今までにあった最大の修羅場を語るスレ

133: 名無しさん@おーぷん 2014/06/01(日)11:40:05 ID:???
11歳下の弟が結婚した途端変になった。

弟のお嫁さんの父は大きくはないが建築会社を経営していて
たまに公共事業の下請けなんかもやるんで結構な年商があるらしい。
お嫁さんはそこの一人娘。

弟は婿養子もないしその会社に入社したわけでもないんだが
結婚した途端、嫁父に(弟にしたら舅に)
「この家の家計は今後ボクが預かります。言っておくがボクは厳しいですよ。
いままでのような散財はさせませんし、自由にできると思ったら大間違いですからね(キリッ」
とかましたらしい。

最初のうちはお嫁さんも舅も冗談だと思って笑ってたんだが
弟がいつまでも同じことばっかり言うんで本気だとわかって
ついに舅さんが苦言を呈したらしい。
すると弟は目を三角にして怒鳴り、殴りかからんばかりだったとかで
お嫁さんが必死に止めて、とばっちりでちょっと殴られたりしながら
なんとか自宅に連れかえったそうだ。


続きを読む

116: 名無しさん@おーぷん 2014/05/27(火)14:11:14 ID:???
田舎育ちで郡部の高校に通っていた。
いつもは電車通学だったんだけど、親から貰った定期代を
つい好きな芸能人のグッズに使い込んでしまい
しばらく徒歩で通学していた。
距離にして5キロほど。
でも途中までは同じ方向の友達が一緒に帰ってくれてたし
それほど苦にはならなかった。
ある時、田んぼの中の農道を歩きながら帰っていると
遠くの方から何気に騒がしい怒声が聞こえてきた。
そして後ろの方から「逃げろーーー!」という声。
振り向くと物凄い顔(に見えた)をしたブタが何頭か
ドドドドドドドドドドドド・・・とこちらめがけて走ってくる。
一緒にいた友達と全力疾走で逃げた。
もう頭の中は真っ白で、今でも人生最大の恐怖があの時だった。
行先に小さな川に掛った橋があったので、
その橋の下に走り込んで事なきをえたが、友達も私もわんわん泣いた。
あとで聞いたところによると、近くにあった養豚場で
ブタが一匹大暴れして小屋の扉を壊して脱走し、
他のブタもそいつに習って逃げ出したらしい。
無茶苦茶怖かった・・・という私の人生最大の修羅場。

ああ、私が力石徹だったら。


続きを読む

94: 名無しさん@おーぷん 2014/05/20(火)15:12:39 ID:???
現在進行形の修羅場、

分かりにくかったらすみません。

祖母の家が建っていた土地300坪が騙されて取られかけていること



土地の相場も知らないまま売買をしたみたいで、300坪で8桁に満たない金額で取引をしたみたい。


半分くらいは、お金を受け取っているのだけれども、
後の半分は、お金が用意できない、その日は居ない
何時何時に取りに来てくれと言われ行くが逃げてて居ないなど全く払う気がないよう、
間に弁護士を建てたけど、弁護士と会う約束からも逃げている状態


近所の人にも、
お金は払い終わった。
お金を全額受け取ったから出ていった(売買の条件のなかに、祖母は何時出ていくか祖母が決める、部屋は今のままで一部屋だけ)
などを言い触らしている。

そして、祖母が住んでいた部屋をリホームしたみたいでそのリホーム代を祖母に払えと言ってきた。




そして、大問題なのは、祖母が家を出るときに荷物で無くすと困るから、俺が預かっといてやると土地の権利書を渡してしまったこと、
返してくれと行っても、逃げてて捕まらないので、取り返せない


お金を渡す渡すと言いながら逃げているので、多分土地の名義変更をしていて終わるまで逃げているのかなと予想している。


弁護士から、警察に被害届を出したほうがいいと言われてしまった。


続きを読む

11: 名無しさん@おーぷん 2014/05/13(火)03:05:13 ID:???
高校生の時にワゴン車が廃車になる勢いではねられたのだが、意識を取り戻してすぐに医者に「帰っていいよ」って言われたこと
応急処置されてたし骨も折れてなかったとはいえ………
ちなみに起き上がれなかったので前述とは別の若いお医者さんに「泊まってく?」って言われて一泊
翌朝、元気に起きて朝ご飯の味噌汁すする→緑色の液体を大量に吐く
「ヒイイイイイイなにこれ人間から出るもの?!」おののきながらナースコール→看護師さん冷静→「あ、人間でもイケル液体なんだ…」
そこから一ヶ月ほど入院したこと→緑色を何度も吐いたこと
学校で私がひん死の重傷みたいになってたこと
その後2年ほど味覚と嗅覚がなかったことw


続きを読む

4: 名無しさん 2014/05/01(木)22:00:41 ID:???
義父母と10年同居後別居。
別居の理由は、義父母からみたら私の我侭。
他人からみたら、それは普通の事で義父母が厳しすぎる。
夫は私の味方だったので
義父母が「そんなにお前達が好き勝手したいのなら別居だ!!二度とこの家の敷居を跨ぐな!』の台詞をいただき、
別居はわたしにとっても大歓迎だったので、喜んで別居。
別居後暫くして長男の夫に、義父母から連絡あり。
農機具を買うから金出せとか田植えや稲刈りを手伝えとか。
二度と家の敷居を跨ぐなと言ったのは義父母なのに、その都度義父母の家の敷居を簡単に跨いだっけww
その後、義父に癌が見つかり手遅れで後数ヶ月と命の宣告。
義母一人だけ看病は無理だと思い、私達夫婦と義母で交代で義父の看病。(車で30分の距離)
その義母が自損事故で死亡。その三日後に義父病死。

最大の修羅場は一週間に二度夫が喪主を勤めた事。
もう大変。葬儀屋さんもビックリ!!
ではなく。
義妹が大切な両親がこんな風に亡くなったのは全部跡取りの嫁の私が至らなかったせい!と思い
葬儀の間、喪主の妻であるわたしがずーっと空気にされてた事。


続きを読む

このページのトップヘ