読む

170: 名無しさん@おーぷん 2014/09/06(土)19:58:54 ID:???
5年ぐらい前の衝撃話。

人生最初で最後のお見合いのセッティングをしたことがある。
私の職場の30代の男性(Aくん)で
<次男坊・安定企業・国立大卒・明朗快活・但し身長160㎝台前半>
って人がいて、良い人いたら紹介してーって常々言われていた。
一方、通っている習い事教室に娘さんの結婚に焦ってる奥さんがいて、
娘さん本人は「30過ぎたので多くは望まないけど、頭の悪い人は嫌」と言ってるらしい。
その娘さん(Bさん)自身、結構稼いでるらしいから勤務先や年収とかは気にしないそうだ。
それでAくんの事を「いい子がいるんだけど背がちょっと低いのよね」って話してみたら
身長は気にしないって言ってる、紹介してほしいと言われ、
Aくんに話したら超乗り気。
ただ、その教室の奥さんが私より一回りも上ってこともあって、
あまり正式なお見合いの形をとるのも失礼な気がして
紹介はするけどそこから先には介入しない、もし結婚するようなことになったら
相応の方にお仲人をお願いしてもらうという約束だった。
当日お互いを紹介して「あとはふたりで」と約束通り席を外した。
翌日Aくんから報告があって、割と気が合ったらしく付き合うことになったと聞いた。
「うまくいくといいね」とだけ言って、その後はノータッチ。
それから半年ぐらい経ってAくんとは配置転換で会わなくなった。
教室の方は私の方の都合で同じころに辞めたので、AくんとBさんがその後どうなったか知らなかった。
それから何ヶ月か経ってたと思うが、教室の奥さんから突然電話があって
「一応あなたに話しておいた方がいいと思って」と言うので結婚決まったかな?と思ったら真逆だった。
Aくんが配置転換になった頃には既に別れていたらしい。
その後Bさんは実家暮らしをやめてマンションで一人暮らしを始めたらしく
その為に親が気付くのが遅れたらしいが、Bさんは妊娠していたそうだ。
親には、自分の意思で決めたことだからAくんには一切何も言うなと言ってるらしいが
私さんには話しておこうと思ったとの事。
紹介した後の事はノータッチと言っておいたものの、そんなこと聞かされてジッとしてられなくて
まずはBさんに話を聞きに行った。
母親に言っても理解されないと思うから言わなかったけど・・・とビックリする事を切り出された。
欲しかったのは子種だけで、元々結婚するつもりはなかったそうだ。
だから頭の悪い人は嫌だったらしい。
Aくんには話したのか聞いたら話してないって。
絶対に話さないで、今後一切迷惑掛けることもないし、自己責任で育てるからって言われたけど
自分でちゃんと話せ、話さないなら私から話すかもしれないよって言ったらお茶をぶっかけられた。
考えてることがあまりにも幼すぎて怖かった。
黙ってたってAくんの子であることに変わりはないわけで、
自分の知らないところで自分の子供が生まれてるなんて、Aくんの人生に関わってくること。
一切迷惑掛けないなんてことは出来えない。
とにかく自分から話せ、話した様子がなかったら私から話すって言って部屋を出た。
結局その後Aくんのご両親も交えて2つの家族で修羅場があったみたいだけど、
お見合いして半年もたたないうちにそういう関係になるのも私にとっては驚きだし、
子種だけ欲しいなんて女性が現実にいるってのも驚き。
その時はなんかもう一気に10年分ぐらい年食ったぐらいに疲れた。
二度と紹介とかしない。


続きを読む

159: 名無しさん@おーぷん 2014/09/06(土)12:06:11 ID:???
書き捨て
どこに書いたらいいかわからないし、話せる人もいないので。

昔から母に愛されていない自覚があった。
自分もいい年になって親父に真相を聞いてみた。
否定されたが、しつこく追求した。
愛してるならどうして俺に一度も笑顔向けたことがないのか。
どうして俺との会話だけ淡白なのか。
どうして俺を汚物を見るような目で見るのか。
結果、やはり俺は愛されていなかった。
俺は母が好きだから、わかっちゃいたがすげー悲しかった。
母は俺にだけすげー冷たいけど親父やペットには人が変わったように優しいんだよ。
別に虐待されてたわけじゃない。
ただ手をつないだり、抱っこしてもらったり、そういう記憶がない。

母は「子ども」という存在を嫌悪している。らしい。
これは精神的な病で、通院もしてたそうだ。
子どもはいらないという条件で結婚したが父はやはり自分の子が欲しくて頼み込んだ。
母は妊娠したが、自分の中にウジ虫がたくさんいると発狂、鬱に。
流産することなく無事に産まれたが、 俺に一切の興味がなかった。
むしろ気持ち悪いと思っていた。
俺が泣くたび騒ぐたび、母は俺を嫌悪した。
最低限の世話はされた。ペットの犬のついでに。
本当は俺なんかに触りたくもなかったから、出来るだけ触らないようにしていた。
出かける時はちゃんと連れて行ってくれた。
手は繋がなかった。でも俺はきちんとついて歩いた。
きっとはぐれても捜してくれないと思ったから。
1日騒がずに外出出来たら帰りにおやつを買ってくれた。
それだけで嬉しかった。
夏休みの自由研究を手伝ってくれた。母は絵が上手い。
母は俺とは最低限の話しかしないし触れないけど、母が好きだった。
わからない宿題は教えてくれた。
俺は母と会話したくて、わかる問題すら質問を繰り返した。
母は俺のことを名前で呼ばない。お前とか、子供のヤツ、とか。

母は2才頃から10年ほど両親からひどい虐待を受けていたらしい。
母が子どもの頃は同年代の子の家庭を羨ましいと思っていた。
だけど、大人になるにつれ、羨ましいという感情のほかに、ずるい、憎いがくわわった。
母は見ず知らずの子ども達を見て、こいつらのほとんどは死ぬまで一度も殴られる痛みを経験することもないんだ。こいつらは幸せなんだ。ずるいずるい憎い不幸にしてやりたい。ひどい。という思考回路になってしまうらしい。
たとえそれが自分の子どもでも。

支離滅裂な文章ですみません。
ただやっぱり俺は母が好きだなー。悲しいけどね。
現嫁との結婚報告も興味なさげだったし、孫なんか絶対連れて来んなって言われてるから、まだ孫の顔も見せたことないけど。


続きを読む

105: 名無しさん@おーぷん 2014/09/03(水)22:35:40 ID:???
3~4歳のころに自宅の洗面所の鏡を覗いて、初めて自分の顔を認識した。
一人娘だったからか、親や祖父母から「かわいい」と言われまくっており
自分は絵本に描かれているイラストのお姫様のような顔なのだと思っていた。

でも実際に鏡に映ったのは、(´・ω・`)ショボーンとした冴えない女の子だった。

親や祖父母が言っていた「かわいい」という言葉が嘘だとは思えないけど、
自分にとってのかわいい顔とは全く異なっていた。

自分の顔を初めて見て、思ったようなかわいい顔じゃなかったことが衝撃だった。
この時生まれて初めて周りの主観と自分の主観が食い違うことを体験したような気がする。


続きを読む

このページのトップヘ