今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験open

837: 名無しさん@おーぷん 2014/10/03(金)11:12:13 ID:???
連れて歩いたら誰もが振り返る超派手派手系美人A子と1年つきあい結婚した友人B。
まわりの誰もがA子は連れて歩くには自慢できる女だけど
女房にする女じゃねえぞーと説教して止めたのに、Bの親も反対したのに
自信満々で結婚してしまった。デキ婚ではない。
Bの家は裕福なので「やるならやるで仕方ない」と親も諦めたのか
100%B親の金でド派手結婚式。
披露宴ではA子の親が「娘が金持ちと結婚できて嬉しい」とド直球のスピーチ、
親戚ぐるみで寄りかかる気満々。
Bの親友Cが「入籍は式と新婚旅行のあとにしとけ」とさんざん忠告したのに
Bはさっさと結婚届を出してしまい、新婚旅行へ旅立って行った。

旅行から帰国してすぐ不仲。現地の男にA子が色目使いまくりでBがキレたらしい。
新居に住みはじめたがA子は家事できないしする気もなく、かといって働きもしない。
新居にはA子の親が毎日のように来る。
「だからあれほど言ったのに」とCが言うと
「でも結婚したらA子も落ち着いて普通の奥さんになると思ったんだ」とB。
Bはなんの根拠もなく「結婚したら女は地味作りになり、家事をするもの。
女は自然と料理ができるようになるもの。女は生まれつき綺麗好きなもの」と信じていた。
でもA子は結婚してもいつまでも長~い爪してキュウリひとつ切れないし
掃除しないから汚部屋、主婦の節約どころか金バカスカ使って外食ざんまい。
Bが「結婚したのに、あれあれ、なんで?なんでA子は奥さんにならずに
結婚前のA子のままなの?」とポカーンとするばかりだった。
なまじBの母親ができた母親だったから「女は皆ああなるもの」と思っていたふしがある。
母親が主婦の基準で、主婦は皆あんなもんだと思っていた。
しかしいつまでもA子は主婦らしくならない…なんで?と本気でとまどっていた。

Bの家が裕福で援助できるもんだから今だ結婚生活は低空飛行ながら続いている。
Cが「おまえは男だけど生まれつき日曜大工ができるわけじゃないし野球もうまくないだろ
A子だって料理教室かなんかに通わなきゃ女でも料理は覚えない」と諭し
BはA子に料理教室に通えと命じたが
「結婚前といってること違う!昔はキレイにしてればそれでいいって言ってた!詐欺!」とキレられ
どうしようもないらしい。
A子はまごうことなきクソ女なので今更衝撃ではない。Bの甘い考えが衝撃だった。


続きを読む

806: 名無しさん@おーぷん 2014/10/02(木)16:14:52 ID:???
ほんと漫画みたいな話だからネタだと思う人はスルーしてくれ。

俺は嫁を1年前に亡くしてる。享年38歳。同い年の幼なじみだった嫁はそれはそれは可愛くて、ガキの頃からこいつと結婚してやる!と思ってたんだよね。
外見も年を重ねるにつれてそれ相応にどんどん綺麗になっていった。
4歳~38歳までのツーショット写真がこれでもかってぐらいあって、アルバムの数がどんどん増えてくる。
でももうアルバムが増えることはない。


嫁が死んで3ヶ月程たったある日、まだ嫁の死を引きずり孤独を紛らわすようにして居酒屋で一人呑みをしていた。
するとさ、隣に若い女が座ってきたの。その女が嫁の若い頃(25くらい)にそっくりで、心底驚いた。
その女と会話をしてみるが、名前も違うし喋り方も違う(当たり前)。俺もついベラベラと嫁にそっくりなんだよと話してしまった。
その女とはもうそれっきり。


続きを読む

796: 名無しさん@おーぷん 2014/10/02(木)10:34:31 ID:???
私は45歳既婚で高校生の子が2人いる。
45歳という年齢はとても微妙で、高校時代の友人の中には、
3歳の子持ちと3歳の孫持ちがいる。私には3歳の姪がいるので三歳児の話で盛り上がる。
その三歳児の子持ちAが「おばあちゃん」と言われてショックだ、と嘆いていた。
私もビックリ。Aは晩婚で、独身時代を謳歌していた。ご主人はエリート。
結婚10年でやっと授かった子なのでとても可愛がっている。
美容やファッションにもとても気を使っていて、私には羨ましい限りのリッチで若々しい夫婦だったんだけど。
最近はメールばかりでずいぶん会っていないので、久しぶりに高校時代の仲良しでA宅に集まる事にした。
Aはみんなに会いたい、と言うので、Aと疎遠になっていた友人達にも声をかけた。

久しぶりに会ったAを見て、全員ビックリ。
おしゃれでスリムなAは、白髪交じりののひっつめ髪でスリーサイズが全て同じ状態。
これがジュリアナで扇子振ってたAか、と茫然。太ったとは言っていたけど、ここまでとは
普段着もブランド服だったのに、ノーブランドの服を着てた。お金の問題ではなく、サイズが原因で。
A子ちゃんが全身ブランド物でまるで七五三のようだったのと対照的だった。
顔はきれいなんだよね。年齢よりはキレイだと思う。でも、白髪がすごく老けてみさせる。
私たちはもう子育てが一段落しているので全員仕事をしている。
最近は安い美容院が多いから毎月カットだけはしているよ、とか、毛染めは自分でしてるとか
失敗が怖いから美容院で染めてるなんて話しながら歩いてきた。

久しぶりに会っても不思議な事に、話始めると高校生の頃みたいに和気藹々となるのが不思議だよね。
すごく楽しかったんだけど、Aが、子育て大変大変と言い出した。
でもね…。Aと友人達が疎遠になったのは、Aが育児で悩む友人に「甘え」だの「旦那に協力させろ」だの
まあ、独身ならではの育児論を展開したから。
うちらの子育て時代は旦那たちもまだ20代の若手社員で忙しい盛り。
給料も安かったし、夢中で育児していたんだよ。それを優雅な独身貴族がわかりもしない育児に口出しして
喧嘩になった。結婚したのも子供を産んだのも自分たちの意志なので仕方ないんだけど、言い方が
同じく独身だった私にもちょっとな感じだったんだよ。
毎月オシャレ染めとカットに美容院に行くAに、羨ましいな、私はもう半年美容院行ってないよと言えば
主婦だからって美容院くらい行かないと!!旦那に子供預けていきなよ。
休日は旦那が子守するべき!!主婦だって休みが必要だよ!!って感じ。
じゃあ旦那の休みはいつなんだよ、ってツッコんだ記憶がある。
A旦那は子煩悩で、夜遊びもせず休日もゴルフもジムもきっぱりやめて育児に参加しているんだけど、
それでも大変大変って言ってる。A親は老人ホームだしね。
結局、私たちにいろいろしてくれたアドバイスは現実にはすごく難しいらしい。
自分にかける時間もお金も、子供に使いたいってわけ。
ママなら、自分の事は二の次、子供が優先なんて普通なんだけどね。

まあA家が裕福なので、年に数回旅行へ行っているし外食も多い。教育費もうちの子達とはケタ違い。
正直羨ましい。
ライフスタイルは人それぞれ。でも、Aの大変大変を聞いてるとなんだかもやっと来るので
会うのはそこそこにしとこうかなぁと思っている。
そして髪はマメに染めようと心に決めた。


続きを読む

789: 名無しさん@おーぷん 2014/10/02(木)00:38:38 ID:???
俺が1年半前まで勤めていた会社では、毎週月曜日の朝礼のときに脳のトレーニングをしていた。
俺がいた部署は10人ほど社員がおり、社員たちが持ち回りでなぞなぞ等を考えてこなければならなかった。
会社としては「脳を活性化させて生き生きと仕事をしよう」ということだったが、
特に出題者は疲労困憊するだけだった。

そしてある女性社員(既婚)に出題の順番が回ってきた時、彼女は物凄い問題を出してきた。
今考えても、あれほど衝撃的なことを言った人は他にいないと思う。
その問題は「私は結婚しているわけですが、この会社に好きな人がいます。誰でしょう」というものだった。
それに対して男性社員の何人かが自分自身を指さして「答えは…俺!?」と茶化したりしていたが、
皆その女性社員に引いていたことは間違いない。
彼女は「あなたたちではないです。実は、今日たまたま会社を休んでる上司のAさんが好きなんです。
私はAさんと浮気しているわけではなく、私が一方的に好きなだけ。Aさんにはこのこと言わないでください」というようなことを言った。
ちなみにAさんも既婚。

ただでさえ毎週この脳のトレーニングタイムは皆テンション低めでグダグダになるのに、その時は史上最高に気まずかったわ。
しかもAさんがいないところで「Aさんが好き」と告白し、それをAさんに伝えるなという展開は意味不明すぎた。
もう誰も茶化すこともできず言葉を失っていたんだが、告白した当の本人はすがすがしい顔をしていた。
そのうち誰かが、俺たちはどうすればいいのかと訊いた。
そうしたら彼女は「緊張感をもって見守っていてください」というようなことを言った。
Aさんに直接好きとは伝えず他の社員だけに伝えることで、
今後その女性社員とAさんが話をしているときなどに場が緊張する効果を狙ったらしい(そのように女性社員が説明していた)。
どこからそんなありがた迷惑な恋愛スキルアップ情報を仕入れたのか知らないが、
とにかく次の日Aさんが出社した時から確かに緊張感は生まれていた。

結局、緊張感が生まれただけでその後は何も進展はなかったようだが、
あの朝礼の時はとんでもない爆撃問題を落とされたと思ったわ。
正直、あそこまで負担をかけてくる社員は見たことない。


続きを読む

776: 名無しさん@おーぷん 2014/10/01(水)16:54:12 ID:???
子供が3歳の頃に、その当時子供がハマってたキャラクターの生地でナップサックを作ってあげた。
すごく気に入ってくれて5歳の今でも愛用してくれてる。
でもさすがに2年も使ってくれてるからかなり汚れてるし擦れてしまってるから新しく作り直して誕生日の時にプレゼントと一緒にあげようかなーと考えてた。
っていうのを義実家に遊びに行った時に話の流れで喋った。
それから数ヶ月後に義両親と義妹を招いて家でお誕生日会を開いた。
翌日に義両親がみんなを遊園地に連れて行ってくれる予定だったので我が家にそのまま泊まった。
翌朝、私が朝食を作っていると義母が起きてきて「私も何か手伝おうかね?」と聞いてくれたので「じゃあゴミを家の前に出してもらえますか?」とお願いした。
わやわやみんな起きてきてご飯を食べ、出発予定時間をちょっと過ぎていたので急いでみんなで出発した。
1日みんなで楽しく過ごして晩ご飯を食べてから帰宅。
さぁ寝るかーと準備をしてると子供が「お母さん...俺のリュックは?前のやつ。」と聞いてくるのでいつものとこに置いてるんじゃないの?と返したんだけど、いくら探してもないらしい。
万が一にも誰かの荷物に紛れ込んでるのかもと思い義両親に電話してみると義母が捨ててた。
後ろで子供が、「ばーちゃんなんで勝手に捨てるんだよー!」と怒ってる声が聞こえたみたいで、「新しいのがあるからあんなにボロボロなのはもう使わないんでしょ?」って焦ってた。
子供は愛着があるから古いやつも持っていてくれるつもりだったみたい。
義母も悪気があって捨てた訳じゃなく単純に新しいのがあるからいらないよねと、親切心で捨てたからどちらも悪くないんだけど、子供がすごい義母に怒ってる。
どうすればいんだろう...


続きを読む

このページのトップヘ